ツインソウル2018(14)幸せなツインのために(2)

楽です。

いつも本当にありがとうございます。

愛そのものであるあなたへ。

今日も、一休みしていってくださいね。。

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

※ PCの都合などにより、更新が遅れております。

しばらくお待ちくださいねm(_ _)m

メルマガは大丈夫です( ´∀`)
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

 
ツインソウルに関して調べて、このブログに辿り着いたなら・・

 

まずはこの記事を (ツインソウル 基本編)

ツインソウル (基本的なこと)

 
ツインソウルと出会って、もっと深く癒やすために(中級編)

ツインソウルの癒し
 

 
新しいツインソウル(上級編)

ツインソウル2017
 
 
ツインソウル最新版

ツインソウル2018 (執筆中)
 

を、読んでみてください。
 
 
更新が遅いときでも、音声プラットフォームは

時々更新していますので、ぜひお聞きくださいね(*^^*)わたくしが直接お話しています。

楽ちゃんねるヒマラヤ版・ツインソウルのディープなお話

↑ プラウザでもお聴きいただけますが、時々うまく再生されないようなので

 スマホアプリ(ヒマラヤで検索できます・無料)でのご視聴も、おすすめです(*^^*)
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 
 

youtube生放送をやってます!

 

楽presents 月の女神と狼の男神 youtube

 

過去配信はいつでも、同じリンク先よりご覧いただけます。

楽ちゃんが、どんな人間なのかを知っていただくには一番早いかも(笑)

ログイン不要で、どなたでもお気軽にご覧いただけます(*^^*)

 
   
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。     
    
  
 
 
さて、今日はね・・

どうすれば、どうなれば

ツインソウルと、うまくいくのか、その可能性が高まるのか、

どストレートに、書こうと想います。

 
 
人によっては、ああ当たり前よね、って想うかもしれませんし

もしかしたら、あれまそんなご無体な・・って感じるかもしれません。

 
 
 
ですが、わたくしのセッションの経験上

これは、真実に近いと想うのです。

 
 
それは、

手放しにも通じるし

開放にも通じる道。

 
 
それは・・・

 
 
 

 
超絶に

 

自分自身を
 
 

優先させること!

 
 
 

 
 
 
解説していきますとね・・

 
 
 
ツインソウルに出会ったなら

心が、すっごく動いたり、心開くいたり惹かれ合ったりして

とても、感覚が開きます。

 
 
これは

本来の自分を、たくさん感じることもできるし

相手のことを、とても感じることもできるし

相手のことを、とても想うこともできる・・という

多段階(多層階)の、感覚の広がりです。

 
 
 
ここで、最初からスムーズに距離が近づいて

仲睦まじくなったら、素晴らしいし素敵なのですが

課題のレベルが高かったりすると、スムーズに行きづらいもの。

 
 
 
ここで、いろんな感覚の、いろんな葛藤が起きます。

 
 
彼のことを愛しているのに、どうして?

彼女のことが、わからない。

もっとわたしが頑張れば、いいの?

せっかく会えたのに、なぜ?

どうしてわかってくれないの?
 
 

 
 
 

 
これらはね、明らかに愛に基づく反応で、

愛があればこそ、相手とつながりが深いゆえに起きる葛藤なのですが

もし、こうなったとしても、とても大切なことがあるんです。

 
 
 
それは・・

あなたが、どうしたいのか?

本当のあなたは、どう感じていて

本音のあなたは、どうしたいのか?

ここを、どんな時もブレずに、しっかりと感じていること。

ここが、すべての肝なのです。

 
 
 
詳しく書きますとね。

 
 
彼のことを愛しているのに、どうして?は

もちろん、彼と結ばれたい、関係を続けていきたいという想いから

出ています。(素敵なんですよ!)

でもね、注意してみるとね・・

結ばれたいと、愛を感じている自分と

結ばれる結果を、渇望している自分って

ほんのちょっとだけ、ずれているんです。

 
 
愛を感じているのは、自分。

愛を感じている自分が、主人公。

 
結ばれる結果を、渇望しているのも自分。

でも、結ばれる結果、というのは、自分の外側にあるもの。

主人公は、結果であって、自分じゃない。

 
 
 
ツインソウルの学びは

この、繊細なズレを、問われるのです・・!!

 
 
いま結ばれていない、あるいは順調じゃない外側の結果があるのなら

その原因は、あくまでも自分の内側のどこかにあるわけです。

自分を感じることで、自分が主人公になるんです(!)

あるいは、もしかしたら相手の氣づきが未熟だからかもしれませんが

それも、ちゃんと自分を感じられている・見つめられている

自分自身が、まず在ればこそ。

 
 
ここの感覚は、とっても細かいものです。

でも、思い出してみてください。

そもそも、なぜツインソウルと、出会う必要があるんでしたっけ・・?

 
 
 
そう。

本来の自分自身に、目覚めるため。

 
 
そのために、

めちゃくちゃガッツリ、自分を感じるように

仕向けられるんですね。

自分と向き合うことで、はじめてその先に

ツインソウルとうまくいく可能性が広がる、という

ニンジンのために(笑)
 
 

 
 
 
 
おなじように・・

彼女のことがわかなない、は

彼女のことを愛している、だから知りたい、なのですが

愛しているという部分では自分が主人公なのですが

理解できないと嘆いているのは、理解を渇望しているからであって

外側の結果を、本当の原因に気づかないまま求めているから。
 

 
 
ここでね、じゃあ

本音では、苦労したくないもん!

だから、少しでもうまく行かなかったら、やめちゃっていいの?

という意見が、あったとしたら・・

それも、多分違うんです。

 
 
 

それはね・・
 

 
もっとわたしが、頑張ればいいの?はね。

愛する気持ちがある、というのも自分が主人公で

相手のために、できることがあれば尽くしたい、と想うのも自分ですが

どうしてもうまくいきたい、添い遂げたいというのは、外側の結果。

 

 
じゃあ、愛する気持ち以外は無駄なのかというと、そうではなくて。

 
 
添い遂げたいから、その結果だけを求めて

自分がぼろぼろになっても、追いかけ尽くす、というのは

きっとね、苦しいと想うし、おすすめできないんです。

 
 
でもね、

愛している自分が、尽くしたいと心から想っている。

だから、何があっても、いまは相手を応援しよう。

ならば、自分が主人公なんです。

 
 
同じように、添い遂げたいと想っていても

自分の内側の、ほんの少しの心の感じ方の違いで

全く、正反対になるくらい、エネルギーが違ってくるのです。

 
 
 

 
また・・

もし、どうにも関係が難しくて、距離をおこうかどうしようか、

でも、やっぱり好きだし、この縁は捨てられないし・・でも・・

(いわゆる、ランナーとチェイサーの手前ですね)

なんて言うときにね。
 

 

 
 
距離をおいたら、なんとかなるかも。

距離をおく、って言ったら、相手はちゃんと向き合うかも。

・・・というのは、うまくいかないことが多くて。

 
 
なぜなら、それは結果を望んでいるのではなく

狙って、いるから・・(・_・;)

 
 
あくまでも、自分がどう感じていて、どうしたいのか。

相手じゃなく、自分だけの感覚・視点が必要なのです。

 

 
 
主人公は自分、という視点を保つなら・・
 

 
 

もう、自分を大切に絶対にしよう。

別れて、それでおわりなら、仕方がない。

縁があれば続くだろうし、なければ次があるだろう。

自分は、本気で次に進むって、もう決めた!

 
 
というふうに、心の底から本音で想って

本音で決めた時に

はじめて、さまざまな可能性が開きます。

 
 
縁が続くこともありますし

一定期間を経て、再び交わることもあります。

もう戻らないこともありますし

次の出会いが、始まることもあります。

 
結果として、復縁することがあったとしても

でもそれは・・あくまでも、もたらされたもの。

その境地に立って、はじめて受け取ることができるのです。

 
 
 
これが、いわゆる手放しです。
 
 

手放しとは、もちろん

結果を天に委ねる、というニュアンスも含まれますが

なんにもせずおまかせ、とか

逃げ出してあとは野となれ山となれ・・とは違って

自分が、どうしたいか、どう感じているのか、という

「主人公自分」が、発揮されていて

はじめて、本当の手放しにつながるのです。

 
 
また、何度も書いていますが

ツインソウルの気づきの、難しいところは

自分だけじゃなく、相手もいる、ということ。

(だから、こんなに悩む人も多いし、今日の文章量も多くなる(^^ゞ)

相手のことは、究極、コントロールは出来ませんから

その意味でも、手放しってとっても大切。
 
 

 
 
なので、
 
 

ツインのことを愛していて

ツインとの関係を深めたいと、本気で想いながら

相手じゃなく、自分自身があくまでも主人公である、と

ちゃんと自覚できている状態になること。

この感覚になっていること。

 
 
これが、

どうすれば、どうなれば

ツインソウルと、うまくいくのか、その可能性が高まるのか?

という問いに対する、答えになると想います。

 
 
 
文章にすると

なんとも矛盾に満ちていて

そして、とっても厳しい(!)
 
  
  
 
じゃあ、それをもっとシンプルに

根っこの部分を言葉にすると・・

 
 
自分自身が主人公で

自分の感覚に、とことん従うこと。

自分の本音を、最優先にすること。

 
 
 
イコール。

 
 
 

 
超絶に

 

自分自身を
 
 

優先させること!

 
 
 
 
に、なるんです。\(^o^)/

 
 
  

 
いま、スムーズにお付き合いが進んでいるなら

ここまで、堅苦しく考えなくて大丈夫ですよ(*^^*)

きっと、これまでいくつもの山を、超えてこられたのだと想います。

そして、この感覚を、ふたりとも掴んでいることと想います。

 
 
 
いろいろ考えるタイミングの中にあるのなら

今一度、自分自身を感じて

そして、優先順位を、自分が一番と、定めてください。

繰り返しになりますが、ツインソウルと出会う理由は

なにより、本来の自分に目覚めることなのですから。。。!
 
 
 
 
 
 
どのような選択をするにせよ

とにかく、とことん自分なのです。

うまく行っているなら、「とことん自分」が

きっとふたりとも、続いているんです。
 
 
 
 
 
ある意味で当たり前な話ですが

実際にやってみると、ツイン相手だと

難しく感じる人も、多くいるかも知れません。

だからこそ、今回ははっきり書きました。

これができて、なお可能性を「手放す」こと。

厳しいかもしれませんが、確実に開放されて、楽になれる道でもあります。

 
 
  

 
どうか、この繊細なニュアンスを、汲み取ってください。

あなたなりに、解釈してください。

 
 
どんなときでも、例えツインソウルが相手であったとしても

あなたの主人公は、あなた。

 
 
 
あなた自身の本音と、いついかなる時も

どうかね、つながっていてくださいね・・・!

 
 
 
 
続きます。

 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・!

またね。
 
 
 

 

 
個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  


月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 

Filed under: ツインソウル — 楽 11:43 PM

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31