前世療法などのヒプノセラピー体験談

たくさんの方が前世療法や多次元統合セラピーなどのヒプノセラピーのセッションの効果を実感されています。

トップページ > 前世療法 体験談 > 体験談 その31

ヒプノセラピー体験談 その31

彼女のセッションの一番の目的は、あるトラウマの解放でしたが、
何人かのつながりを感じる人達との関わりを知るために、魂の探求のため
あわせて前世へのセッションも行いました。

問題からは無事に開放され、また納得のある気づきも得られて、本当に良かったと想います。

しかし、特につながりのある、付き合っていた彼について、
「セッション直後の気づき」と、しばらくしてからの「深い気づき」が
とても変化していったのです。

もちろん、もし似た体験が在ったとして、どう選択するかは人それぞれだと想います。
わたくしたちの選択は自由です。
大切なのは、自分が納得して選んでいるか、自分の想いに対して素直に進めているか・・
実り多い人生は、気付きから始まると想います。。。

20代 女性

〜 直後のご感想 〜

昨日はお忙しい中、長い時間丁寧に付き合っていただき本当にありがとうございました。

あのあと、自分で見てきた前世を思い出し、反芻していました。
そうしたら、あの時には気付かなかった細かい部分での一致というか、
納得の行くことがさらにどんどん出てきて、びっくりしています。
余りにも感動したので、少しお話しさせてください。

実は私は赤ちゃんの頃から大切にしているくまのぬいぐるみがあります。
なぜこんなにこのくまにこだわっているのかわからないほど、23年間肌身離さず可愛がっています。
実はあの時特に言いませんでしたが、前世で家庭を持った時、真っ白なくまのような犬を飼っていて、
子供達と一緒に遊んでいる情景が明確に浮かんでいました。

まさに、あの子でした。
家に帰って、うちのくまと「わんちゃんだったんだね」という会話をしました。
とてつもなく嬉しく愛しい気持ちになりました。

また、私は小さい頃、なぜかドレスに合わせるようなヒールの靴がすごく気になっていました。
すごくボーイッシュで、靴以外はスポーティーな格好ばかりしていたので、
親にも不思議がられていましたが、どうも靴だけ気になるのです。
あれはお城に仕えていた頃の記憶だったのだと思います。

もうひとつ、
(部活動の顧問だった)テニスの先生が違う学校に行ってしまうとき、毎日悲しくて泣いていたと言いました。

先生が荷物をまとめて、最後に校庭を後にしたとき、私はわけがわからないほど号泣して、
その自分の姿を「いくら寂しいと言ってもこの絶望的な悲しさはまるで先生が天国にでも行ってしまったみたいだ、
なんでここまで泣いてるんだろう」と、思った瞬間があったのです。
その時、確かに「死んでしまう瞬間」と照らし合わせていたのを覚えています。

また、先生にも「お前にいつか大事な彼氏でもできたら、俺のことなんて忘れるよ」と言われたことがありました。
私は、例えそういう存在ができても、一生大事な人だよ、と伝えたのを覚えています。


(つきあっている)彼のことも、昨日のおかげで全然見方が変わりました。
彼が遊ぶのを、「遊びたりないんだね、存分に遊びなさい」と微笑ましく見れるようになりました。

あと、私は彼に対して、
恋人でなくても、ただ幸せになってくれれば良い、
そこに私が必要なら、私が幸せにする。と言って復縁しました。
本当に、こんなに大好きで心配で仕方ないのに、恋愛関係でなくても良いという気持ちが不思議なほどありました。

それが、前世で成仏する前に見に行った息子の生活が、幸せそうでなかったのがずっと心配だったのかもしれないと思いました。

本当に思い返せば思い返すほど、辻褄が合っていきます。
私は怖い話が苦手なので、もっと怖くなるかと思ったけど、なんだか嬉しい気持ちです。

明日彼に会うのが楽しみです。
テニスも近いうちにしてみようと思います。

また何かあったら、相談させてください。
ありがとうございました。


〜 しばらくしてからのご感想 〜

ご無沙汰しております。
2ヶ月ほど前にセッションを受けた○○です。
前世を見させていただいたその後について、どうしてもご報告がしたくてメールを打ちました。

付き合っていた彼とのことです。

彼は、前世で息子でした。
可愛くて仕方なくて大事に育て、でも(亡くなった後)私の魂が最後に見に行ったときに、
彼の家庭が幸せそうではなかったのでした。

私はずっと引っ掛かっていた感情の答えが出てきたみたいでした。
彼のことが大好きで仕方ないけど、
自分のパートナーとしてではなく、
どうしても母性が強かったこと、
また、とにかく幸せになってほしい、私と一緒にならなくても良いから、幸せな人生を歩んでほしいと
異常なほどに思っていたこと。

過去世で親子だったから、
それだけの理由だと納得がいきました。
そして、私が今世では一緒になるべき相手ではないということも。
この人といると、守りたい気持ちが優先して、私は自分の夢を諦めそうになっていたのです。

寂しくて仕方なかったけど、別れることにしました。
大好きには変わりないけど、生きる道が違うね、と。

彼はとても悲しんだあと、納得してくれました。
その後私がやっぱり感情を抑えられなくなってもう一度想いを伝えてしまいましたが、
彼は「あなたが僕のことを思ってくれたほど、僕は深い愛で愛せていなかった。だから、今の僕では付き合ったら失礼だ」と自分の意志でしっかり伝えてくれました。
私は頭ではそうすべきだと思っていたので、彼から突き放してくれて、とても助かりました。

まさに、子離れのできない親みたいなことをしてしまいました。
そして思ったよりも子供は大人になっていて、自分で正しい道を選んでいました。

あのときセッションを受けていなければ、
この決断はできなかったと思います。

本当に感謝しています。
今世で私がすべきことは、本当に幸せな世の中を作ること。
ただそれだけです。
自分のやるべきことを、改めて貫けそうです。

これからもよろしくお願いします。

〜 掲載にあたって 〜

あのあともまた考えていたのですが、、
私がもう一度彼に想いを伝えたいと思ったのは、
よりを戻したかったのではなく、

私もちゃんと大好きだったよっていうことを伝えたかったということと、
彼が納得しているかどうか心配で、確かめたかったということ
ただそれだけだったのだとわかりました。

完全に母性ですね(笑)
彼から、これで良かったんだと思うと聞いて、とても安心している自分がいました。
そして、ものすごくすっきりと清々しい気持ちで今はいます。
もちろん彼が幸せになったかどうかはずっと気になると思いますが、、笑

本当に、人生は必然だらけで面白いです。
小倉さんとの出会いも本当に必然だなあと思いました。
引き寄せていただきありがとうございます。

体験談の公開は全く問題ありません。
どうぞ使ってくださいね。

これからもよろしくお願いします。