教える立場

初めてヒプノセラピーを人にお教えする機会に恵まれました。
最初に教えて欲しいを相談を受けたときには、教えた経験が無いこと、何かハッタリの効く様なヨコモジの資格を出せないこと、本当は興味のある手法の発案者に直接習って欲しいこと、などをお伝えした上で、それでも良いと仰っていただき、一週間近く集中的に講義をさせていただきました。
といっても、ほぼ一対一の寺子屋的な感じですが。。。

お教えしながらセッションを生徒さんに行うことを機軸に、ボランティアさんを連れてきていただきデモをしたりしながら、基本的な範囲ですが出来る限りのことをお教えしました。
内容的には、多次元セラピーを日本人の感覚や私の実体験に基づき少し幅を持たせた「多次元統合セラピー」(我ながら何だかすごいネーミングですが・・汗)がメインでしたが、セラピストとしての霊的な防御(これも、私の実体験に基づいています)についても言及しました。

この世界を深く探求し長く続けていくには、自身のケアやエネルギーの向上など、セラピストとして常にバランスを取っていかなければなりません。

もちろん私も完璧な人間では無いのですが、だからこそ必要なスキルは、ただ単に手法を学ぶだけでは得られないと思っています。
で、気功とか瞑想・座禅・風水などそれぞれに合った方法での霊的な成長が必ず必要になってきます。
もちろん、お越しいただくクライアントさんとの会話やセッションにおいても、経験し成長していくことが出来ます。実体験こそが全ての師です。

本当に人を助ける覚悟が無いと、この仕事は絶対に勤まりません。
出来れば今世で苦労した(特に、心や魂で苦しんだ)経験があることが望ましいですが、せめて人の心の痛みが深いレベルでわかる人でないと、難しいのではないかと思っています。
セラピストに真に必要なものは、今持っている何かの能力ではなく、その心根であると私は思っています。

むしろ、肩書きなど何も出さないほうが、肩書き目的ではなく、私個人とその手法そのものを必要とする人に来ていただくことだでき、教えやすいのかな・・と思ったりしました。
もちろん、修了証はお出ししましたが、名刺と同様、手作りです。。。。

まあ、有名でもなんでもない私が偉そうに言う話でもないのですが、軽薄なセラピーではなく、深いレベルで向き合っていく、私自身のスタンスを貫いていきたい・・・と思っています。

Filed under: ヒプノセラピー — 楽 6:14 PM

伊勢神宮

伊勢神宮 御正宮
私が習っている気功の合宿で、伊勢神宮に行ってきました。
一泊して一日目に外宮、二日目に内宮をお参りしました。
ちょうど台風や地震に見舞われ、本当にどうなる事かと思っていたのですが、何故か参拝するときだけは雨がやんで・・・
本当に不思議でした。。神様の力に守られたのかも・・・

本当に波動のレベルが違います。とても力強い、そしてやわらかい気に満ちていて、湯あたり(気あたり?)するくらいです。
実際に何人もの方がのぼせていました。(気功の生徒さんばかりなので、皆さん気に敏感なのです)
自然もすごくて、普通なら御神木レベルの大木がごろごろしていて、神社の中の様子はは本当に言葉では表せません。
そして二日目、内宮のご本殿ともいうべき御正宮に着いた時は、そのやわらかで素晴らしいエネルギーにただただ圧倒されてしまいました。
(写真の先が、その御正宮です。本当に圧倒的・・)
一緒に参加された方の中には、涙があふれて止まらない方も・・・

私は、よくこの現代までこのような素晴らしい所を残してくれた・・・
このような素晴らしい伝統を本当に守ってきた人々がいたことに、心よりの感動と感謝の念があふれてきました。

内宮のお土産屋通りもとってもにぎわっていました。
観光でも何でも、こうしてお伊勢さんがにぎわっているのは、とてもいいことです。
でも、夏場名物の赤福氷は抹茶味限定で・・・(抹茶アイス、苦手なのです・・)それだけが心残り?でした。
そして皆さん、できれば外宮にも足を運んでみてください。

東京からは少し遠いですが、一生に一度はぜひ訪れてはいかがでしょうか?

Filed under: スピリチュアル — 楽 5:41 PM

ジンジャーの効果

夏場は水分補給がとても大切です。
でも、冷たい飲み物をあまりに取りすぎると食欲が低下したり、かえって夏ばての原因にもなってきたりします。

また、室内外の気温差などで、体温調節も結構大変です。

本当は、身体は温めた方がいいのであったかい飲み物が理想ですが、なかなか・・(私もそうです)冷たい飲み物の方がおいしく感じるのです。

私は基本的には水やお茶なのですが、たまにはジュースも飲みたくなります。
そこでオススメしたいのがジンジャーの入った飲み物です。

生姜は、身体を温める効果がとても高いです。
昔は、甘い生姜湯がプールや海で泳いだ後のの後の定番でした。
あまりに発汗した後でしたら、スポーツドリンクの方がいいのかもしれませんが、冷たい飲み物を取りながら、かつ身体の冷えを予防するのなら
市販の飲み物でしたら、「ディアボロ・ジンジャー」がオススメです。(コンビニで売っています)

つい最近はじめて飲んだのですが、すぐにおなかが熱くなるほどすごかったです。
某ジュースのように名前だけでなく、しっかりと生姜が入っているようです。
これなら、(糖分はは別ですが。。)安心して冷たい飲み物を取ることが出来ます。

実は、漢方薬にも生姜の仲間が幅広く使われているそうです。
有名な葛根湯は、風邪のひき始め、悪寒、肩こり、頭痛など幅広く処方されますが、これにもしっかりと入っているそうです。
身体の内側を温めて血流を良くし、これらの症状を改善していくのだと思います。

冷え性や体温調節障害も、皮膚の表面ではなく「身体の内側」をしっかりと温めて整えると、良くなってくると思います。
(気功も、内側のエネルギーですから、通じるものがあるかもしれません)

もちろん、生姜湯を家で自分で作るのが一番いいです。
味付けは、砂糖よりハチミツの方が滋養強壮になると思います。
その場で氷をいれて・・・たまりませんね(笑)

オフィスではお出ししていないのですが(すいません・・・)ぜひ皆様も、身体の内側をしっかりと温めてくれるジンジャーを試してみてはいかがでしょうか?

Filed under: スピリチュアル — 楽 10:58 AM

2009年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31