エゴをはずすこと

このシリーズ・・何か、書いているわたくしが、泣けてきます(泣)

でも、勇気を持って、もっと続けて、書いていきます・・・・!

 
 
~ エゴをはずすこと ~

人は、誰しも、考えることが出来ます。

思考は、頭で行います。

 
本来は、人に備わった、素晴らしい能力のひとつ。

・・・の、はずです。

しかしながら、時として、わたくしたち本来の姿から、行き先を遠ざけてしまいます。

 

それが、エゴ。

 

これをしてはいけません!

こうしなければ、世間に恥ずかしいのです!

あなたは、この家の跡取りとして、こうあらねばなりません!

 
 
私が悪いからいけないんだ、親に気に入られなきゃ・・

この血が流れているから、わたしもこうなんだ・・

私は、こうあらなければいけない・・

私の能力は、この程度・・・

 

かつて、まだ自分では身を守れなかった時・・
さまざまな圧力に対して、悲しみで満ちた、こころの「ヨロイ」を着てきませんでしたか?

そして、そのヨロイを、今も脱ぎ捨てることが出来ず、重たいままで、生きていませんか?

 

 
本来の自分では無い状態が続いてしまうと、

あまりにしんどいので、

今の状態が、本来の自分自身だと、思い込もうとしてしまいます。

 

そして、心を閉ざしてしまいます。

 

心を閉ざした状態で、思考すると、

それは「エゴ」となります。

 

 
エゴは、自分自身を、否定します。
 
 

まだまだ、がんばらなければ・・

これだけ尽くさないと、パートナーに愛されない・・

私は、こんなもんじゃない、もっと「上」を目指さなければ、幸せになれない・・

私には、能力が無い・・

私には、魅力が無い・・

 

考えれば、考えるほど、苦しくなってしまいます。

 
でも、エゴはそれすら否定します。

 
現実に対応できない、お前が悪いんだ。

現実をみろ。お前はこんなものだ。

冷静に考えろ、お前に出来るはずが無い。

 
 
 
やがて、自己の存在、そのものですら、脅かされてしまいます。
 
 

自分は存在していていいの・・?

愛される資格なんて無い・・

幸せになる資格は、あるの・・?

 

 
 
もちろん、あります!
 

幸せになっていい!

自由に生きていい!

癒されていい!

愛されていい!

 
人生は、YESで、満ちているのです!

 

 
まずは、気づいてください。

その考えは、エゴによる「幻想」に過ぎないと。

癒されていいんだ、と。

 

 
気づくことだけで、大きな一歩です。

人生を、「YES」と、言えるようにするために・・・

心の底から、「YES!」と、叫ぶことが出来るために!!!

 

Filed under: 自分のために,スピリチュアル — 楽 7:47 PM

がまんしないこと

いつも、いい子でいなさい、と言われてきませんでしたか?
がまんしなさい、と教えられてきませんでしたか?

 

~ がまんしないこと ~

自分を素直に出せないとき、外に出るタイプと、引っ込むタイプがあります。
 

小さいとき、よくありましたよね。

おもちゃ買って~!
だめー~!がまんしなさい!
 

外に出るタイプ
「びえ~!かってかって~!うわーん!」

引っ込むタイプ
「ぐすん・・わかった・・がまんする・・」

 
 
同じ、外に出るタイプでも、
鈍くて、まわりをまったく気にしない場合と、
傷ついてでも自分を貫く場合が、あると思います。

引っ込むタイプでも、
おとなしい場合と、
周りの事情をわかりすぎてしまって、自分が出せない場合、
もしかしたら、その両方を持っているかもしれません。

 
親が恥ずかしがっているから・・とか
親の世間体・名誉欲のため・・とかね。。
わかっちゃうだけ、余計に使いですよね。
 

大人になってからは、もう、すべて自由でよいはずです。

 

もしかしたら、自分で自分に、おなじ事をしていませんか?

 
 
小さいころにほしかった、あのプラモデル、買ってみませんか?

本当はほしかった、あのお人形さんのようなお洋服、着てみませんか?

 

もう、あなたは自由でいいのです。

血と魂は、まったくの別物です。

だれにも、邪魔されなくていいんですよ。

 

 
~ ~ ~ ~ ~
 
わたくしが親になってから、やっぱり、同じ事を言ってしまいます。

だって・・すべてのおもちゃを買ってあげることはできないです・・・

 

でもね。

「ごめんね~、全部のおもちゃを買ってあげることは出来ないんだよ~」

「じゃあ、この交通標識は、とうちゃんがつくってあげる」

ものすごく稚拙な(汗)工作でも、こどもは喜んでくれたりします。

 
 
本当にほしかったのは、愛情だったのではないですか?

親の、素直な言葉や、心ではなかったですか?

 
 

いいんですよ。そのままでも。

まずは・・知っていくこと、ですよね。きっと。
 

 

Filed under: 自分のために,スピリチュアル — 楽 9:44 AM

素直に自分を出すこと

突然ですが・・!
「自分ができていなかったこと」を、つらつらと、つづっていきたいと思います。

正直、出来ていなかったというより、まだ出来ていないことばっかりですが(汗)
 
 
 

~ 素直に自分を出すこと ~
 

 
心の多くの問題は、この部分にかかわることがほとんどです。
 

「素を出したら、こう思われるんじゃないだろうか?」
実際に、ばかにされたり、苦痛を感じた方も多いでしょう。

「弱みは見せられない」
行きづらい世の中で、組織の中で、本当にがんばってきましたね・・

「自分は、こうあるべきだ」
本当にやりたいことを、押しつぶしてしまって、自分が無くなってしまっていませんか?

「自分なんて・・」
きっと、人には言えない傷や、思いがあるのでしょう。
 

中傷されたり、逆に相手を傷つけてしまったり、
いつも迷ったり、
本当にやりたいことすらわからなくなってしまう・・

ひどくなると、我慢していること自体に、麻痺してしまっていきます。

 

負の連鎖も、自分を素直に出せないことから起こります。
 

自分がひどいことをされて、同じ事を人や子にしてしまう・・

自分がこれだけ我慢してきたんだから、あなたも我慢しなさい。
なぜわからないの!
シアワセそうな子供に、嫉妬してしまう。

 
愛されなかったから、自分の子を愛する自信が無い・・

自分は、親になる資格は無い。育てることなんて出来ない。
自分さえ愛することも出来ないのに、どうやって愛したらいいの?

 

すべては、心を素直に出せない、その裏返しなのです。

 

つらいときは、泣いていい。

重いときは、へこんでいい。

怒るときは、怒っていい。

楽しいときは、笑っていい。

何も、恥ずかしいことは無いのです。
そのままでいい。

 
素直に自分を出して、つらい目にあってしまった方は・・
その相手も、じつは、素直に出せないから、嫉妬したり、うらやましかったりする、その裏返しだったのです。

 
もちろん、癒されていいですよ!
もう手放しても、まったく構いません。

そのためには、まずは・・・
自分が素直じゃない、そのことを認めてあげることです。。。

完全な人なんて、いません。
不完全で、欠点があって、できてなくて、いいんです。

それは、私も同じ。。。。。
ほんと、まだ、じたばたしていますから!

 

 
もう、
「我慢仮面」も
「いいひと仮面」も
「悪びれ仮面」も

はずしてしまいましょう。
 

今は、急に出来なくても、いいんです。
ちょっとでも、希望が持てれば、それだけでいいんです。

まず、ほんのちょっと、自分に向き合って、
ほんのちょっと、認めてあげること。
 

きっと、それが第一歩。
 
 

Filed under: 自分のために,スピリチュアル — 楽 4:43 PM

桜

桜が満開になってきました!
 

淡いピンク色に染まった、さくらの花びらが、優しく舞いながら青空と混ざっていくとき・・・

なんともいえない、あたたかい想いが、心の中に、こみ上げてきます。
 

桜の花言葉は・・
「高貴」、「精神美」、そして「優れた美人」・・・

 
あたたかな季節が、心の中にまで、染み込んできそうです。
 

Filed under: スピリチュアル — 楽 6:21 PM

春は来てますね

つくし

つくしが生えてきました。

子供たちが教えてくれました。
駐車場の裏手とは、案外、気がつかないものです。

けっこう、わらわらと生えていて・・・
ともすれば、自然な心でいられない私たちに、
「これでもか!」というくらい、春を教えてくれているような、そんな気がしました。

Filed under: スピリチュアル — 楽 9:17 PM

さいごにかえて

(地球との対話を、最初からお読みになるときは、 
 ↓ こちらよりご覧ください。)
 地球との対話(序にかえて)

 
~ ~ ~ ~ ~

それぞれの存在は、メッセージを伝えたがっているようです。
それも、とても強い意志を持って、話したがっています。 
 

電磁波などに関しては、まず「気づく」だけで良いそうです。
(わたくしも、携帯を使いますし、このブログもパソコンで作っています・・)

気づかないことが、いちばん悲しいことだと・・・

 
かつて、マザーテレサは、話しました。
「愛の反対は憎しみではなく、無関心だ」と。

無関心は、気づかないことにも、つながっているのかもしれません。

そして、とても悲しいことに、つながってしまっているのかも、しれません。
 
 
協力してくださったクライアントさんは
「きっと、地球は、人間界と自然界が、仲良く協力しあって生きてほしいから
(悲しい出来事だけれど)地震を起こしたのかも・・
いつか、地球全体を光で包んで、人間も自然も癒してあげられたらいいのに・・・と思っています」
と、話してくれました。
 

今、わたくしに出来ることは、このことをそのままお伝えすることだけかもしれません。

しかし・・多くの方が、すでに気づいておられます。
本当に大切なものは、何なのか・・・

心の優しい方、敏感な感性の持ち主が、本当に自由に、役割を果たしながら、自分らしい人生を歩めるように・・
すべての方が、幸せな人生を歩むことができるように・・

そして、自分にとっての、ほんとうのしあわせは、何なのか、
地球で生きていくということは、どんな意味があるのか、

たくさんの方に、気づいてもらえるように・・・

こころから、願ってやみません。

 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:35 PM

火さん

今回の地震では、そんなに登場しなかったけど・・
原発とかは出たね。
 

時間的に、ご飯時じゃなかったから、よかったね。
 

火は大事だよね。
食事、ランプ・・

今回、停電のときには、ろうそくで火を使うよね。

火も、暗いことろに、少し満ちれば、明るさをくれる。

 
山火事の火とかも、そうだけど、
今回の地震で、たびたびあらわれる、火の存在は、
地球の怒りとか、そういうのを、火で表現している。
 

どれだけ、地球や自然が起こっているかを、わかってほしい。
 

山火事もそうだけど、いかっているときには、
水ではどうしようもないくらいの力を持っているんだよ。
 

風と一緒だったら広がるし、
日と一緒なら、どんどん大きくなるし、

日・風・水・土が、みんな協力して、
伝えようとしているメッセージなんだけどな・・・

 

いつも、メッセージなんだよ。

雨で火が消えると、新しい植物や、動物が生まれてくるのと同じように、
自然は、新しいものをどんどん作り出すものだから・・・

津波で消えたところも、
また新しい出発点を、あらわしているんだよ。

 

火も、生きていくうえで、水と同じくらい大切だって、
おぼえていておいてね。
 

原発のところから、
煙が出たり、火が出たり、発光しているときは、
自然が人間に対して、抵抗しているときだから、
気をつけてね。

 
多分、だれも気づかないけどね。
 

(次へ・・・→さいごにかえて
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:34 PM

日(太陽)さん

去年もね、どんどん夏が暑くなっているの、知ってるよね。

オゾン層、紫外線の問題もでているけど・・
 

人が、お日様に当たらないで、クーラーばっかりかけて、
そとで当たってくれないのよね。

 
私が出る(日の出)と、暑い暑い、というけれど、
クーラーとか、排気ガスとか、
いろんな家電などの熱のせいもあると思うんだけど・・

 
お日様の波動と、家電などの波動と、携帯の電波が混じると、
波長がひどくおかしくなるよ。
自然の波長がこわれるよ。

 

そういうのに気付いてほしくて、カンカン照りにしてみたけれど、
人間は海に入ってごみ散らかすし・・・

 
お日様の光は、今なら分かってくれるかもしれないけど、
電気なんか使わなくても、とっても明るいのよ。

不要な場所でも、電気をつけるから、
私の光に誰も気づいてくれない・・・

 

お布団をふかふかにしたり、除菌したり、
土や葉っぱに光を当てたり・・酸素出すでしょ?

どれだけ大事かわかっているはずなのに
どうして排気ガスで空気を汚すのかしらね。

 

私(お月さまも)は、本当は人を助けたり、
生きるための手伝いをするためにある。
 

昔は、太陽と月で、時計代わりにしていたよね。
 

人と動物は、私と一緒にいきてきた。
今は、私が登ると、傘をさされてしまう。

 

光のつよさは、大きくも小さくもできる。
人の心と一緒だよね。
 

プラスとマイナス、陰と陽、長所と短所、光と陰でワンセット・・

光の角度が変わると、影の大きさも変わる。

 
お日様は、元気をあげたり、疲れを取ってあげる力があるのにな。

電気が多すぎると、光の存在にさえ気がついてもらえない、

 
光やお日様を見上げて、

いい天気だな~とか、
青い空だな~とか、

気づかずに生きている人が多くて、
影の多い人がふえている。

 

でも、お日様の光を怒らせると、もっとこわいのよ。

だって私は、火をおこすことができるから、

今は普通の火事で済んでいるけど、
もし私が、今仮に、山火事を起こしたとしたら、
海の水を借りなきゃいけないのよ。

でも、海の水は、放射能で汚れているでしょ。
水のありがたみがわかるよね。

 
もっと南(赤道近く)に住んでいる人たちのほうが、水を大事にしているのよ。

水道とかがないから、水を汲みに行っている。
今のあなたに分かる?

暑い国でも、水を大事にしてくれている。

 
今は、お日様が当たっていても、暑くないでしょ。
みんな脱水状態になってしまうから、カンカン照りにしない。

いつもの春なら、もっとあったかいって思わない?
コントロールしてあげているのよ。
もうすこし落ち着くまで、我慢するわ・・

 
今年の夏は、去年ほどみたいに、暑くはしない予定よ。

水が足りないでしょ?

カンカン照りにしたら、赤ちゃんもお年寄りもかわいそうだし、
植物、動物も、かわいそうだし、
魚も、海が汚れてかわいそうだから
あんまり暑くしない。

 
これから、太陽や月の光を使って、電気を節約すれば、
夏の風も涼しくなるのにね。

土だったら、そんなに熱くならないのよ。
コンクリートは熱いよね。
人工的に、熱い空気をつくっているのよね。

 
土だったら、木もあるし、そんなに熱くならないのに、
木を切っちゃうから、涼むところがなくなる。
自分たちで、涼む場所を、消しているんじゃない。

木がたくさんあったら、木の陰とかを、風が通るから、
そしたら、涼しい風も、通るはずなのにね。

 
だから、早く気づいてね。
 

(次へ・・・→火さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:33 PM

土さん

どうして、わざわざ(土を)コンクリートで埋めるんだい?

土だって、お日様にあたったり、雨にぬれたり、
風に吹かれたりしたいのに、
どうしてコンクリートで埋めちゃうの?
 

風さんが運んでくれた種とかを受け取って
日や水とともに、花を咲かせて、緑を増やして、
空気をきれいにしたいのに、

みんな自分たちの都合で、
木を切ったり、植えかえたり、デザインとして動かしたりしてる。

その部分以外は、コンクリート・タイルで、覆っちゃうよね。

 

こっちだって、いやになるよね。

 

地震とともに、すべてこわして、顔を出したくなっちゃうんだよね・・・

 

本当はさあ・・
アリの巣とか、虫の幼虫とか、いっぱい住んでいていいはずなのに、
コンクリートでうめちゃうと、虫とかが入れないし、出れないじゃん?

 
何で、必要のないところまで、みんな、覆っちゃうの?

 
土は、穴を掘っても、すぐ埋められるから平気、と思われてるけど・・
コンクリートのほうが、大変かもね。

 

野菜・米・果物を作るのに、土は必要なんだけど、
特に都会の人は、あんまりわかってくれてないよね。

靴が汚れる、手が汚れる、とかって言って、人が触れてくれない。

 
 
昔は、よく土の上で、裸足で子供が遊んでくれたんだけどな・・・
直接、裸足の人は、グランディングが出来ているんだよね。

 
人や動物が、その人らしく生きていくためには、
土に触れることが必要なんだよ。

 

日本の動物園は、コンクリートの上にいる動物が多くて・・
本来備わっている、動物の本能を維持したり、目覚めさせるのには
コンクリートでは難しい。

土と、日と、池などの水と、触れられる場所を作らなければいけない。

人は、自分たちが楽しむために、動物を捕まえて、連れてきているんだよね。
それは、魚も同じだよね。

波も水草もない、水槽にいる魚たちも同じだよね。
魚の本能をつぶしているよね。

 
我慢にも限界があるよね。

 

 
そんなに、恐がらなくてもいいよ。

土も風も水も日も、本当はこんなに怖いものじゃないよ。

だから、早く気づいてね。
 

(次へ・・・→日(太陽)さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:32 PM

水(海)さん

今回の地震では、僕もみんな(地球や風)といっしょに、協力したんだよ。

地球がとっても怒っていたから、津波も大きくなっちゃった。
 

あんなに、お舟を、壊す予定じゃなかったんだよ。
 
 
温暖化で、海の温度が温かくなったり、
今までいなかった生き物、魚が生まれてきて、
流れもおかしくなって、今までも魚も住みにくくなって、
本来いるべき魚が流される・・・
 
北・南極の氷がとけて流れて、みんな困っている。

 
海の中のお魚さんのバランスが崩れていって、
混乱してきているんだよ。
 

 
津波で、家が(流されて大変)って言うけれど
海の中も、大変なことになっていることに、早く気付いてほしいな・・・
 
今回のことで、海に人間が近づかなくなると、きっとよくなる。

昔みたいなきれいな海にもどしてほしいな。
気長に待つよ。
 
 
地球が、大きなのびをおこさない限り
僕はもう大津波をおこさないよ。
 

日本は、まわりが全部海で、いっぱいお魚を食べる国だから(気づいてほしい)
 

(次へ・・・→土さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:31 PM

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930