牛嶋神社

楽です(^^)

いつも応援してくださって、本当に感謝です\(^o^)/

まあ、一休みしていってくださいね・・

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

 
 

 
 
さて、前回から程なく近く・・

というか、本当に徒歩数分にある・・

もう一つ、特別な狛犬たちがいる神社があるのです。

 
 
それが、ここ

牛嶋神社。


 
 
ここも、なかなか

いい感じのパワースポットのエネルギーに満ちていましてね。

隅田川のほとりの、公園の中にあるという

素敵な立地と、気の流れ。

都会の中にいることを、忘れさせてくれます。

 

 
 
まず、この鳥居。

よーく見ると、左右に小さな、ミニ鳥居?がくっついています。

「三輪鳥居(or 三ツ鳥居)」と呼ばれるこの様式。

三ノ輪くぐりと同じように、参拝するのが正式なのだそうです。

 
 
ちなみに、男神に気付いた時にすっ飛んでお参りしに行った

三峯神社にも、三ツ鳥居があったようなのですが

オオカミばかりに目が行って、気づかなかった(^^ゞ

 
 
 

 

 
ちょうどこの日は

結婚式がしめやかに、とり行われていました。

祝詞や雅楽が鳴り響き、すごく心が洗われます。

なので今日は、鈴を鳴らさず、静かにお参りしました(^^)
 
 
 
 
さてさて、この神社には・・

いろんな狛犬様がいるのです。

 
 
まずは、定番の狛犬様。

 
 
 

しかもね、普通の(?)一体・一対のものだけでなく

岩の上にある、まるで絵巻物のような

ストーリー性のある、親子のような狛犬もいて。

 
もう芸術ですよね(笑)

 
 
 
そして・・

牛嶋神社の、その名前の通りの。

 
 
牛の狛犬様も、鎮座しておられます。
 
 
 
なかなかに、凛々しい!

かっこいい!(笑)

 
 

 

けっこう、でかいんですよ。
 
 
 

一対、それぞれに表情が違います。
 
牡牛と雌牛かな?とも想ったのですが

両方とも角があるし・・どうなんでしょうかね。

 

 
 
 
ちなみに、この牛とは別に

撫で牛という、別のおうしさまが居て、

撫でると病気が治るという言い伝えがあります。

(写真撮り忘れた・・)

もともと、建立時の伝説により

最初から、牛が信仰されていた

牛嶋神社らしい、なんとも雄大な感じがします。

ふだんは穏やか、いざという時は力強い一撃!

まさに男神ですね!(^^)
 

 
 
そして奥に、もう一体(一対)・・


 
 
なんと、猿の狛犬様もおられます。

さっきのおうしさまよりは、小さめです。

なんか笑ってるような?(笑)

 
 
そうそう。

なんで、おさるさまも狛犬としておられるのかな・・って

いろいろ調べた所。

 
ここは、江戸の寒門(冬の方角で、貧しさも表すそうです)を

守るための、いわば霊的関所として

徳川からの信仰が厚かったそうなのです。

鬼門・寒門方角は、すごく手厚く守ったそうですし

ここ牛嶋神社に、日光東照宮と同じように

猿を祀って、霊的エネルギーを高めたのでは・・?

なんて、想像します。空想ですよ(*^^*)

 
 
 
そういえば、

徳川が作った、鹿島神社も鹿だし、

徳川が再興した箱根神社は龍だし

日光東照宮には、猿もいますが実は奥には麒麟もいて

けっこう、動物のエネルギー、東京の周りに配されているんです。

 
 
・・・これって、男神じゃん?

 
 
徳川はね、丹田の人で。

 
 
織田は、感情の人。

鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス。

第4チャクラ。

 
 
豊臣は、意志力の人。

鳴かぬなら、鳴かせてみせよう、ホトトギス。

第3チャクラ。

 
徳川は、丹田の人。

鳴かぬなら、鳴くまでまとう、ホトトギス。

第1・第2チャクラ。

 
そして実は、だんせいは丹田を鍛えて

はじめて直感力が身につきますし

鳴くタイミングを見定めるのだって、胆力がいる。

 
 
なので、徳川は見えない力もあるということを知っていて

それも、男性的な霊力の使い所を知っていて

このように、龍を含む、誇り高い動物たちのエネルギーを

要所に配していたのでは・・!?

 
 
今、書きながら

なかなか、深い気付きになりました(^^)
 

 
というわけで、なかなかにここも味わい深い

牛嶋神社でありました\(^o^)/

 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね(^^)

心から、出会いに感謝・・!

またね。
 

 
 

 

個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  



月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 12:09 PM

三囲神社

楽ちゃんです(^^)

いつも応援してくださって、本当にありがとうございます!

まあ、一休みしていってくださいね・・

 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

 

 
 
さてさて、東京に戻りまして。

 
 
今年、男神の話に目覚めてから

男神の分類に、思いを馳せていました。

基本的に、男性は誇り高い動物のエネルギーを持っているので

動物の種類、というのも、男性の個性に関わるのではと思ったのです。

 
 
ちなみに、オオカミ繋がりで
 
三峯神社では、

狛犬が、オオカミになっていました。

 
 
ということは・・

もしかしたら、狛犬の種類が有るのなら

男神の種類と、リンクするのではないのか・・?

 
 
そして、調べ始めると

出るわ出るわ(笑)

結構、狛犬ちゃんは、犬じゃない狛犬(なんじゃそりゃ)が

存在しているんですよ。

 
 
 
  
今回は、まずは動物の中でも

誇り高い、百獣の王である

獅子(ライオン)を探して、神社に向かいます。
 
 

 
東京スカイツリー駅から程なく近い

三囲神社(みめぐりじんじゃ)です。

 

 
 
 
神社としては、そこそこの大きさなのですが

実は、この神社、知る人ぞ知る神社。

 
 
なんと、かの三井財閥が

四半期に一度、ここで例大祭を行うのだとか。

 
 
なんで・・・?

それは、三囲という字は

三井を、囲って守ってくれている、という意味として捉えて

昔から、ここに祈願しに来る習わしがあるのだとか・・

 
  
というわけで、レッツラゴーであるのです(古!!)

 
 
 
中に入ると、わりと暖かめのエネルギーを感じます。

今日は結構、日差しも強いのもあるかもしれません(笑)


 

普通の狛犬ちゃんもいますが
 
奥にいる犬っぽい狛犬ちゃんは、すらっとした感じです。

なかなか真面目そうな、ちゃんと守っている雰囲気ですが(笑)

 
 
 

ですが、、、

ここのメインは、この狛犬様ではありません。

 

 
 

 
 
 
どどん!

なんと、旧三越に鎮座していた

ライオンを、そのまま移設してあるのです・・!

 
 
めちゃくちゃでかいんですよ。
 

 
一対ではなく、1体(一柱?)なので 

正確には、狛犬とは呼べないかもしれませんが

この凛々しさ、このエネルギー・・!

威圧感とは違うのですが、やはり圧を感じます。

なんとも、不思議な感じです。

 
 
さてこの神社は

裏の方も、なかなか不思議で。

 
 
このように、お稲荷さんが、きちんと独立して

いくつも祀られているのです。

にしても、この鳥居の数は・・本格的です。


 

神社の裏や横に、お稲荷さん祀られていることは多いんですが

多くの場合は、ちょこんとした佇まいです。

ここは特に、おばあさんと白狐の、伝説があるそうで

そのためでしょうか、

すごくしっかり、また別のエネルギーを感じる場所になっています。

 
 
そうそう、お稲荷さんの狛犬は

ほぼ必ず、お狐さまになっています。

これも、男神の分類として、要チェックですね!

 
 
 
 
ちなみに・・この神社、まだ不思議がありまして。

 
なんとここに・・・三井財閥の、お墓があるのです!

 
 
ぱっと見は、本当に神社。

でも、鉄格子で守られていて

一般人は、立入禁止。

入れなくなっています。

お墓なのに、あんまり変な感じがしない・・

お昼だからかもしれませんが、全然大丈夫でした。

ただやっぱり、写真の掲載は止めときます。なんとなく・・

 
 
これで、一周できたかな?

 
 
おお、もう一つありました。

大国神・恵比寿神。

 

おお、両方共めでたそう、稼げそうな(笑)

さすがは三井ゆかりの神社ですね。

お狐さまも、商売の応援を結構してくれますしね。

 
 
 
 
 
これで、ようやく境内を一周です\(^o^)/

 
 

 
 
三囲神社は、

そう大きな神社ではないのですが

すごく、濃い空間が、広がっています。
 
 
 
なかなか、得難い体験のできる
 
本当に、不思議な神社でした(^^)
 
 
 
 
 
 

 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね(^^)

心から、出会いに感謝・・!

またね。
 

 

個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  



月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 10:35 PM

天龍寺

楽ちゃんです。

いつも応援してくださって、本当にありがとうございます(*^^*)

まあ、一息ついていってくださいね・・

 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

 
  
  
 
 
さてさて、もう一か所向かいます(^^)

 

 
 
道中、ちょっとは楽しみながら・・おいしい!!

 

 
あと、京都は地下鉄もありますが

路面電車もあるんですよ。風情あります。

 

そんなこんなで、いろいろ乗り継いで・・

 
 
 
 

やってきました、天龍寺。
 

人がいっぱい!

世界遺産として登録されただけあって

超人気スポットとなっています。
 
 

  
この門だけではわかりづらいですが

中、すっっごく広いです。

 

 
 
天龍寺は、禅宗である

臨済宗のお寺。

 
 

 
禅宗とは、座禅を組むことによって、悟りを開く事を旨としており

現代仏教の中でも、初期仏教に一番近い宗派として知られています。

要は、ブッダと同じ道を歩んで、自らも悟ろう、という道です。

 
ちなみに、初期仏教と禅宗は、輪廻転生はありません。

そんなものにこだわっていたら、悟るものも悟れない、というわけなのです。

 
 
 
ちなみに、ここ天龍寺は

もともと、嵯峨天皇の皇太后であった

橘嘉智子(たちばなのかちこ)によって、

檀林寺として、建立されました。(840年ごろだと言われています)

日本で最初の、禅寺だとされています。

もともとは、現在よりもっと広い敷地があったそうです。
 

 
仏教に深く帰依していた皇太后は、

諸行無常の真理を、自らの身をもって示したとされています。

 

 
その後廃寺を含む、さまざまな歴史を経て、

現在の天龍寺へと、つながっていきました。
 
※ 現在別のところにある「檀林寺」は、なんの関わりもない骨董屋さんだそうです(笑)
 
 
 
さてさて、天龍と言うからには

龍神様も、おられるでしょう。

 
 
 
 
 
屏風には、さすが

黒龍様が、描かれています。

すごくパワフルです。

 
 
館内は、広々として

風通しが良い畳のお部屋がいっぱいあって

しかも、お庭も素敵です。

 
 
なるほど、ここなら

心ゆくまで、座禅をゆっくり組めそうです。

なんか贅沢な場所です(笑)

むしろ貴族っぽいような。。
 
 
 
 

 

すごく気持ちいいし、霊的にもすばらしいのですが

あまりに贅沢すぎて、ここで悟れるのか?っていう

疑問も少し(笑)自分の貧乏性なのかしらね。

 
 
 
そして、外に出ると

ちょうど、別館が特別公開されていて

せっかくなので、入ってみることにしました。
  
 
するとね・・

先程までの雰囲気とは、うってかわって

静かで、暗めて、しんとして

ひんやりとした、別世界が広がっていました。

 
 
 

(ここの中、写真撮影禁止だったので文章で)

 
 
ひろいお堂の中は、床全体が板張りで

霊的にも、ひんやりとした、静かな空気に満ちていて

本当に、自分自身を見つめる、

そして無になるにふさわしい場所です。

 
 
正面には、数体の仏像があり

場の空気を整えているのですが

何より圧巻なのは

天井いっぱいに、雄大に描かれている

黒龍のエネルギーが・・・!!

 
  
「八方睨み(はっぽうにらみ)」と言われる

この黒龍は

境内の、どこにいても

その大きな目で、ぎろりとにらまれているように

見えるのです。

 
 
ちゃんと修行しろよー

ばれてるぞー

って怒らるようにも感じ

しっかりしろよー

がんばれよー

って、真剣に見つめられているようにも見え

 
 
おそらく

どう見えるか、どう感じるか

そここそが、自分がいま何を抱えているか

否応なく、見させられているのだと感じます。
 
 
 
だって、物理的には

絵は、同一不変のはず。

八方睨みの龍は

まさに鏡となって

自分の心を、見つめられさせているのです。

自分からは、自分は逃げられないから

まさに、八方睨みなんですね。

 

 
 
さすがです。

これぞ、まさに禅宗・・・!
 

 
 
相当長い間、

わたくしは静かに、ここで時を過ごしました。
 
 

さてさて、そろそろタイムリミット。

終電が終わる前に、

新幹線に乗って、帰らなければなりません。

 
  
そして、天龍寺を出た途端・・

 
 
ザーーーーー!!

 
 
夕立のような雨が(汗)

 
 
うん、龍神なら雨はおやくそく。

なんとかしのぎながら、

駅まで走っていったのですが

 
 
 
  
最後に、きれいな虹のおみやげまで頂いて(笑)

満足しながら、帰途につきました。

 
 
 
2017年の、京都突貫スピ巡りは、これでおしまいです\(^o^)/

 
  
 
 
・・まだ今年分、書いていない場所があるので

続けていきますね。

 
 
 
今日も、読んでくださって本当にありがとうね。

こころから・・出会いに感謝!(^^)

またね。
 

 
 

 

個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  



月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 9:46 PM

ゑびす神社

楽ちゃんです。

いつも応援してくださって、本当に感謝です(*^^*)

まあ、ゆっくりしていってくださいね。。

 

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

 

 
 
 
さて、鞍馬山や貴船神社を後にして

京都市内に戻ってきました。
 
 
 

 
 
まだ時間があるうちに

できるだけ、行けるところへ行きたいと思います(^^)
 
 
  
まず、噂を聞きつけて訪れたのは・・

 
 
 
 
 
えびす神社。

(正確には、ゑびす神社。)

 
最寄り駅は、地下鉄・祇園四条駅です。
 
 
 
 
ちょっと逆光で見えづらいですが

鳥居に、えびす様の笑顔が(*^^*)

なんか、くぐるだけでほっこりします。
 
 
 

 
えびす神社は、商売の神様・えびす様が祀られていて

商売繁盛や、人脈を含むご縁結びに

特にご利益があるそうです。
 
 
そう大きくはないえびす神社ですが

なかなか、境内は暖かいというか

あかるい雰囲気が素敵でした。
 


 

裏門もね、趣があって素敵なのです。

(スマホ見ながら探してて、

 うっかり裏門から入っちゃったのはナイショ・笑)

 
 

えびす神社の境内には、

もちろん、えびす様も祀られているのですが

特に驚いたのが

このお二方が(を)祀っていること。

 
 
 
松下幸之助と、吉村孫三郎。

 

正確には、財布塚と名刺塚だそうです。

古くなった財布や名刺を、供養するための塚。

お二方が、塚を寄進したのだと聞き及んでます。

 
 
毎年、財布供養・名刺供養のお祭りがあるのだそうで、

まるで針供養みたいです。

とはいえ、現代のビジネスにとって財布と名刺は必須アイテム。

針と同じように、感謝して供養するという考えも

なるほどと納得です。

 
 
 
ちなみに、このえびす神社。

特別な参拝の仕方が有るそうなのですが・・

 
 
先を急ぐあまり、確認せず普通に参拝しちゃいました(;´∀`)

 
 
 
 
そういえば、商売にまつわる神社は

ほぼ必ず、えびす様や大黒様を祀っていてね。

そして、必ず

笑顔なんですよ。

 
芸事と財運は、弁財天さまが多くて。

やっぱり、優雅だったり微笑んでいたり。

 
  
商売は、やっぱり笑売で。

楽しいこと、喜びを、商いにするのが

基本だし、極意なんですね。

わたくしも、お仕事としては事業主。

気持ちを新たに、笑顔で居たいと思います\(^o^)/
 
 

 
  
 
にっこり素敵(笑)

 
 
  
さてさて、まだまだ

突貫京都の旅は、つづきます。
 
 

 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝です(*^^*)

またね。。

 

 

個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  



月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 9:20 AM

貴船神社

楽ちゃんです(^^)

いつも応援してくださって、本当に有難うございます。

まあ、ゆっくり休んでいってくださいね・・

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

 
 
 
  
さてさて。

鞍馬山を超えた先には

また別の、有名な場所があります。

山越えしたところから、本当にすぐの場所にある・・

 
 
 
 
貴船神社。

ここは、水の神を祀っているのですが

絵馬発祥の地としても知られていて

馬の狛犬・・じゃないね。オブジェもあります。

 
 
 
水のおみくじとかも有るのですが

ここは、鞍馬以上に、とても賑わっています。

ここは、普通の道もあり、バスも通っていて

来やすい、というのもありますが

なんと、縁結びの神社としても有名なんだそうで・・

 
 
 
これが本殿。

 
 
 
なぜ、縁結びで有名かといいますと・・
  
 
かの有名な、紫式部が

旦那さんとの仲違いで困っていた時に

ここ、貴船神社に参拝し、願掛けをした所

仲直りをすることが出来た、という話があるところで

縁結びと夫婦円満のスポットとして

平日でも結構賑わっていました。

 
 
この川で、禊を済ませてからお参りした伝説から

思ひ川 と言われているそうです。

ちなみに、ここは本殿より山を登った所。

すこし歩くのですが、奥の宮が別のところにあるのです。

 
 
道中、奥の宮の伝説にちなんだ船形の出土岩とか

(玉依姫命が乗っていたという、貴船の由来になっている)


 
 
中宮・結びの社などを見ながら

 
 
奥宮へ、到着です。

 
 
 
とてもシンプルな佇まいの中に

どこか気品を感じます。

個人的には、本殿より好みでした。

鞍馬山とはまた違った雰囲気を楽しめます。

 
 
 
 
さてさて。朝から突貫行脚で、

そろそろお腹空いてきました。

ちょうど、お昼を過ぎた頃。

 
 
 
うちよってって~っていう、おやくそくの声につられて

きれいな川を見ながら、腹ごしらえです(*^^*)

 
  

 
川魚と、お豆腐(いまぐつぐつ煮えてます)が

特に美味しかった!

 
 
 
さて、今日はまだまだ頑張って回りますよ!

今度はね、京都に戻ります。

優しいお店の人が、駅まで送ってくれました。
 
 
 

 
 
味わい深い、渋い駅やね~

 

再び、ローカル線に乗って、京都市内へ向かいます。

次に行くところは、どこでしょうか・・・?(笑)

 
  
つづきます。

 
 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね(*^^*)

心から、出会いに感謝・・!

またね。

 
 

 
 

 

個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  



月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 10:31 PM

鞍馬山探訪~山越え

楽ちゃんです。

いつも、応援してくださって本当にありがとうございます(*^^*)

まあ、ゆっくりしていってくださいね。。

 
 

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

 
 
さてさて、鞍馬山・鞍馬寺からその先へ。

本格的に、山に入っていきます。


 

ここからは、先程までの整備され尽くした参道とは

うってかわって、いわゆる山道の風情です。

 

とはいえ、本格的な登山靴でなくとも

そこそこの運動靴で、おそらく大丈夫なくらいには

整備されています。

 
 
 
しっかりと、木々が覆ってくれていますので

日差しは、あまり気にならないと想いますが
  
雨の後は、ぬかるみは注意ですね。
 
 

そして、普通の山道と違うのは

こんな風に、道の端々に

祠があること。

建物は、本当に大小様々で

実際に、休憩所として使える建物もありました。

 

 

さっきの鞍馬寺とはまた違う

まるで亀のような紋様も。こっちは円形が基本です。

詳しい人に、ぜひ意味を聞いてみたい。

 
 
 

鞍馬山は、山全体が霊山として

明らかに、整えられているように感じます。

それぞれの建物は

修験道の、修行の地として

一里塚、あるいは休息場所としての

役目も、あったのかもしれません。

 
 
 

 

 

 
しばらく、道なりに登っていくと

ちょうど、登りきった尾根のあたりに

「背比べ石」というのが祀られています。

 
これは、なんと牛若丸のもの。

 
 
後の源義経である、牛若丸は

幼少の時、鞍馬寺に預けられていました。

その後、山を降りるのですが

その時に、名残を惜しんで背くらべをした石として

残されているのです。

だから、ちょうど当時の牛若丸くらいの大きさなのですね。

 
 
  
そして、そこから本道から迂回するように

広がっているのが

この、木の根道。

 
 

 
すんごく歩きづらいこの道(といえるのか?)は

牛若丸が、日々ここで修行に励んだという

伝説があるのです。

確かに、足腰鍛えられそう(笑)

 
  

ここで身軽に動けるように、修行したからこそ

武蔵坊弁慶との、あの有名な、橋の上の伝説でも

弁慶の攻撃を、ひらりとかわすことができたんですね。

この根道を見ると、伝説も本当だったのかと想える

不思議な説得力に、満ちています。

 
 
 
 
この根道を抜けたら、あとは下るだけ。

これまでの、鞍馬山入山から、登ってきた分までを

下っていくので、実は相当長い下りとなっています。
 
  
 

 
 
 

鞍馬寺側から見たら、真反対にある

下り道のお堂の中で、最後にあるのが

奥の院 魔王殿。

 
 
  
最後は、やっぱり魔王なのね(^^ゞ
 
でも不思議と、魔王という響きは

鞍馬に似合う感じがします。


 
 
また不思議なのは、ここだけ

ど真ん中に、灯籠があるんです。

もしかしたら、破邪なのか?すっぱり真ん中で切っているような。。

鞍馬はきっと、どの模様、どの配置も

とっても深い意味があるんだと想います。

  
 
 
  
 
そんなこんなで、一時間くらいでしょうか。

ようやく、反対側の麓に、降り立ちました。

西門を超えて、鞍馬山は下山です。

 

この川が、反対側の境界線。
 
 

 
 
とはいえ、この先にも

実はね、違うスポットがあるんですよ(*^^*)

鞍馬山は、山越えしてからも面白いのです。

 
 
  
 
 
続きます。

 
 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・・!

またね。
 

 
 

 

 
個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  



月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 10:25 PM

鞍馬山探訪~入山から鞍馬寺へ

楽ちゃんです(*^^*)

いつも応援してくださって、本当に感謝です!

まあ、ひといきついていってくださいね。。

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  

 

 
 
 
今年は、スピリチュアルスポットを

結構、訪れています。

書ききれていなかったので

しばらく、書き綴っていきますね。

 
 
今年3月末に、急に思い立って

京都へ、行ってきました。

まだ行ったことのない、鞍馬山。

 
 
スピ的には、サマートクラマという伝説の人(?)が居たり

レイキ発祥の地と言われたり、いろいろ言われてますが

一度は行ってみたくて、スキマ時間に行ってきました。

 
  
 
スキマなので、夜行バス!

日帰りの強行軍で、色んな所を回ります。

まずは、京都駅に向かって出発~(^^)

 

  
さて、朝7時。京都駅につきました。

スカイツリーではないですよ
 
 

今日は奇跡的な、良い天気!

午後から崩れるという予報もあるので

兎にも角にも、すぐに出発です。

京都駅から、すぐに電車を乗り継いで

鞍馬を目指します。

 

 
おお~、結構ローカルなチンチン電車っぽいの、良いですね~。

かわいい(^^)
 
 

 
 
そうそう、気をつけたほうが良いのは

鞍馬山に行くには、

叡山電鉄という、ローカル線の終点

「鞍馬駅」へ向かう必要があります。

似た駅名で「鞍馬口駅」という、地下鉄の駅がありますが

ぜんっぜん違うところですから、ぜひ注意してください。

 
  

これが叡山電鉄。ワンマンの文字が眩しい(笑)

がたごと、このローカル線に乗ることしばし・・

 
 
着きました!

駅には、でっかい天狗の面が(笑)

一説によれば、天狗は宇宙人の表現とも言われているそうで。


 
春先の山の、静かなひんやりとした空気感。
 
心地よい朝日。

いよいよ、鞍馬山に足を踏み入れます。


 
 
この門をくぐるとね・・

おお~、って、なんか心地よいひんやり感が漂います。

とても静かで、心が落ち着くというか。

静かに、味わいたくなる感覚です。

 
 
 

 
 
 

歩きはじめてすぐの資料館にも立ち寄りながら

てくてく、登り始めていると・・

 
  
鳥居と祠に守られた、

高いところから流れ落ちる滝と、澄んだ池が現れました。

その名も・・

「魔王の滝」

えらい、インパクトのある名前!

魔王尊は、鞍馬山の重要な御神体の一つ。

おそらく・・高いところ(宇宙から)光とともに降り立ったときの

雰囲気が、この細めの滝が高いところから落ちていくように、見えたのかな?

なんて勝手な想像をしてます(笑)

 
龍も居て、エネルギー自体も澄んでいますが

ここで、穢れを落として、入山に備えるような

浄化の場所にも感じました。

 
 
 
さてさて、今回はちょうど、

お坊さんたちが、朝のお線香をお祀りした後を

追いかけるようなタイミングで登ることになりました。

全部のスポットがお線香の香りで満ちています。

浄化後の、すごくお得な時間帯です(笑)

 
 
 
てくてく山道を歩いていくと

由岐神社がありました。

この山は全体が霊山で

いろいろ、祀られているのですね。

 

 
 
  
ちなみに、ロープウエーもあるのですが

今回は、使いませんでした。

全部見るには、ケーブルカーですっ飛ばしてしまうところが

出てきてしまいますので(さっきの魔王の滝とか)

できれば、歩くことをおすすめします。

本殿までは、道幅も広く

道の整備もしっかりしていて、登るのに苦労は少ないです。
 
 
 


  
途中、さすが宇宙的霊山!って感じるオブジェとか

 

中で、水の鐘がとってもいい音のする弁天様の祠とか

 
 
 
いろいろ拝見しながら、てくてく歩くこと小一時間・・

 
 
いよいよ、鞍馬寺に、到着ですよ!\(^o^)/


 
 
 
 
 

ちょうど、木の陰になっていますが

このサークル、本当にお寺?っていうくらい

幾何学模様で、完全にスピリチュアルなサークルです。


 
おそらく、外部には出ない、関係者と縁のある人しか知らない

深い意味が、ここにはきっとあるんでしょう。

 
 
内部は、残念ながら撮影禁止だったのですが

宇宙の大霊=尊天は姿形のない真理として存在し

その三体の化身が
 
 

月輪の精霊 愛=千手観世音菩薩

太陽の精霊 光=毘沙門天王

大地の霊王 力=護法魔王尊

 
 
として、魂のこもった像が祀られていました。

 
不思議なのが

太陽ではなく、月のほうが序列が早いのです。

並び方は、中心に毘沙門天・右に千手観音・左に護法魔王なのですが

鞍馬山の祈りの文章には

月のように美しく

太陽のように暖かく

大地のように力づよく

と、月から唱えるとされているのです。

  
これを知った時、なぜか胸がじーんとなりました。

 
 
おそらく、太古から修験道の山伏たちは

夜にも、修行をしていたのだと想います。

山の自然を、宇宙のエネルギーを感じるのも

静かに瞑想するにも、きっと優しい夜のほうが

身にしみて、受け取りやすい。

そんな、山伏たちを暖かく見守ってくれる、優しい光の月は

時に、溢れる太陽の光よりも、優しく山伏たちを癒し

悟りへと導いていったのではないか・・

そして、修行するのは男性ばかりですので(男神になりたいからね!)

優しい女性性を感じられる月を、千手観音として、最初に称える。

とても、とても素敵に感じました。。

 
 
  
 
さてさて。

今日はね、気合を入れて

そのまま、山を越えようと想います。

 
 
宝物殿で、見学しながら準備を整えたら

いよいよ、本格的に山へ入っていきます・・・!

 
 
  
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・!

またね。
 

 

 

 
個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  



月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 10:53 PM

箱根神社の女神・男神開き

楽ちゃんです。

いつも、応援してくださって本当に感謝しています。(^^)

まあ、ひといきついていってくださいね・・

 

 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 

   
 
 
さて、男神力について、

まだまだ書きたいことが山ほどあるのですが

(今は、1日50時間くらいほしいくらいに)

このままだと、後回しにして忘れそうなので

(3月に、一人で鞍馬山行ってきたのもまだ書いてない(^^ゞ

 夜行バス明けから、鞍馬~山越えで貴船神社~京都にもどって

 えびす神社~龍安寺~新幹線で帰宅と、1日弾丸ツアーして帰ってきたのです。)

昨日、行ってきた箱根について、今日は書いていきますね。

 

  
 
さて、今回は初めての遠方へのお出かけ、

箱根神社へのツアーです。

朝7時に、新宿駅に集合して

特急に乗って、まずは箱根湯本駅に向かいます。


 

ぶれた(笑) 
 
 
今日の女神は

遠方から、わざわざ

夜行バスで駆けつけてくださったり

朝、4時44分(!)の始発でお越しくださったりの

女神たち。
 
 

車内では、結構盛り上がったり

あるいは、一休みしながら、

朝食もたべたべ、向かいます。

 
  
9時過ぎに、予定通り箱根湯本駅へ。

ここで、現地集合の女神たちと合流し、

8人(わたくし入れて9名)で、いよいよ出発。
 

 
 

トロッコ列車に乗って

バスにも乗り継いで、箱根神社へ向かいます。
 
 

  
いろいろ考えてみたのですが

前回、一人で下見したときと

同じコースが無難だよな、と思い、

下回りで、進みました。

 
 
道中では、最近気づいた

わたくしの、男神力の話でも盛り上がって。

けっこう・・・皆さん、同じことを

何処かで感じてくださっていたようで、

そこがブレイク・スルーした狼の話に

とっても、喜んでいただけました。良かった!(^^)

 
 
 

 
そうそう、今日は本当にいい天気!

暖かくて、奇跡的な一日の予感ですね。

 
  


 
 
 
 
そうして、箱根神社に着きました(^^)

 
 
 
いやあ、相変わらず、いい雰囲気です。

そして、やっぱり

女性には優しく

男性には厳しい。

今はもう分かるので、入り口から肚にちょっと力が入ります。

 
 
 
社の下の、木々がまた、すごく良い雰囲気で

触ったり抱きついたりしながら(笑)進んでいってきます。

  

 
 
三峯神社と同じく、

遠吠えしたくなるような(笑)

 
  
そして・・
 
いよいよ、箱根神社の社ですよ!!
 
 

 
 
うん、やはりいい雰囲気です。ピリッとしてる。

そうそう、ここに登ったらね。

前回、気が付かなかった、

左右に、いい感じに、苔むす大きな狛犬ちゃんが居て。

 
 
 

おおー狼っぽい!写真写真って

自分のスマホをポケットから出したら・・・

 
 
  
・・・・!!!

 
 
ブラックアウト!!!

 
 
いきなり、スマホ壊れました/(^O^)\ナンテコッタ

いや、ほんとです。

いま、この瞬間まで写真撮ってたのに。

(上の写真が、まさにそう)
 
 

 
 

まあ、パワースポットで

たしかにこういうこと有るのはわかるし

(最近、バッグが完全に壊れて、あわてて買い直しなのです)

他の人のは見たこと有るけど

まさか、自分がそうなるとは・・

 
 
女神たちは、大受けです(笑)
 
 

ああ、楽ちゃん来たよねー

買い換えろってことだよねー

まあ、神社出たらきっと治るよー

 
 
はい、そう信じます(^^ゞ
 
 
 
ということで、
  
以降、しばらく文章です(笑)

 
 
やっぱり、女性たちにとっては

優し目の雰囲気を、感じるほうが多いようです。

中には、前々から来たかった、やっと来られたって

ジーンとしてくださる女神も・・
 

弁天様のような感じではないですが

やはり九頭龍もいる修験道の社

女性には優しく、男性には厳しい。

ピンポイントで、わたくしには来たし。
 
 

 
  
箱根神社の社にお参りして

お隣の、九頭龍分社にもお参りします。

こないだは工事中の名残があったのが

今回は、完全に新築、完成していました(^^)

  
 
・・今回はね、前回ほどは「怒られ」なかったです。

わりとね、対等な感じで話していて。

やはり、今回の「男神力」の気づきも、九頭龍神の後押しも合ったのか。

自分の答えそのもの、というよりは

自分と向き合ったという、そのこと自体を、「まあまあ」褒めてくれたみたいです。

(まあまあ、でしたね。厳しいね・笑)

ですが、今回はすごく体が熱くなり、後押しを受けました。

共に歩もう、くらいの勢いで。

やはり、男性も、誇り高い狼の魂を持つ、男神です。間違いありません。

 
  
 
さて、ここから真下へと降りて、湖の鳥居を見学してから

(これは前回の写真)

今回は、船を使いますので

一度、近くの港へ戻る形で向かいます。

 
 
  
ちょっとゆっくりめで11時過ぎくらい。

食事のタイミングは、迷っていたのですが

やっぱり、地元的な食事処が良い!ということで

(これから向かう箱根園港は、遊園地っぽい趣で、地元のお店はほぼ無い)

いい感じのお店に、入っていきます。
 
 
 
 

 

※ 写真追加

  ほかの女神がとって下さった写真です(*^^*)ありがとうございます。

  
 
うーん、うまい!(笑)

やはり、箱根に来たらお蕎麦と、わかさぎですね。

めちゃくちゃうまかったです。
 
 
 
  
さて、さっきのスマホ。

やっぱり、うんともすんとも言わなくて。

女神たちに、時間聞いたり地図見せてもらいながら

進んできたのですが・・

 
  
なんと、お食事中に復活!!

 
  
 
まじかよ。

まわりも、大受けしてました(笑)予想通りだと。

 
 
まあ、もう3年以上になるのかな?

そろそろ確かに、買い替えてもよいのかもしれません。

次は何色にしようか?

(これ、後のフラグです)

 

  
 
さて、堪能したあとは

いよいよ、港に向かいます。

 
 
 
この、山上の、ぽちっとなって建っているるのが、ロープウエーの駅。

ここへ行くために、ロープウエーの麓の駅へ

これから船で向かうのです。
 
  

 
船を待つ最中もいろんな話で盛り上がってて。

そうそう、狼つながりで、動物占いの話にもなって。

わたくし、「黒豹」でした。なかなかかっこいいですね!
  
 

そうして船に乗り込みます。

屋上、気持ち良いんです!

なんかね、優雅なクルージング気分で。

天気も景色もいいし、緑も豊かだし、

今日は富士山も見える。本当に最高です。

 
 
 

  
さて、10分くらいで、箱根園港・ケーブルカーの駅に着きました。

これから、ケーブルカーに乗って山頂にある

箱根神社の、元社を目指します。

 
  
 
今日は、前回みたいに雪も無く(笑)

いい天気のなか、スムーズに社へ向かいます。

本当に、すごくすがすがしく、気持ちいい!

ここも、素敵なパワースポットです。
 
 
なかなか、ここまで訪れたことの有る女神は少なくて。

今回は、いろいろと詳しく知っていただき、巡ることが出来たと

皆さんに、喜んでくださってました。

わたくしも、お連れできて本当に良かったです(*^^*)

下見した甲斐がありました。

 
  

 
そうそう、土日は空いているんです!

ちゃんと今日は、社の中でお参りができました。

 
  
そして、、、またまた「大受け」することに。

なんと、お参りが一段落して

みんなで、階段を降り始めたら・・

 
 
社が、閉まるじゃないですか!\(^o^)/

女神たちの参拝が終わったから、今日は店じまいなんですね(笑)

ちょうどのタイミングだったので、本当に大笑いしてました。

 
 
 
そうそう、ケーブルカーの山頂の駅は

ツバメが、いっぱい巣を作っていて、これまた縁起が良くて。

今日は、全てが都合よく行ってます。

  
ただ、ちょっとペースはゆっくりかな?

 
 

同じケーブルカーで、一度麓までもどります。

 

 
さて、ここからは、徒歩です。

九頭龍神社の、本社へ向かいます。

ここへは、毎月13日の、特別な日だけは船が出ているのですが

それ以外では、歩くよりほかはありません。

もちろん、それ前提で、みなさんにもお伝えしているのですが・・

  
ふと見ると

「九頭龍神社 ボート往復・片道」

っていう、看板があるではありませんか。

 
  
なんじゃらほい。

あ、でも片道だけでも、船で行ければ

楽ちんだし、なによりもしかしたら

九頭龍神社の、本来の湖側の鳥居から、お参りできるかも・・?

 
 
目に止まったのも、何かの縁。

みんなで話し合って、もし乗れるなら

チャレンジしてみることにしました。
 
 
 
そしたら・・

ちょっと待てば、2隻チャーターしたら、乗れるとな!

おお、せっかくだから、船チャーターしてみましょうか。
 
 
  
待っている間も楽しくて。

なんか、にゃーん、にゃおーんと聞こえてきたら


 
 
自販機の間から、黒猫ちゃんが(笑)

さすが、すこしの間も飽きさせてくれません。

可愛かったですよ。

 
 
なんて言っていたら、すぐにご案内のアナウンスが。

   

どんな船かと思ったら・・

 

おお、かっこいいモーターボートじゃん!

わたくし、西部警察かと思ったよ(古っ!)

大門軍団がのりこみそうな感じの。

(興奮して、写真撮り忘れた・・)

ほら、石原裕次郎とかが乗りそうな、あんなモーターボートですよ。
 
 

 
 
一隻(お客は)5名のりなので、

ちょうど2隻で9名。ぴったりです。

 
  
 
 
なんと!
 
これが、今日のいちばんの目玉になろうとは!!

 
 
もうね、めっちゃ爽快なんですよ!

結構スピードが出るし、音もちょうど爽快な感じで。

わくわくするクルージングなのですよ。
 
(写真が少ないのは、ずっとビデオにしてたから。)

今日いちばん、気分が盛り上がったのがここでした。
 
 
 

あーもうじれったい!

すごいスピードで水面をかっ飛ばすの、本当に爽快なんですよ。

映像で伝えたい!

 

貸し切りボートで、セレブ・エグゼクティブ気分なの!

もう一隻の方も、かっ飛ばしで追い抜いていくし、

みんなで手を振り合ったりしながら、もうね、バカンス状態。

海賊船や遊覧船からも、手を振られたりして。

スピード出てるから、風もすごく吹いて爽快で

(帽子は抑えていないと飛んでっちゃうくらい)

すっごく、気持ちよかったんです。
 
 

  

そしてそして・・

貸し切りで、九頭龍さまのとこへ

正式参拝=湖から、できちゃいましたよ!!

これは奇蹟だ!!

 
  
まさに、女神たちが

海から、降り立つのです!

 
  

 
これ、ほんとうにおすすめです!
 
 
 
 
 
そして無事、上陸です。
 


 
ちいさな、弁財天の祠にもお参りしつつ、

本殿へ向かいます。
 
 
 

 
九頭龍神社 本社。

 
しずかなこの神社も

今日は、たくさんの女神たちに参拝されて

どこか嬉しそうな気もします(笑)

あとやはり、ここは静かなのに奥に力強さというか

地力ともいうべきエネルギーを感じます。
 
 
 
 
そう、そしてここでね。

クロアゲハを見かけたんです。

  
わたくし、メッセージは羽根とかじゃなくて

いつも、チョウチョが運んでくれるのです。

開業した日は、見事なアゲハチョウが家で蛹から出てきてくれたり

要所要所で、飛んできます。

  
クロアゲハは、相当に霊的な蝶。神社とかでよく見ます。

今日は、霊的な日だしね・・って思ったら。

  

女神が

「せんせー、もしかしたら、黒、っていうの、キーワードなんじゃないですか?」

 

 
おお・・おお・・!

黒!

 
 
そう言えば。

さっき書いた、急遽買ったバッグは

黒革のカバンでした。

久しぶりに、ビジネスっぽいのも良いのかなと思って。男神だし。

 
そして、龍神の男神は、けっこう黒龍としても出てきますし

さっきの動物占いは黒豹。

しかもさっき、黒猫出てきたし。

そして、これでもかってクロアゲハ。

 
 
ああそうか、スマホが一瞬ブラックアウトしたのは

いま、ゴールドのスマホ使ってるから。

さっき、何色にしようかな、なんて悩んでいたけど

次はグレイかブラックのスマホにする必要がある。悩んでる場合じゃなかった(笑)

(あ!ブラックアウトか!黒だよね)

 
 
わたくし、服に関しては

これからも、明るめの服着ると想うんです。自分には黒は重いかも。

でも、だからこそ、アクセントで

カバンとか小物に、黒が必要になる。これからは。

だって、男神力のことも話していくんだもの。

なめられてはいけない 防御のために

(黒は、防御の色)シールドとして、必要なんだ。

  

はい、近いうちに(ほんとに壊れる前に)

黒いスマホに、買い替えます。はい。
 
  
 

さてさて、そんなこんなで 
  
公園内を、楽しみながら

最後に、近くの白龍神社へ参拝して・・

(こっちは女性のエネルギーです。

 まさに、黒の反対ですよね)

 
 
 

おお、今日のお参りは、すべて完了です!

おめでとうございます(*^^*)

 
  
ちょっとのんびり目でしたが

女神は金斗雲が助けてくれるのですね(笑)

いい感じの時間で、終了です。

 
 
 
ここからは歩きます。

湖をそのまま北上して、

小田急のロープウエーを目指します。

途中、お土産とかを買いながら、楽しく進みます。

 
  
すると。

ロープウエイ、終わってんじゃん!

 
 
5時までだったのですね・・

あ、でも大丈夫。バスはあります。

  
すぐのバスは、とっても混んでいたので

15分後に来るという、次のバスを待っていたら・・

 
 
ほぼ貸し切り。

もちろん、全員が座れます。

さっきの満員バスは、なんだったのか。

  
そして、このバスはそのまま、箱根湯本駅(特急始発)まで

みんなを運んでくれます。

これ、むしろ女神たちに、お疲れ様でしたっていう

ロールスロイス代わりの、粋なはからいだったのです。

最後の最後まで、なんというはからい・・

毎回感じるのですが

女神がたくさん集まると、本当にすべてが奇蹟に彩られるのですね。。

 
 
 

そして、そのまま今回はあまりここにとどまらず

スムーズに、帰りの特急に乗って帰りました。

 
  
 
 
 
 
本当に、最初から最後まで

とても楽しく、またとても気づきの多い旅でした。

なんかいも大受けして、笑いの多い旅でもありましたが

そしてやっぱり、奇蹟が起きた(笑)

むしろお約束になってますね。

 
 
  
 
今回も、本当に良い旅となりました。

お越しくださったか方、応援してくださった方、

本当に、ありがとうございました(*^^*)

 
  
またやりますね!

今度は、都内スピリチュアルツアーの予定です。

 
  
 
今日も。お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・・!

またね。
 

 
 

 
個人セッションメニュー
 


個人セッションのお申込みはこちら。

  



月の女神と狼の男神 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 11:07 PM

箱根神社~下見~探索 (後編)

癒師です。

いつも応援してくださって、本当に有難うございます\(^o^)/

まあ、一息ついていってくださいね。。

 
 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
  
  
 
 
さて、いよいよ後半です。

いまは、箱根園に居ます。

(○のついてるとこ)

これから、駒ケ岳ロープウエーに乗って

駒ケ岳山頂にある、箱根神社元社を目指します。

 
 
 
とってもお天気がきれいです。


 
 
ちなみに、この区間は

歩いていくことも出来るみたいですが

それだけで一日かかるので、ルートとしては入れません(^^ゞ

 
  
ゴンドラに揺れること9分・・・

山頂に降り立ちました。

 
 

あれが、箱根神社・元社です。

 
 
ここにはうっすら雪も積もっていて、

ちょっとぬかるむ中、注意深く山頂を目指して歩きます。

 
 
 
 

 
もともとは、箱根神社といえば、ここでした。

奈良時代に、現在の湖畔に社を降ろして

現在の箱根神社になっているそうです。

そして、いまでもちゃんと元社があって

きっと、エネルギーがここから、届いているんですね。。

 
 

ただ、今日は閉まってました。

平日は、神主さんが居ないんだそう。

(これも、現地で初めて知りました)

土日とイベント時には、開きますので

ツアーの日は、やっぱり土日ですね。。

 

 
平日ということもあり、人も多くなく

静かにしばらく、お祈りしてきました。
 
 

ここでは、なんとなく

仙人っぽい存在との会話になりましたが

達観した感じで、頑張れよ~みたいな話でしたが(笑)

あいや、その真意は、さっき箱根神社の龍神との対話のことを

言われたんだとわかります。

 
 
 
さて、ロープウエーは20分間隔。

山頂で、30分ほどお参りした後

同じ経路を辿って、山を降りていきます。

箱根園に戻ったころは、ちょうどお昼時。

(12:28)

 
 

ツアーなら、下から周るなら

ここでお昼が良さそうです。

 
 
ですが、今回はあくまで下見。

この三神社を巡ることができるか、

そしてほかのところへ行く余裕などはあるのか、

見定めに来ていますので

このまま、先へ進みます( ・`ω・´)

 
ここから、次の九頭龍神社へは

お祭りの時以外は、徒歩しかありません。

道の状態が、気になるところではありますが・・

 
 
 
 
 
おお、ここはすごくスムーズです。

アスファルトで舗装された車道で

しかも、基本的に歩行者のみ。

車は、管理車が一回だけ来ただけでした。

ちょっと、勾配はありましたが

とても歩きやすく、これなら安心です。

 
 
 
景色的にも、芦ノ湖が見える事が多く、いい感じです(*^^*)

 
 
そして、歩くこと20分・・・

ついに、九頭龍神社に到着しました!

(12:48着)

 

 
  
正確には、九頭龍公園というところの中にあるようです。

さっそく中に入りますが・・

  

な!お金かかるの!?

 
 
公園に入るのに、500円かかるとな・・・

いや、これは九頭龍さまの周りを整えるために

必要なんです。きっと。

 
 
公園内を数分あるきますと・・

ようやく着きました。九頭竜神社です!


 
 
こちらが九頭龍の元社になります。

箱根神社のほうは分社(あ、写真撮り忘れてた・・)

 
 
ちなみに、鳥居は湖からあって

船でお参りするのが、いちばん良いようですね。

 
 
 
とても人が少なく、ゆっくりお参りができました。

ここでは、あまり会話は無かったです。

  
ただ静かに、龍のエネルギーを感じてきました。 

 

 
 
さて、帰路につこうとしたら・・

もうひとつ、神社がありました。

同じ公園内にある、白龍神社です。

 
 
ここは、本当に静かな、離社といった趣ですが

今回のなかで、唯一、女性らしい波動を感じました。

白竜は、女性なのでしょうかね・・

 
 
 
 
さて、そんなこんなで。

九頭竜神社を後にして、

一路北上し、本来、最初に着くはずだった

(駒ケ岳とは別の)箱根ロープウエーがある

桃源台を、目指します。

(13:17発)
 

 
てくてくてく・・

道は先程と同じ、舗装された車道。

勾配はやはりありますが、歩きやすい道です。

 
 
そして、また20分ほどあるいたら・・

(写真がない!)ついた!

(13:43着)

 

 
・・と、おもったら。

 
 
あれ、港はあるけどロープウエーがない。

 
 
・・・

これ、地図には無い、隠し港か?

 
 
 

いいえ、ドラ○エではありません。

ちゃんと、他の地図にはあったのです。

 
わたくし、ずっと小田急のパンフレットを握りしめてきたのですが

これには、船は1航路しか書いてません。

そう、小田急の海賊船の航路だけ。

しかも、小田急の船は、途中の箱根園には止まらない。

 
 
この、隠し港・・ではなく、

湖尻(こじり)港。

伊豆箱根鉄道の、芦ノ湖遊覧船の発着場で、

ここから出る船なら、ちゃんと

真ん中の箱根園に寄ってくれるのですね。

 
 
まあ、これも現地に来たから分かること。

ちょうど、ターミナルでお土産もたくさんあったので

買ってから、再び北上していきます。

 
 
・・さすがに、お腹空いてきました(笑)

 
今日は平日で、おやすみのお店も少なくない中、

手打ちそば&漁師のお店、という看板に惹かれて

地元のお店で、昼食です(*^^*)

 
 
ワカサギ定食  約1,500円

 
芦ノ湖のワカサギ、本当に美味しい!!

あっさりしていて、塩でもレモンでも、ぱくぱく行けます!

 
 

 
ふと時計を見ると、ここで14時45分。

さすがに、たくさん歩きました。

 
 
この後、余裕があれば他のパワースポットとか、

あるいは美術館・・星の王子さまミュージアムとかも、

行ければ素敵だと想ったのですが

ツアーとして考えると、それぞれの参拝に

もう少し時間の余裕も必要ですし

歩くスピードも、結構早めでしたので

このツアーは、この3つの神社を参拝することのみを

基本とするほうが、良いみたいです。

時間と体力があれば、その時にということで・・

 
 
 
また、今回とは逆に

北から下っていくほうが良いようです。

あとで調べたら、バスでも湖の北へたどり着けました。

朝、体力があるうちに

ゼッタイあるかなきゃいけない、九頭龍神社へお参りして

真ん中の箱根→ロープウエーで箱根元社まで往復。

この時点でおそらくお昼。

そのまま、箱根園で昼食を取るか(ここはレジャーランド風になってます)

先に船で南の元箱根港(今回、バスで最初にたどり着いたところ)へ

移動してから、元箱根の地元のお店で昼食にして、

それから、箱根神社へお参りする。

その後は、バスで帰路についてもいいし、

船で北へ戻って、美術館に寄ってから帰ってもいいし。

 
 
このプランで行こうかなって、想います(*^^*)
 
 
 
さて、では帰路につきます。
 
 
 
 

まずは、何はともあれ

朝、止まっていた箱根ロープウエイは

今はめでたく動いていました。良かった。
 

 
 
 
こんどこそ、北から周るルートです。
 


 
 

途中、沿線にあるので、ちょっとだけ「煙」を観て
 


 
 

ここのお陰で、温泉もあるし、ロープウエーも止まったし(笑)

 
 

 
そのまま、もと来た線路に合流して、

帰路につきました。

 
 
ふう、箱根湯本についたころは、すっかり暗くなりました。

構内の喫茶店は、おもちゃがありました。


 

これから、新宿に向けて出発です(*^^*)

 
 
今回は、一人で下見旅でしたが、いかがでしたか?

結構、龍神・男性的なエネルギーを、わたくしは感じました。

女神ツアーという名前にはならなさそう(笑)
 

そして、もうすこし素直に書けば

優しい感じではなく、厳しさもあって、

やる気あるやつだけ、手伝ってやるぜ!みたいな雰囲気すら感じました。

もちろん、なにをもってやる気とかいうのは、千差万別だと想いますが

女性的な、包まれるような優しさよりは

切り開くような、進む力を後押ししてくれるエネルギーを感じました。

 
 
あと、経路も一回行ってみて、初めて身にしみてわかりましたので、

初めて行かれる方の、お役に立てれば幸いです。

もし、これから箱根神社を巡ってみたい方は

ぜひご参考に、なさってくださいね(*^^*)
 
  
 
 
PS

おみやげは、九頭龍カステラ。キンキラでした(笑)

 

 
 
 
 

 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から・・出会いに感謝!(*^^*)

またね。

 
 
 
 
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 10:17 PM

箱根神社~下見~探索  (前編)

ツインソウル・カウンセラーの癒師です。

いつもご声援くださって、本当に感謝です(*^^*)

まあ、ゆっくりしていってくださいね。。

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
  
 

さて、次のスピリチュアルスポットツアーのために

箱根神社に、下見を兼ねてお参りに行ってきました。

じつは、わたくし行くの初めてです(^^)

今回は、下見にまつわるエピソードも交えながらお伝えします。 
 
 
 
 
まず、箱根神社は、箱根の芦ノ湖のほとりにあります。

で、龍神にまつわることでも有名で。

そして、芦ノ湖のほかのほとりには

その龍神をお祀りしている、九頭龍神社と

山上にある、箱根神社の元宮へ

せっかくですので、訪れてみることにします。
 
 

そもそも、それらを一日でたどり着けるか、というのを調べるのも

今回の目的だったりします。

 
 
 

 
 
芦ノ湖の東側に、上から順に

九頭龍神社、箱根神社元宮、箱根神社です。

 
 
 

 
 
ワクワクしながら、新宿発の、朝イチの特急に乗って

まずは箱根湯本駅を目指します。

(7:00発)← 下見なので、資料がてら忘れずに書いておきます。
 
 
 
 

青いロマンスカーに載って・・早速写真撮り忘れた・・

 

これです。後で撮りなおしときました(笑)

まさに、下北沢で撮影しましたが

この時は、逆に

普段降りる下北沢を通過して、気分的には旅行ですね(*^^*)

 
 
 

 
 
ですが、

ここで・・汗たらたらの出来事が・・

 
いつも、わたくしがねぼすけの子供たちを朝 叩き起こすのですが、

一応、特急の中から電話したんですね。起きてるかどうか確認を。

居ないの知ってるから、さすがに目覚ましで起きただろうけど・・
 

 
・・・

・・・・・・

出ないΣ(゚Д゚)

 
結局そのまま、15分間、ベル鳴らしまくりで。

留守電になったら切ってまた鳴らして、28回(ストーカーかよ!)

ようやく起こすことに成功しました。

いや危なかった・・

  
 
それ以外はすこぶる順調に、

(いやあ、特急ってすごく心地良ですね!)

ゆうゆうと、箱根湯本駅に着きました。

(8:40着)
 
 
 

ここまでは小田急線。ここからは、同じ小田急でも

小田急登山鉄道に乗り換えます。

左の電車が、次に乗る方です。雰囲気はトロッコ風。

 
 
接続が良く、すぐ乗り換えが出来るけど、ここではお手洗い休憩も必要か・・

(参加は女性のみなので)とかってメモしながら、今回はすぐ乗り換えます。

(8:45発)
 
 

 
 
がたごと、がたごと。

マニアにはたまらない、スイッチバック方式の電車で

一気に勾配を登ります。

 
 
 
・・と、ここで思わぬ車内放送が。

 
「本日朝、ガスの濃度が濃いため

 この先の、ケーブルカーは運休です」

 
 
え・・・(゚д゚)!
 
 

箱根は、温泉がたくさんありますが

いわゆる地獄岳と呼ばれる、煙出す火山がありまして。
 
 

初めて知ったのですが、そのガスの濃度によっては

規制がかかって、山を乗り越えるロープウエーまで

動かなくなるんですね。

 
 

箱根神社のある、芦ノ湖へは

この後のケーブルカーに乗るのが王道。

これはどうしたものか・・

 
 
 
事前に集めておいた交通パンフレット見ながら

他の方法を探します。

 
 
 
 

(再掲) 
 

今回は、途中下車。

バスに乗り換えて、芦ノ湖を目指します。

(9:20ころに乗り換え)
 
 
 
 

さて、せっかくのぶらり途中下車の旅。
 
この駅の周辺地図に、ちょうど滝があるというので

徒歩10分を信じ、向かってみましたが・・

  
 
遠い!しかも急勾配&途中から砂利道。

 
ひいこら言いながらたどり着いたのは・・
 
 

 
 

景観・千条の滝。
 
そこまで高くはなく(身長よりは高いです)

横に広い感じて、とてもマイナスイオンが出て癒やされます。

素敵なスポットです(^^)

・・が、この後のことも考えると、ツアーには組み込めなさそうです。

 
 

 
さて、ここからはバス(写真撮り忘れた・・)

(9:51発)
 

ところで、バスは2社走っておりました。

わたくしは、小田急の箱根周辺フリーパスを買ったので

小田急バス(箱根バス)ならフリーですが

西武バスは、乗車拒否(というか、お金払わないといけない)

路線は同じですが、ここも要チェックでした。

 

 
 
なんだかんだて、
 
そして、違うルートで

芦ノ湖・元箱根に到着!

(10:12着)
 
 
 


 
すごいきれいですね。。。

 
 
 
 
元箱根は、芦ノ湖の南・この○印がバスの終着点です。
 
 

当初は、ロープウエイの終点である

芦ノ湖の北・桃源台から下るルートをと、考えていましたが

今回はこのまま、南側からのルートに変更です。

 
 
改めて、目標は3箇所。

南から、箱根神社・箱根神社元社・九頭龍神社。

 

 
いよいよ、ここからが本番です!

 
 
まずは、一番近い箱根神社へ。
 
 
 
 
(徒歩5分程度)

 

ここは、もともとは修験道などが盛んで、

(それはそうですよね・・昔は人里離れた奥地だったはず)

お祭りされているのは木花咲耶姫(コノハサクヤヒメ)もいらっしゃるようですが

わたくしには今回、龍神のエネルギーだけを感じました。

しかも、結構厳し目というか・・一般的な、優しい感じの神社では無さそうです。


 

本宮は、平日でも混み気味でありましたが 

新しく建てたらしい、横にある龍と鏡の社は、静かだったので

しばらくそこで、感じてみると・・

 
 

 
龍とお話ができました。

 

話の内容は・・男同士の話ということで。

なんか、普段の女神・弁財天の神社とは、えらい違いです。

包むような優しさは皆無。(もちろん、人によると思いますよ)

しかし今回は、龍神に気合を入れられました。本当に感謝です。

 
 
 
さて、その後併設された宝物殿に立ち寄ったり

休憩所で、お餅を頂いてすこしホッとしてから
 
(実際のツアーでも、ここで休憩を入れて良いですね)
 
 

次の目的地へ、出発です。

(11:00発)

 

 
 
 
 
 
ちなみに、芦ノ湖に沿った道に関しては

何故か、バスがとても少ないです。

船もあるのですが、持っていた地図が

小田急のもので、小田急の船しか載ってなく・・

 
 
  

この地図の、青のラインは知っていたのですが

別の会社の船が、赤のラインを走っていて

お互いに、お互いの路線は書いてないという・・

電車の路線図は、他社の路線もちゃんと書いてあるのに

これは参った。調べ不足(^^ゞ

 

実は、箱根神社系列は、月に一度例大祭があって

その時は、各神社を船で直接めぐることが出来るのは知ってたのですが、

先入観もあって、船が2社違う航路で出てるとは知らず・・

やはり、現地に行って、直接体験するのが一番ですね。

 

 
まあ、これは後から(後編に書きます)わかったことで、

これもご縁。歩かなきゃわからないこともあるのです。

というか、今回は歩く必要があったんだと言い聞かせて(笑)

 
 
 
 
ここから、駒ケ岳山頂にある、箱根神社の元社へ向かうべく
 
ロープウエーのある、箱根園へと、歩きはじめます。

 
 
 
うん、、、

結構道は悪い。

 
湖のほとりに沿って専用の歩道があり、一見ブロックで整備されているようですが

けっこうガタガタで、気を抜くと転びかねないレベルです。
 
 

眺めは、すごく良いんですよ。

だからちょっともったいない。

しかも、(幹線ではないですが)時々車道に出なければならず

歩道の無い山道車道を歩くと、

路線バスの旅の県境を歩く蛭子さんの心境がわかる(笑)

 
 
ここの区間に関しては、ツアーでは船のほうが良いかもしれませんね。

 
 
てくてく、てくてく30分以上。

ようやく、箱根園に、到着です。

(11:37着)
 
 
 
 
 
 
ここからは、駒ケ岳ロープウエーへ乗り込んで

いよいよ、山頂にある

箱根神社の、元宮へと、向かいます。

 
 
 

 
(つづきます)

 
 
 

 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝。。。!\(^o^)/

またね。

 
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: パワースポット — 楽 10:54 PM

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31