前世療法などのヒプノセラピー体験談

たくさんの方が前世療法や多次元統合セラピーなどのヒプノセラピーのセッションの効果を実感されています。

トップページ > 前世療法 体験談 > 体験談 その32

ヒプノセラピー体験談 その32

外国でパートナーやお子さんと暮らしている彼女は、
パートナーとの関係性に、悩んでおられました
パートナーのハートはとてもピュアなのに、どうしても負担を感じてしまうのです。

また同時に、仕事に関しても問題を感じておられました。
お話を伺う限りでは、十分なキャリアをお持ちなのですが
好きなことでは十分に収入が得られないというブロックがあり、尻込みしてしまっていて
この機会に心を吹っ切って、前へ進みたいと強く願っておられました。

セッションでは、インナーチャイルドの癒やしや
パートナーとの魂レベルでの話し合いと同時に、
今生での本来の目的や役割は何か、前世も合わせて探求していくことによって
本来の自分自身に目覚め、自信を持って進んでいけるように
できるかぎり、お手伝いをさせていただきました・・・。

※ その後しばらくして、新たに感想を頂きました。追記させて頂きました。

30代 女性

小倉さま

お世話になります。
先月、セラピーをお願いしました○○です。

お礼がすっかり遅くなってしまったのですが、
その節はありがとうございました。
本当に貴重な時間で、時間があっというまに過ぎ去っていて、
目覚めたあと(今もですが)、しばらく自分を持て余してしまいました。。

今月頭に家(※外国です)にもどり、あらためて
家族のありがたさ、夫の尊さ、自分の未熟さ、才能、
いろんな幸運、すべてを感じています。

夫とは相変わらず、衝突することもあるのですが、
もっと大きい存在に気づけたといいますか、
乗り越えるために今どうするか、を考えることが
ちょっとずつできるようになっています。
(こころがけています)

前世なんてほんとうかしら、って思ってましたけど、
ほんとうですね(笑)。
たくさんの気づきと、安らぎと、幸せをありがとうございました。

加えて、感謝の気持ちをこめて、
セラピーを受けてから起こった自分の変化をお伝えします。

まず、帰ってからやろうと思っていた
フリーランスの仕事(メインの仕事ではありません)を断りました。

いつもなら、お金になるなら、ま、いっか!みたいなノリで
ずるずる引き受けていたと思いますが、
私にはもっと集中すべき仕事があると言う、直感に耳を傾けたら、
断ることに、なんらためらいがありませんでした。
こういう晴れやかな拒否ができたのは、人生で初めてかもしれません。

それから、帰国後、ほんとうに突然、
以前からときどきお世話になっていた方から、
メインでの仕事で協力してほしいと打診がありました。
その方とは、親しいというほどの関係ではなかったのですが、
「協力してほしいと思ったら○○さんを思い出した」、
とおっしゃってくださって、2年ぶりにご連絡をいただきました。
めちゃくちゃありがたかったし、同時に、キタキタ、って思いましたよ(笑)

そんなこんなで、ちょっとずつですが、自分の仕事に集中して
やるべきことをちゃんとやってから来世にバトンタッチしたいと
本気で思っています。
小倉さん、貴重な気づきを本当にありがとうございました。

春以降、今度は実家に帰ります。
しばらく日本にいるつもりですので、その間にアイディアを錬ることが
できたらと思っています。

そんなこんなで、遅ればせながら
感謝の気持ちとお礼をお伝えいたしたく。
本当にありがとうございました。

またご連絡いたします。


〜 掲載にあたって 〜

お返事が遅くなり恐縮です!!
もちろん、ぜひぜひお使いください。光栄です。

○○のところについて伏せていただけると(あるいはぼやかしていただけると)助かります。
(※ もちろん、適切に処理させていただいた上で、掲載いたしております。)

「流れに乗って」という小倉さんのメッセージ(メールでのやり取り)に
どきんとしました。
もしかしたら、どこか滞留していたのかもしれません。

つらつらと感想をお伝えしたばかりですが、
文章にしてみることで、また新しい発見があったりして
ありがたかったです。

これから、仕事に向かいます!
来週いっぱい時間がぽっかり空くので
しっかり構成をつくるつもりです。

ではでは。よろしくお願いいたします!


しばらくたってから・・

暑中お見舞い申し上げます。
猛暑が続いているようですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
暑さに負けぬよう、お体には、くれぐれもご自愛くださいね。
(こちらは、幾分、涼しい夏です。冷夏かもしれません)

こちらに戻ってからも、ばたばたと仕事をしていました。
あわただしくいろいろ動いているうちに、
ここ最近、大きく気付かされることがあって、、、
すみません、長文感想メールみたいになってしまうかもですが、
書かせていただきますことを、どうぞおゆるしください。

小倉さんのセラピーをうけてから、
夫婦間のいさかいはほぼ消え、また、仕事も順調に入るようになりました。
心がすわって、これで行く、という覚悟が決まりました。

そうしたら、書きたい!と思う自分にも気づけたし、
仕事にしたい!と思うコンテンツにも出会うようになりました。

本当にお金の心配も消えました。
というか、お金のために仕事しようとしてない自分がわかるんです。
お金にならないけど、まあいっか!みたいな。
儲けを考える時間がもったいないくらいのテンションになる・・・。

だから、その節は、ほんとうに大切な気づきを、
ありがとうございました。感謝しています。

一方で、セラピーの直後にいただいていた仕事が、どうもすんなりいかない・・・。
そのことに違和感も感じ始めました。
どうして、やる気はあるのに、うまくいかないのかな?って。

こちらに戻り、日本から持ち帰ったライティングの仕事に
1か月ほど取り組んでいたのですが、
それを終えて、さあ、本づくり!と思ったとたん、
気付かされたんです。

私がやろうとしていた方法って、
ものすごく古いやり方だったんでは、という気づきです。
もう、かつてのやり方が通用しないのかもしれない、という気配です。

企画書かいて、持ち込んで、とかして、
たとえ形になったとしても、
あんまり広く受け入れられないんじゃないかな、というような・・・。

気のせいかもしれません。。。よくわからないけど、
同じようなことを、同時期、別の仕事をを依頼してくださった方(こちらもとん挫中)に、言われたんです。

心底、ドキッとしました。見抜かれた、と思った。
自分では、すごく意識してたわけではなかったけど、
その通りだと思いました。

なんか、以前はこうやってたな、これでよかったかな?とか
反芻しながら。。これであってるかな、自信ないな、でも大丈夫!
みたいな自問自答を繰り返しながら・・・。
それがちょっとしんどい、みたいな感覚があったんです。

しばらく、その気づきをもらってから、
ショックでもう立ち直れないかも・・と思うくらい沈んでいましたが、
最近、また少し持ち直しました(笑)

やり方を変える必要があると思っています。
今までの私が知ってるやり方は、もう通用しないんだと思う。
おおげさにいえば、企画書なんて、本来いらないじゃん、みたいな感じです。

だから、最近は、妄想するようにしてます(笑)
こんな仕事だったら、面白いんじゃないかな?とか。

いまは、小倉さんもおっしゃってくださってたように、
時が来るのを待つのが、本来の道だと思うようになりました。

いろんな扉が開けてきて、
ある意味、修行のような数カ月を過ごした気がします。

いま、軽いです(笑)
これも、私には必要な時間だったと思うと、
春ごろは、なんだか無理してたなあ、と、思う夏です。

時間が流れることの意味あいも、この2シーズンでずいぶん
今までと違うものを経験しました。
小倉さんのおかげです。ありがとうございます。

ブログ、楽しみに拝読しています。
問題と思われることに、まっすぐに独自の視点でぶつかってらして
ほんとうに読み応えありますね!
いつか、ブログもまとめられることを、ぜひともおすすめします!

というわけで、暑中お見舞いのつもりが、
ひとり反省文みたいなことになってしまい、失礼いたしました。

何かあれば、すぐにご連絡いたします。
また、遠慮なくご連絡ください。
ありがとうございます。