体験談を追加しました

新しい体験談を、掲載しました。

勇気を持って、シェアしてくださって、本当にありがとうございます・・!
 

ヒプノセラピー 体験談 07

 
こうして、心が楽になるサポートが出来ることは、
わたくしにとっても、本当にうれしく、しあわせに思います。

本当に、本当にありがとうございます。

 

 
人知れず、心苦しいとき・・・
もし、親子関係に、原因があるときは、
幼少期を癒していくことが、とっても、大切です。

悩んでいることは、大きな目で見ると、決して悪いことばかりではありません。

悩むことの出来る、優しい感性を、持っている証拠です。
 
 

そして、その感性があれば・・

代々続いてきた、負の連鎖を、断ち切ることが出来るのです。

 

だって・・・自分の子供たちには、
同じ目に、あわせたくないですもんね!!!

 

 

あなたが、お子さんとのかかわりで、悩んでいるときも、

まずは、あなた自身が癒される必要があります。

話すだけでも、楽になると思います。

いつでも、どんな悩みでもいいので、

勇気が出たときは、その心の灯があるうちに、ぜひご相談ください。

 
 

 

そこに、愛はあるか

これまで、自分自身について、考えてみたり、探求してきたり、

いろいろなアプローチを、試みたことが、あると思います。
 
 

沢山の本を読んでみたり、

セミナーで学んでみたり、

セラピーをを受けてみたり、

占ってもらったり、

いろんなところで相談したり、

 
 
その形も、さまざまだと思います。

 
 
 
学んだり、触れたりした中で、

ああ、これは当たっている・・・

一度や二度は、そんな経験も、あるでしょう。

 
 
それによって、何か気づいたり、

心が楽になっていれば、本当に素晴らしい出会いです。

 
 
でも、

当たっていても、何か腑に落ちない

そう言われたら、身もふたも無い・・

わかっていても、苦しくなってしまう

 
 
これでは、あまり・・よいとは、言えません。

 
 
 
たとえば本などで、沢山の解説があって、

確かに、当てはまっていたとしても、

読んでいて、何かさびしい気持ちになったり、

どうにも腑に落ちないときは、

 

自分自身の、ハートの感覚を、優先させてください。

 

 

同じようなことが、書かれていても、

心がほっとすることもあれば、

どうにも受け入れられないことも、

あると思います。

 

(特に心理系・修業的スピリチュアル系!・・・わたしの体験ですが・・汗)

 
 

では、その差は、いったい、何なのでしょうか・・・・?

 
 
それは、優しさや、愛、ではないかと、思います。

 
 
敏感な感性を持っていれば
(自覚ある・なしに、かかわらずです)

伝え手の心も、わかってしまうんです。

 
 

どんなに正論でも、それだけで、人の心は、動きません。
 
 
 

魂は、機械ではないから、

心を持っているから、

優しさや、愛や、希望という、潤滑油が、必要なのです。

 
 

なので、自分のハートで、感じたままで、いいのです。

あっている、あっていないは、二の次なのです。

 
 
すべて、自分で決めていい。

 
であれば、心を基準にしたほうが、とっても楽になるんです。

 
 

 
なので、

やっぱり、自分が楽なほうに、舵を切ってください。

感じてしまう、その心を、大切にしてください。

 
 
たとえ、今はわからずとも、
 
自分だけの、答えが、必ずありますから。。。。

 
 

 

Filed under: スピリチュアル — 楽 10:59 AM

助からないと、思っても、助かっている

気持ちが沈んでいたり、

何かに追い込まれていたり、

自分では、どうしようもない目にあったり、

単に、梅雨で、気分が乗らなかったり、

 

どうにも、脱出できない!?

って、思ってしまった経験、一度や二度は、ありますよね。

 
もしかしたら、まさに今、その最中かもしれません。

 
 
どんな出来事でも、何かのメッセージではあるんですが、

やっぱり、心が闇(病み)に覆われている、そのときは、

なかなか、心が開きにくいものです。

 
 
だって、心を開いたら、闇に、なおさらまみれてしまう!って、思ってしまうから。。。

 
 
表題の、
 

「助からないと思っても助かっている」

 
これは、将棋棋士であった、大山康晴・十五世名人の言葉です。

 
 
プロ棋士は、勝負に勝つことが仕事です。

また、対局には、制限時間もあります。

限られた時間の中で、(時には、何十時間も!)
 
自分の思考時間はもちろん、相手の時間中も、

一生懸命、次の一手を考える、

それはそれは、とてつもない世界なのだと思います。

 
 
大山名人は、その中で、何度も何度も、死線を潜り抜けてきました。

特に、受け(攻められて、はじき返す)が得意だったそうです。

 
 

自分の玉将に、どんどん攻めてこられて、

子供と対局する、超アマチュアの、わたくしだって、どきどきしますよ(汗)

 
 

普通なら、必死で、次の一手を、考えます。

 
 
でも、大山名人は、違うのだそうです。

 

一見、助からないほど追い詰められて、

考えあぐねても、いい手が浮かばない・・

そんなとき、

 
 

ふと、盤上から目を離して、

外の景色を見たりして、一息つくのです。

 
 
攻められているということは、もう終盤。

残り時間も、少ない中、

あえて、思考から、身をはずすのです。

 
 

で、ほっとして、おちついてから、

助かっている、という気持ちで、目を盤に戻すと・・・

 
 
助かっている、次の一手が、不思議と、浮かんでくる。

 
 
あきらめない、ということは、

決して、もがいたり、必死になることだけではありません。

 

だいたい、必死だと、必ず死んでしまいますもんね(汗)

 
 
そうではなくて、

心を落ち着かせて、

ほっとして、

むしろ、ほかに意識を向けること、

 
これこそが、助かる道に、つながるのです。

 
 
まあ、お茶でも飲んで、一息つきましょう。

 

 
どんなときでも、その出来事は、何かの意味があるのです。
 

意味があるということは、その問いに、答えがあるということ。
 
 
どんなときでも、必ず、道はあります。

 
 
 

助からないと、思っても、助かっている!

 
 
ああ、あのときの、かつての自分に、教えてあげたい(笑)
 
 

 

わたくしは、これから、この言葉を、
 

座右の銘に、したいと、思います。

 

Filed under: スピリチュアル — 楽 5:09 PM

地球にようこそ

私たちは、何かの意味があって、この世に生まれてきました。
 

何かをやりたかったり

何かに気づきたかったり

何かをやり直したかったり

何かと出会いたかったり

何かの役目を果たしたかったり

何かを解放したかったり

 
 
人によって、さまざまです。

 
 
多くの場合は、自分で選んで、生まれてきました。

 
自分で計画したり、意図したり、

ワクワクする気分で、生まれてくることが多いです。

 

・・・そう、「多い」であって、全部じゃないんです。

 
 

ええと、初めて知る方は、

「えっ?」って思うかもしれません。

 

ちょっと課題が重かったり

どうもしんどいことが起こるとわかっていたり

その他、その他、もろもろの理由で・・

あんまり、行きたくないな~
 
 
って、思いながら、天から降りてくることも、あるんです。

 
 

今回の人生を、

いやいや、降りてきた皆さん・・

 

地球へ、ようこそ。

 
この言葉で、ちょっと、どよーんとなってしまった方は、

もしかしたら、その可能性が、あります。

 

実は。。。。

わたくしもです!

 
 
生まれる直前の、天界の記憶を、たどって行くセッションがあります。

どんな計画を練ったり

どんな目的を設定したり

どんな能力を持ち越してきたり

いろいろと、探ることが出来ます。

 

で、わたくしは・・・

いいやだーーーヴワーーーー
 
重いよーー、やだよーーー

とか何とか、大泣きしたんですね。。。

 

沢山の、神様とか、天使とかに、励まされたり、説得されたりして、

ひっくひっく、半べそになりながら、

地上に、降りてきました(汗)

 
 

 
かといって、そんな場合でも、

一生しんどいかというと、決してそうではないんですよ。
 

気づいた後は、いっくらでも、荷物を降ろすことが、出来るんです。

  

 

そんな人たちの、傾向としては、
 

希望を持ちづらかったり、

幼少期とか、大変な目にあったりすることも、少なくありませんが、
 

ちゃんと、傷を癒したり、

本当の自分を、取り戻した後には

その分の、元は、あふれるくらいに、受け取ることが、出来るんです。

 
ですから、もし、ほかの人と違っていても、

それでいいんだ、と思ってください。

 

一般的な方法で、うまくいかなかったり、

普通の人生でいいのに、何でわたしは?とかって、感じたり、

 
それもこれも、計画に、入っています。

 

そして、乗り越えられない課題は、

ただのひとつも、ありません。

 
乗り越えられない計画は、練ってくる意味が、無いからです。

 

そして、人生は遊行、観光でいい事を、思い出してください。

天界での、自由で、満たされていた感覚を、内側に感じてください。

 

 
その能力は、すでに、あなたの中にあるんです。

 
 
だって、普通は、耐えられないから、

その能力を持っている、あなただから、

 
この変動する時代に、その感性を持って、生まれてきたのですから。
 
 
 
 
地球へ、ようこそ。

同じふるさとを持つ、魂の、仲間として、

ともに、生きていきましょう。
 
 

Filed under: ヒプノセラピー,スピリチュアル — 楽 8:49 AM

ただ、いい気分で

何か理想の自分があって、

それに近づこうとすることって、よくありますよね。
 
 

それは、たとえば、理想の人柄であったり、

仕事の能力だったり、

外見だったり、

夢であったり、

理想の誰か、であったり、

その誰か、に振り向いてもらいたかったり、
 

さまざまですよね。

 

 
で、その状態こそが、

自分にとって、理想の状態、

完璧だと、思うのです。

 
 

理想を抱くことは、素晴らしいことです。

 

 

もしそうなったら・・・?
 

考えただけで、わくわくしたり、

楽しくなったり、

そうなれた自分に、思いをめぐらせると、

とっても、いい気分になることが、できます。
 

 
でも、

今の自分が、そうでないことに、

失望したり、

不満だったり、

自分を責めてしまったり、

あるいは、なれないだろうと、悲観的になると、
 

どうにも、いい気分では、いられませんよね・・・(汗)

 

 
 
いま、この瞬間は、

どちらも、同じです。

 
 
その、かわらない、この今において、

とっても大切なのは、

この、今の、気分なのです。

 

もともと、楽観主義な性格の人って、いますよね。

それだけで、なんか、うらやましくないですか?

 

そして、そんな人は、

本当に、楽観的なれるような、人生になっていたり、しませんか?
 
 

もし、あなたがそうだったら、超ラッキーですね!

なんとうらやましい。

 
 

実は、だれしも、楽観的になることが、できます。

 

わたくしも、超超、悲観的な、にんげんでした。

でも、大丈夫です。

人間であるので、たとえ完全ではなくっても、
(完全で無くていい、というお話をしようとしたら、ずれてしまった・・・また今度に)

いい気分でいられる方向に、もって行くことって、本当に出来るんです。

 
 
 
これまでの、いい経験を思い起こして、

これまでの、負の経験は、その方向に行かないような、サンプルとして、

いい気分で、心を開放させていくことが、

本当にいい将来への、鍵となります。

 
 
傷は癒すことも必要ですし、
エネルギーは高めていった方が、よりベターだと思います。

 
 

そして、これまでの分も、

元を取って(おつりももらって?)

前向きでいられるように・・・

 
 

いま、ここで、

いい気分で、いられること。
 

 

 

それこそが、本当の自分に近づくことが出来る、

一番の、特効薬です。
 
 

Filed under: 自分のために,スピリチュアル — 楽 8:40 PM

焦げた後に

今日は、おとうちゃんが料理を作る日。

カレーは、いつも家族に評判なのです。

たまには、シチューにしようかな・・

 
いつもの調子で、煮込んでいたのですが・・・

 
 
ああ、やっちゃった!

見事に焦がしてしまいました。。。。

 
 
あとで、牛乳を足そうと思って、水を少なめにしていたのが、原因でした。

 
 
ふだん、あんまり料理で失敗をしたことが無いので
(そもそも、そんな高度な料理を作りませんし・・
たいていは、奥様が、腕をふるってくださいます。)

なんか、とってもショックでした。
自分でも、不思議なくらいに、がっくり、きてしまいました。

 
まだ、水で煮込んでいた段階だったので、

焦げてないところを、救出して、

別のおなべで、最後まで、作ってみたのですが・・

やっぱり、おいしく出来ません。

 
いろいろ試しましたが、なんか焦げ臭くって、

味見した子供たちも、

「いやあ。。うーーん、むずかしい・・・」
「お、、おいしいよ・・・」

気を使ってくれても、顔は、正直です。

 
今日は、おかずを買ってこようか・・

 
せっかくおいしく作ってあげたかったのに、、
なんか、泣きたくなってしまいました(涙)

 
自分でも、こんな大きい心の揺れは、

びっくりしてしまったので、

すこし後で、やや静かに、感じて見ました。

 
 
どうも、私の心の奥には

「人の役に立ちたい」

という、根本的な本質を、強く強く、抱えていることに

改めて、気がつきました。

 
 
まあ、エンパスの方は、多くの場合は、

その感覚と、セットになって、生まれてくることが多いみたいです。

 
 
実は、いまのお仕事でも、

ごくごくまれに、まったく効果が、すぐにあらわれないことがありますが、

そのときも、やっぱり、心の奥は、へこみます。

 

すべての出来事は、本当の意味があって、

深いところで、回っているとはわかっていても、

エゴだとは、わかっているのですが、

やっぱり、すこしでも、楽にしてあげられなかった、

その思いを抱くこと、やっぱり、すべてを手放すことが、出来ていません。

 
 

しかしながら、

それでもいいのかな、と思っています。

にんげんですからね。

 

 
 
さて・・・ 

おかずを買ってきたら、

やがて、奥様が帰ってきて、

そのシチューを味見して、一言。

 
「カレーにしてみれば?」

 
 
おわ、その発想は無かったよ・・!

 

奥様に、選手交代して、

クリームシチューに、カレーのルーを足していくと・・

パンや、ナンとあう味の、カレーが出来てしまいました!

これはびっくり、なんということ。

明日の夕飯は、ナンカレーです。

 
 
今日は(も?)、助けられました。

 
そのあと、焦げ付いたおなべを、たわしでゴシゴシしていたら、

ぴっかぴかに、なりました。

 
 
終わりよければ、すべてよし、ということで・・

まあ、めでたしでした。
 
 
 

Filed under: スピリチュアル — 楽 9:50 PM

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930