ヒプノセラピーシェアのセラピストは、普通の人間です

ヒプノセラピーシェアのセラピストである私自身のことです。
市井の人間として生きてきたからこそ、分かることもあると思っています。

トップページ > コラム・ブログetc. > コラム05

只の人間であるからこそ、わかることもあるのです。

唐突ですが、私は、只の人間です。
多少の直感はあるかもしれませんが、あくまで一人の人間としてセラピストをやっています。

今でこそセラピストとして生きていますが、以前はごく普通に世間一般の世界の中で生きてきました
業界の泥にまみれ、生きたくもなく生きてきました。
心の隙間を埋めるため、夜遊びなど俗世の生活そのままを送っていたのです。
セラピストは往々にして美化されがちですが(そのように振舞うセラピストも少なくありません)
少なくとも私は、聖人などとは最初からかけ離れています

しかしながら、今はこうしてヒプノセラピーによって自分自身を癒し、平穏な心で生活が出来ています。
セラピストとして悩んでいる方や過敏な感性の方を癒すお手伝いができることは、本当に幸せなことです。

傷の無い人はいません

人はだれでも、心に何かを背負っています。打ち明けられなかった悩みもあるでしょう。
こちらに訪れる方で、悩みのない人などまずいません。
そして、どのような人生でも、どのような悩みでもOKです。
私も、同じように色々経験しながら生きてきましたから、どのような話でも受け入れます。

人を許せなくても良いのです。
まずは自分自身の心をケアしてあげてください。
自分が楽になってから、人を許せばよいのです。

霊的な話でも、なんでも大丈夫です。
私にも、ささやかながら神秘的な体験があります。

どのような人生経験でも大丈夫です
どのような恋愛事情でも大丈夫です。
究極的には、良いも悪いも無いのです。

ですから、どうぞ何でも話していただきたいと思います。
ヒプノセラピーで心を癒すためにも、たくさんお話していただくことが大事なのです。
私がジャッジするようなことはありません。
答えは、皆さんの心の奥深くにちゃんとあるはずだから・・

そして私自身も、修行中です。
父親として、子供のことで悩むことだってありますし、セラピストとしても全く完璧と言うわけには行きません。
でも、それでよいのです。
苦しみから逃れるために前を向くのではなく、心と向き合って癒した後で前を向くことが出来れば、完璧ではない自分自身を受け入れることが出来るのです。

そして、それぞれの方がそれぞれの答えを見つけ、自分が本当に望む人生を歩めるようになっていきます。
私に関して言えば、私と同じように悩んでいる人を助けたい、傷ついた人を救いたい、私の内なる心に素直に従って生きていくことが出来るのです。

同じ人間同士であるからこそ、救われることもあると思います。
私は一人の人間であることを、セラピストとしての矜持としたいと思います。