前世療法(過去世回帰療法)の詳しい解説です

前世療法は、の中でもブライアン・ワイズ博士の著作などで有名です。現在から過去への一つの流れを今生に限定せず、前世や過去世へと続く大きな流れと捉えることによって、人生の本当の意味が見えてきます。

トップページ > 前世療法について > 前世療法 詳細

いま、ヒプノセラピーの中でもっともスタンダードな前世療法

前世療法は、ブライアン・ワイズ博士の著書「前世療法」などでとても有名なヒプノセラピーですが、トラウマを癒すという点においては退行療法と非常に共通している部分があります。

今生をいくら振り返ってヒプノセラピーを施しても効果が無く(又は薄く)一般的な常識ではとても考えられない、時空を超えた前世・過去世に遡って傷を癒していくと、劇的な効果があらわれた・・・
魂の不滅や人生の意味、宇宙の悠久など天からの視点に気づいたとき、本当の気づきや癒しがおきていく・・・

人の深層心理の奥には、なんと興味深い世界が広がっているのでしょうか。


必ずしも前世を信じる必要はない

前世療法に対して「学術的」な方たちがよる議論の的にするのは、「実際に前世があるかどうか」であったりします。

確かに、私もとても興味があります。実際、前世の記憶を持った子供たちがいたり、その繋がりを実際に証明していった事例もあります。
ただ、未だはっきりと証明されているわけではありません。おそらく、ほとんど不可能に近いのではないのでしょうか。

でも、実際に前世があってもなくても、どちらでも良いのです。
厳密に言えば、前世を信じても信じなくても、どちらでも良いということです。
もっとも大事なのは、前世療法を受けた方々が、何を感じ、何を想い、何に気づいたか、そして癒しがおきて行ったか、それこそがもっとも大事なのです。

前世療法は人生観そのものを変えていく

顕在意識と潜在意識の「綱引き」は、原因が過去世にある場合、より一層深く届きにくいところと引っぱりあっています。
しかし、それだけに一旦そこに光があたって過去世を癒していくことができれば、劇的な変化をもたらすこともあります。
そして再体験したことによる癒しばかりでなく、カルマについても解消され、より「生きやすい」という感覚が整っていきます。

昔から続いている悩みやうつの状態は、もしかしたら今回の人生のトラウマではないかもしれません。
また、今生で起きた事の本当の原因やカルマが、過去世から持ち越されたものかもしれません。
その根本に気づくことによって、生きる喜びがよみがえってくるのです。


似たような前世はない

ブライアン・ワイズ博士の著書でも様々な例が書かれていますが、人はそれぞれの今の人生と同じように、それぞれ別の過去世を歩んできているのです。
これまで、知識も含めて、良く似た似たストーリーと出会ったことは全くありません。
(ただし、ソウルメイト同士などが、過去世で同じ場所で同じ時を過ごしていれば別です)

内なる声に耳を傾け、自分だけの物語を紐解くことによって、本当の癒しや気づき、大きな愛に目覚めて行くことができるのではないでしょうか。

あなたの魂は、すべての記憶があり、すべてを物語っているのです。