楽真一 / ヒプノセラピーシェア 公式サイト

 楽 真一 公式サイト 
since 2008

わたくしの想い ~ 魂のポリシー ~

楽真一(らく しんいち)

わたくしが、この世界で生きる決意をしたのは2008年。
今は亡き師匠に導かれるようにして、下北沢で活動をはじめました。

カウンセリング歴30年の霊能者であり、気功の師であり、そしてお坊さんでもあった師匠から
学ばせてもらった、いちばん大切なこと。
それは・・
助かる側と、助ける側(お手伝いする側)は、違うということ。

自分自身は、もちろん幸せに、そして豊かになっていい。人は皆、幸せになる義務すらある。
でも、お手伝いする側はそれだけでは足りない。
まるで、レスキュー隊員のように、自分が泳げるのは当たり前。
溺れている人のところまで泳いでいって、二人分の力を出して、生きて岸まで戻ってくる・・
よほどの余力があって初めて、お手伝いする側に立ち続けることができるのです。

人は、人で癒やされる。だかこそ、心根のある人を大切にしたい。

長く活動を続けていく中で感じることは、
やはり素晴らしい魂、優しい心根のある人々が確実に存在すること、
そして今は立場や経験にかかわらず、魂の本音が目覚めてしまって、隠せなくなっている人々が増えていることです。

これは、もともと繊細で感受性の強い人にとどまらず、これまである程度割り切って、現実世界を生きてきた人にも当てはまります。
もう、人生を割り切ることが、できなくなってしまっているのです。

いずれにしても、とても大切なことは2つ。
自分を癒やし大切にして、魂や心の声に従って本音で生きること。
そして、それを現実の世界で体現し、実際に幸せに豊かになっていくこと。
スピリチュアルは確かに愛ですが、実際にこの世界で受け取るのもまた、愛なのです。

いま、急激な変化を感じる人が増えています。
それは、心の奥からの本音をさらけ出し、魂の本質を輝かせて幸せに、そして豊かに生きていくために
気づきとしてもたらされる、メッセージを受け取る人々が増えてきている証拠です。

この本音の時代・・逆に言えば、嘘がバレる時代・・だからこそ、もう我慢しなくてよいのです。
心根のある人々が、立ち上がって自らの幸せを純粋に望み、手に入れていくこと
そしてできれば、出来る限り多くの人が、影響を与える側の立場に立つことが
スピリチュアルと現実世界を、両方とも愛し豊かにしていく、最良の方法だと信じています(*^^*)

↑ PAGE TOP