ツインソウル2018(12)独立ツインと共感ツイン(後)

楽ちゃんです(*^^*)

いつも応援してくださって、本当に感謝です!

まあ、ゆっくりしていってくださいね。。

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

  
 
 
さて。続きです。

 
 
共感タイプというのは

たとえば、エンパスなら

「まるで、自分のことのように感じる」ように

直接、体感覚で受け取るように

特に、感覚を受け取る・感じ取る力が強く

とても繊細な感覚を持っている

ツインソウルのタイプ、と捉えてください。

 
 
 
独立タイプが、「陽」なら

共感タイプは、「陰」。

 
 
 
正直、表立ってうりゃ~!って

人前にどんどん出るのは、苦手としていますが

その分、感じ取る力は本当に強いので

サポートに回れば、すごい力を発揮します。

 
 
 

自分に蓋をしたり、周りに合わせて

本音で生きてこなかった人生が

ツインソウルと出会うことによって、

本来の自分の間隔が開き、本音がどんどん出てくる・・というのは

このカテゴリで言う、独立・共感タイプを問わず

ほんとうに、あるある・王道なストーリーなのですが、

 
 
特に、共感型の人は

自分の感覚が、本当に戻って(あるいは花開いて)

全開になっていくので

いよいよ、我慢する「普通」の生活が

出来なくなってしまうことが、多々起きてしまいます。

 
 
じゃあ、どう気づいて、どう本音で生きれば良いのか?

 
 
それは、その感覚をどう活かしていくか

もちろん、どう活かしたいかの本音を感じながら

上手に、幸せへと活用していくことが大切です。

 
 
 
共感タイプのツインソウルは、なにより優しい人が多いので

(普通の生活なら、気をつけないと優しすぎて消耗しますが)

もともと、人のサポートが得意なのですが・・

・・そう。その力を、出会ったツインソウルに向けていくことで

気づきが加速して、二人のエネルギーがどんどん高まっていくのです。
 
 
 
 
昔で言う、内助の功とか、あげまん(本来は、上げ間=出世する家の空間を作る人)とかの

相手の運気を高めていく力が、共感タイプには備わっているのです。

 
 
共感タイプのツインソウルは、独立タイプのツインソウルのことが

多いように見えるのですが、

それはまさに、この理由によります。
 
 
 
 
独立タイプのツインソウルは

前へ出る・この世的な地に足をつけた活動が得意な分

共感タイプよりは、感性は鈍目です。

そこを、共感タイプが補うことで

2倍の力で、独立タイプが前へ出て、力を発揮できる。

一人で、二人で活動しているか、それ以上の活躍が

出来るようになるのです。

 
 
語弊をおそれず、すっごく簡単に言うならば

独立ツインソウルは、大勢を相手にメッセージを伝えるのが役割で

共感ツインソウルは、パートナー限定の専属メッセンジャー。

パートナーを、育てていくのが、役割なのです。

 

 

 
 
 
いい男になってくれれば、もたれかかって酒が飲める。

それは、いいものさ。(なんてね!)

 
 
 
一般的には、

独立ツインは、男性が多く

共感ツインは、女性が多いです。
 
 
 
 
共感ツインソウルと、独立ツインソウルのカップルは
 
表面的には、単に仲の良いカップルに

見えるかもしれません。
 
 

ですが、ツインソウル同士なので、とても深いところの

気づきが起きるので、もし傷がいえていなかったりしたら

やはり、とても深い氣づきが必要になります。

 
  
ここで大変なのは、共感タイプの方。

だって、独立タイプが気づいてない「何か」を

鋭敏に察知してしまうから。
 

ここで、話し合いができればとてもスムーズなのですが

もう片方が、まだまだ目覚めていない状態なら

わかってて、何も出来ない、という

二重苦が待っているので(・_・;)

その意味で、内面の深さを鍛えられるのが

共感ツインソウルの、掟というか、セオリーとなっています。

(もちろん、たとえツイン相手でも、犠牲はいけないのですよ!)

 
 

共感タイプ同士のツインソウルも、もちろん居るのですが

その場合は、感覚が開いた同士で

よりスムーズに、二人の仲は良くなる事が多いです。

世の中的には、ふつーを装いながら

この世界を二人で楽しむ、というのも一つの形なのです。

 
 
一方で、気づきを深める計画がある場合は

どちらか・・多くの場合は、男性側・・が、共感ツインでありながらも

独立ツイン的に、力をつけて本音で生きていく選択をしていく

という場合もあり得ます。
 
 

本当に出会った、ツインソウルのために、男を上げていくような感じで

共感ツインのサポートを受けながら、力をつけていくのです。 

 
 

あ、あと番外編として

独立タイプ(としても生きていける)ツインソウルが

あえて、パートナーの成長のために

共感ツインとして、付き合う、というのもあります(゚д゚)!

自分でなんとかできるだけでは、相手のためにならないので

あえて、サポートに回るのですね。(さっきの逆ですね)

これは女性に多いです。(彼を成長させるためですね・・)

 
 

 
 
今回の狩りは、彼に任せて、わたしは銃を置こうかしら(笑)
 

 
 
  
ここで大切なのは

単に、パートナーが稼げればいい

旦那元気で留守が良い、では無いということです(笑)

というか、その感覚になるのなら

そもそも、ツインソウルではない可能性が特大ですが(^^ゞ

 
 
 
ツインソウルに出会うということは

愛の実存が、地球上で示されることと同義です(書いたと想います)

そして、特にそれを実感・体現できるのが

共感タイプのツインソウル。

自分も、相手も、目覚めていくこと

愛し合いされながら、相手が癒やされて、気づいて、

そして力を取り戻して、本音で生きていくことをサポートしていく。

その先に、結果として二人の豊かな幸せと成功がある。

この感覚を持つことが出来る、愛の存在が

まさに、共感タイプのツインソウルなのです。

 
 
 
 
これまで、その力を

本来の相手ではない相手に、使ってしまっていたならば

せっかく、ツインソウルに出会ったのですから

もちろん、自分自身の気づきや癒やしに役立てながら

本来の相手のために、その愛の力を

使っていただきたいと想います(*^^*)

 
 
 
  

 
(つづきます)
 
 

今日も、お話を聞いてくれてありがとうね!

心から、出会いに感謝・・!

またね(*^^*)

 
個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  


月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

 
  ブログランキング・にほんブログ村へ 

Filed under: ツインソウル — 楽 11:02 PM

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31