インナーチャイルドセッション(の、実演)

癒師です。

いつも本当にありがとうございます。

まあ、一息ついていってくださいね。。

 

 
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。. 
 

 
 
ヒプノセラピーで、実際に

一番たくさん行われる内容は

インナーチャイルドを癒すセッションです。

 
 
幼少期~おとなになるまでに

傷ついてしまった事があって

それが深いトラウマになってて(自覚ないことも多いです)

いま、何かがうまく行かなくなっているなら

その時の傷を癒やすために、記憶をたどっていくのです。

 
傷ついてしまった、内側の子供の自分を癒していく、

ヒプノセラピーを用いて、インナーチャイルドを癒していくセッションです。

 
 
 
ヒプノセラピーは、ご自身で体験していただくものです。

自分で体験をするからこそ、すごく癒やされたり開放できるのです。

 
ですが、はじめてだと、勇気が必要かもしれません。

じっさいのカウンセリングとどう違うのか、

受けていただければもちろん分かるのですが

言葉だけでは、うまく解説しにくい部分もあります。

 
 
で・・

今回、そんなヒプノセラピーを

実際に、公開することができました!

 
 
今年から、放送でお世話になっている

pastime TVさんと、

アシスタントとして出演してくださっている、さきさんが

クライアントさんとして、生放送で実践した

実際のインナーチャイルドセッションの、デモンストレーションです。

 
 
 
 
 
これ・・本当にぶっつけ本番だったのですよ。

事前カウンセリングのみ、放送で使えるネタかどうか

確認するために、少しだけ打ち合わせしましたが

ヒプノセラピーそのものは、練習もなく

本当に、ぶっつけ本番で行いました。

  
 
ですので、生まれて始めてヒプノセラピーを受ける方向けに

実際に行っている

軽い練習を挟むプロセスまで、まったく同じ。

 

 
そして、インナーチャイルドのセッションでは

(専門用語では、今回は主に、擬人化、とよばれる手法を用いて)

お父さんとの関係の、その根本の原因を探るために

探求を深めていきました。
 
 
 
 
 

 
 
全部で1時間強、ありますので

時間軸で、解説していきます。

 
 

まずは、事前カウンセリング。

(2:05~)

今回は、お父さんとの関係を

なんとかしたい、というテーマについて

探求していくことになりました。

高校生の時の出来事で(詳しくは映像を)喧嘩したまま

ずっと口きかなくなってしまったのだけれど

なんとかしたい、ということでした。

(実際は、もっともっとお話を伺いながら、テーマ決めていきます

 あと、事前カウンセリングは普通のソファーで、

 お茶飲みながら、対面で行っています)

 
  
 
 
 

そして、いよいよヒプノセラピー。

ここから、本来のセッションでも

映像と同じ、リクライニングチェアーを使って進めていきます。
 
  
 
 

 
ゆっくりと、ヒプノセラピーの

ヒプノーシス(催眠)に誘導していきます。

といっても、実際は意識がちゃんとあります。

脳波的には、催眠というよりは瞑想です。

(10:30~)

 
 
ヒプノセラピーが全く初めての方は

練習を少しします。

(12:50~)

ここで、リラックスできる場所に、誘導していくと

彼女(の実家)が、お引越しする前の

昔のお家が出てきました。

ここは、場合によって今の自分の部屋のこともあれば

自然のなかや海岸などのこともあります。

 
そして、いよいよ

お父さんとの問題について、探求して開放させていきます。

(19:40~)
 
 
 
 

最初、記憶としては高校生の時の、親からの心無い言葉で

傷ついてしまって、口を利かなくなってしまったというお話なので

デモンストレーションということもあるので

まずはとっかかりとして、(無難に)高校生のときを癒やすことからはじめようかな・・

・・って思っていましたら、
 
 
 

 
 
3歳くらいの、本当に小さい彼女が

根本の原因として、出てきてくれました。

(21:10~)

傷ついた、(今日)一番助けなきゃいけないインナーチャイルドは

2~3歳の時の彼女だったんです。
 
 
 

 
うん、デモじゃなく本当のセッションになった(笑)

そう、これがヒプノセラピーです。

ぜったいに記憶に無い何かが出てくる、というわけではありませんが

今回は、本人の(少なくとも表面の)記憶にはない、奥底の部分を

癒していくプロセス、その扉が開いたのです。

 
 

 
 
 

 
 
迎え入れて、まずは大人の彼女が抱きしめて

インナーチャイルドを安心させてあげます。

 
 
 
もう、この時点から

彼女は、感情が動いてきていました。

必ず涙しなければいけない、ということではないのです。

静かに感じていく方もいれば、すごく感情が溢れていく方もいます。

 
もし、感情が溢れてきたら

素直に、流していただきます。

涙は、それだけで素晴らしい浄化と開放のチカラがあるのです。

 
 

 
そして、お話をしていきます。

何があったの・・?って。

 
ここで、インナーチャイルドが答えてくれたのは

お父さんの帰りが、遅いこと。

この子は、寂しかったのです。

 
そして、
 
そのまま、父親にも、出てきてもらいます。

(24:40~)

 
 
そして、やり取りを始めたとき

彼女が涙して、感情浄化が始まりました。

(25:40~)
 
 

 
ここで、わかってきたのは

小さいころ、彼女はお父さんのことが大好きだったこと。

いつも遊びたかったこと。

でも、お仕事があるので、いつもは一緒にいられなかった。

大好きなお父さん、どうしていないの?

純粋な子供のころ、すごく好きだった父親が忙しくて留守にしがちだったことが

とても寂しさとして、残ってしまっていたのです。

 
また、彼女はエンパスで、優しくてなかなかストレートに

寂しいとか言えなかった。父親に対して気遣いすぎていたし

我儘言って、嫌われるのも怖かった。
 
お仕事が忙しいことも理解していて、だから言えなかった。

 
 
この子は、お父さんが忙しいことに傷ついていたのではなく

寂しい気持ちを、お父さんにわかってほしかった。

その寂しさが、ずっと残っていたのです。
 
 
いずれ大きくなって、そんな思い出は遠い記憶の中に

しまわれていて、もう終わっていたはず・・なのに

実は、ずっと残っていた。

この時のインナーチャイルドは、まだ泣いていた。

 
 
それが、思春期の時に、この記憶と感情が、また出てきた。

この喧嘩(事前カウンセリングのお話)は

実は、お互いに、相手に対して「自分の気持分かってよ」と

言い合っていたのです。

高校生の時の出来事は、古傷の傷口が開く

単なる引き金に過ぎなかったんですね。
 
 

そして・・練習の時に出てきた

昔の実家、これはすでに

3歳のインナーチャイルドが出てくることを

暗示していたのです。(なんというフラグ)

 

 
 
 

 
この流れのまま、
 
インナーチャイルドを癒すセッションを

進めていきました。

 
このインナーチャイルドの気持ちを

父親に伝えてから
 
話の流れで、

(28:30~)

お父さんと3歳の彼女(インナーチャイルド)が

遊園地で遊びました。

しっかり、大人の彼女本人にも、見守って味わってもらいました。

 

 
 
そして、心をより開放させるため

よりたくさん、父親(の魂)と、お話をして

(32:15~)

気持ちを吐き出していきます。

 

 
 
魂同士で、しかも大人の、今の彼女が

小さい時の彼女を守りながらやり取りをしていくことで

インナーチャイルドが、安心していくのです。(そのように持って行きます)

そして、大人の彼女も、子供の彼女も

言いたいことを、このヒプノセラピーのセッションの中で、

ちゃんと伝える、あるいは気持ちを吐き出すことで

すごく心が、軽くなるのです。

 

 
 
その後、インナーチャイルドが回復したのが確認できたら

親には、退出してもらいます。

そして、インナーチャイルドと統合します。

(34:10~)

まるごと、ピュアな小さい彼女本人が、体の中に

入ってくると、とてもエネルギーが整うのです。

 
 
 
 
ここまでで、一区切りです。

 
 
 
さて、今回は

事前に話が出いた、高校生の彼女も

改めて、助けに行くことにします。

(実際のセッションでも、必要に応じて

 複数のインナーチャイルドを、癒していきます)

  
 

ちょこっとだけ、前半の総括をしてから
 
今度は、こちらから直接、

高校生当時の、その現場へと、足を踏み入れていくことにしました。
 
(36:30~)

 

喧嘩した直後くらいの、彼女と父親がそこには居ました。

二人の表情を読み取ってから

高校生の彼女を、大人の彼女が抱きしめます。

(37:50~)

 
 
そのあと、大人の彼女がメインとなって

父親とやり取りをしていきます。

さっきの、3歳の時の父親とは打って変わって

この父親は、なかなか頑固で、説得に手間取ります。

 
 
で、父親がイライラしている本当の原因を探って

ようやく、解決の糸口を見つけていきます。

(45:30~)

 
 
そして、ここでも父親に対して

言いたいこと、言えなかったことをしっかり伝えます。

(48:10~)

大人の彼女、高校生の彼女の順番で

言いたいこと、吐き出したいことを、伝えて行きます。

 
 
そして、言い終わったら

エネルギーを、整えていきます。
  
(50:15~)
 
 
 
 
 

傷つけられてしまったり、親からの影響があると

特に小さい時は、エネルギーとしても受けてしまっています。

このマイナスのエネルギー、ちゃんと返していきます。

自分のエネルギーと、親のエネルギーを分けていくのです。

 
 
分けた後、今度は、もし親にエネルギーを奪われていたなら

今度は、自分に(ここでは彼女ですね)取り戻していきます。

(52:45~)

エネルギー的にも、自分自身を取り戻していくのです。
 
 
 
 

この一連のエネルギーワーク、実際に体験していただくと

驚くくらい、しっかいり感じられる方が、多いのです。

(このとき、ヒーリングのエネルギーで、癒師もお手伝いしています)
 
 

※ 前半、エネルギーワークを省略したのは

  デモで緊張していた
   
  遊園地で十分に癒されているのが見えたので

  3歳の彼女がいい気分のまま、統合しました。
 
 
 
 
 
ここ大事です。思い出すだけでは癒えないことも多くて、

ちゃんと、気持ちをはき出して、納得することと、

エネルギーを整えて、しっかり浄化していくことで

はじめて、インナーチャイルドがしっかり、一回で、癒やされるのです。

そしてもちろん、大人の彼女も癒やされます。
 
 

 
  
 
 

そのあと、統合のプロセスに入っていきます。

(56:00~)

父親を退出させてから、高校生の彼女と

おせんべい食べたり、リラックスして楽しんでから

大人の彼女の中に、小さいインナーチャイルドが、統合されていきます。

ここでも、すごくエネルギーを体感していただけます。

 
 
 
これで、今回出てきた

インナーチャイルドを、癒し、回復させ、統合する

一連のインナーチャイルドセッションが、終わります。

 
 
 
ヒプノセラピーを終える前(目覚める前)に、

よりしっかりエネルギーを、高めていきます。

天界、天使たちのいる世界から

しっかりエネルギーを受け取っていきます。
 
(58:20~)

これは、厳密にはインナーチャイルドワークではありませんが

いつも、セッションを終了していく前に

効果をしっかり高めるため、行っています。

 
 
 
そして、しっかりエネルギーを定着させてから

いま、ここへと、戻ってきます。

ヒプノセラピーのセッションが終了し、目が覚めていきます。

(1:00:00~)

 

 
 
 
この後、事後カウンセリングに入ります。

(1:01:50~)

※ 実際には、落ち着いてからソファーに移動していただいて

  またお茶を飲みながら、お話します。
 
 
 
 
 
終わりましたね!!

効果があって、本当に良かったです(^^)

おお、わたくし、さきさんが目覚めてから

思いっきりふうーーーーってしてる(笑)

セッション中は、さきさんのみに集中して進めていましたが

今見返すと、生放送、さすがにちょっと緊張してましたね。
 
 

 
さきさん、本当にオープンに、勇気を持って

心をさらけ出して、セッション受けてくださいました。

本当に、ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

 
本当に理想的な、インナーチャイルドのセッションとなりました。

多くの方の参考と、そして受ける勇気に繋がると確信しています。

 
 
 
しばらく、さきさんとの回では

ヒプノセラピーを、いろんな手法別・テーマ別に

披露していきますね。

ぜひ、期待してくださいね\(^o^)/

 
 
 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとう。

心から、出会いに感謝・・!

またね。。 

 
 

 
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: インナーチャイルド,ヒプノセラピー — 楽 9:49 PM

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31