黙祷と祈り

希望の癒師です。

今日も本当にありがとうございます。

まあ、ゆっくりしていってくださいね・・

 
 
 
昨日、子供の学校の

保護者会へ参加した時にね、、

 
 
まずは、全体で集まったのですけれど

校長先生がね、黙祷しましょう、と。

 
 
ちょうど、この日は3.11の日。

そして、ちょうど保護者会が始まって

すぐの時間が、その時間だったのです。

 
 
すでに下校した子どもたちは

朝に、黙祷を済ませたのだけれど

どうか、ご家庭でお話をするためにも

一緒に、祈ってくださいと。

 

 
 
保護者の皆さんも納得して

しばらく、静寂の中で

黙祷を捧げました。

 
 

 
 
  
その時間ね、

ふと、

ああ、これも祈りだよな・・

って、想ったんです。

 
 
祈りのシリーズ、しばらく書いていて

何やってんだ、これ書いてなかったって。

 
 
 
人が、全体で黙祷をするときは

たとえば、戦勝集結の日や、原爆の落ちた日に

犠牲になった人々のために、捧げます。

しかし、それは遠い昔の話にもなっています。

なので、人によっては

形式的、儀式的なものとして捉える人も少なく無いと想います。

わたくし、小さい時はぜんぜん身近には想ってませんでした。

 
 
ですが、この3.11は、とても近くの出来事。

沢山の悲しい出来事がおきましたが、

語弊を恐れずに言えば、災いがとても身近に感じられて

他人事ではない、自分事として、命を思うきっかけともなった出来事。

 
 
 
黙祷を捧げる人々は、真剣な人が多く感じます。

そして、今回もそうでした。

とても静かな中で、みなさんがそれぞれの想いの中で

黙祷の時間を、過ごしている。

 

 
 
これは。。。

本当に、とても素晴らしいことなのではないかと、想うのです。

 
 
祈りは、波動です。

波動は、とても繊細なものですが

確実に、周りを同じ波長にさせて

とても大きく広がります。

 
 
アメリカの、ある調査によれば

治安の良い州ほど、祈りやヨガを行う人の割合が

多いことがわかっています。
 
 
 
祈りは、世界をも変えるのです。

 
 
これは、単に穏やかな人が多いから

穏やかに過ごせる余裕のある人が多いから、

とも捉えることが出来ますが 、

 
では、なぜ祈りやヨガをする人が

多くなってるのか?

趣味は他にもたくさんあるはず。

 
 
そう、

影響を受ける人が増えて

その良い影響を受けた人が

また周りを感化していく

 
 
良い連鎖が、起きているからなのです。

 
 
 
私達は、まだまだ成長の途中なのかもしれないし

あるいは、もうこの世は十分なのかもしれないけれど

 
 
 
できれば、良い連鎖をつなげる方に居たい。

 
 
そんなことを、震災に、亡くなった魂に祈りをはせながら

黙祷中に、感じました。

 
 
kamiiso 
  
 
色んな所で行われているであろう、

この黙祷の瞬間の力が

日本を、幸せで平穏な方へ導く力につながりますように。

 
 
 
 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね・・

心から、出会いに感謝!

またね。。

 
 

 
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: スピリチュアル,祈り — 楽 11:10 PM

祈りについて(その7)想いは通じていく

癒師です。

いつも本当にありがとうございます。

まあ、一息ついって行ってくださいね・・

 
 
 
 
祈りについて、たくさん書いてきましたが

シリーズの最後に、わたくし自身の体験を

書いていきたいと想います。

 
 
 
 
仏の祈りのところで書いたとおり

オフィスの浄化のために、開業まもなくから

祈りはじめたわけですが

 
オフィスに来るたびに、浄化したり祈ったりで

振り返ってみれば、8年間ものあいだ

事あるごとに、祈り続けてきたわけです。

 
 
 
長年の習慣で、一番継続出来てたかも(笑)

 
 
 

 
じゃあ、祈ってて本当に効果があったのか?

 
 

それは・・

祈ってない8年間が、どんなのかはわからないので

比べようもありません(汗)

 
 

でもね。

 
 
8年間、オフィスでお仕事を続けることが出来てます。

部屋の浄化は、当時よりもっと進んで

すごく心地よくなっています。

ワークショップの会場は、他で借りずに

オフィスのほうが評判いいくらいです。

 
祈ることで自分の浄化が進んで

神秘体験も、チャネリングなどもできるようになりました。

体感覚派なんですけど、天使や仏たちの波動を感じられるようにもなりました。

 
 
天界や宇宙とつながりやすくなりました。

新しい出会いが、たくさんたくさん出来ました。

何度も危機的状況があったけど

何度も乗り越えることが出来ました。
 

びっくりするくらいミラクルな引き寄せが出来ました。

(最たるものは・・10年来の夢、ワイズ博士にセッションしてもらって積年のお礼が言えました

そして今、祈りについて書くことができています。

 
 
 
書ききれないくらい、守られた経験を重ねてきました。

 
 
 
これは、やっぱり

祈りの効果です。

  
なーんだ、

めちゃ効果、出てましたね!
 
 
 
 
書いてて感動しちゃいました(T_T)

 
 
  
その感動できるハートを、ちゃんと浄化して

感じられるようにしてくれたのも、

わたくしの場合は、祈ったおかげ。

 
 
 
 

 
純粋な気持ちで祈ると

いろんな存在から、サポート受けられます。

 
 
なので、祈りを信じて欲しいです。

 
 

 
 
しんみり祈るのが好きな人もいれば

かるーく、「よ、頼むよ!」ってお願いするのが好きな人もいます。

もちろん、それは心が望むまんまでいいい。

 
 
 
祈る先に、その相手がいると

当たり前のように、思うこと、感じること。

 
 
見えない存在を信じること、確信すること。

 
 
 
祈りの本当の真髄は、そこなのかもしれません。

 
 
 
 
 
 
あなたも、あなたの信じられる存在に

想いをはせて、祈ってみませんか?

 
 

そのピュアな想いは、必ず届きます。

一番よいタイミングで、

見えざる神の御手によって

思いがけない形で、プレゼントが必ず来ます。

 
 
 
その想いを

祈りに込めて、上へ届けてくださいね・・!

 
todokimasuyouni 
 
 

今日も、お話に付き合ってくれてありがとう(^^)/

心から、出会いに感謝・・!

またね。。
 

 
 
 

 

 
 
※ ワンドさんのフェザー・オブ・エンジェル アチューメント【平日開催・無期限フォロー】 3月18日(金)

  次回、募集開始します。
 
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

Filed under: 祈り — 楽 8:03 PM

祈りについて(その6)自然との調和

癒師です。

いつも本当にありがとうございます。

まあ、一息ついっていってくださいね・・

 
 
 
 
 
今回はね、もっと古い時代について・・

これは、広い意味での世界中でもあり

日本にも共通することもあります。

 
 
 
今のように、都会が出来たのは

長い歴史から見ると、ここ最近。

 
 
昔は、街があったとしても

自然のほうがもっと身近にありました。
 

 
 
そして、神殿とか聖地とかは

ほとんどは、自然の中にありました。
 
 
 
日本の場合は

かつて、自然の中にあった神社や、あるいは道祖神などの塚が

街が広がって、街の中に溶け込んだ感じで。
 

ヨーロッパでは、街の中に最初から教会を建てた、という表現が

近いかもしれません。
 
 
 
でも、ヨーロッパでも

もっと古い時代は、山の上とかに神殿がありました。

アテネとかもそうです。

ケルト十字が聖なる紋章だった時代も

自然の中に、聖域を作っていました。

イギリスとかに残っていますが

自然と、調和しながら、

うまく力を分けてもらっていたのです。

 
keruto
 

 
 
それは、さっきもお話した

日本の神社も同じ。

必ず、イヤシロチと呼ばれるパワースポットを

感覚のある人が見つけて、そこに社を建てたのです。

 

 

 
そして、それらの神殿や聖地では

必ず、祈りがありました。
 
 
 
祈り方や踊り方、あるいは捧げ方は

その時代、その地域によってまちまちですが

自然の中で、というのは共通しています。

 
 
考えてみれば

宇宙だって、自然だし

人間だって、自然だし

また、転生だってスピリチュアルだって

まったくもって、自然なこと。

 
英語でも

自然のネイチャーと

自然体のナチュラルは、スペルがほとんど一緒。
 
 
 
 
祈るときは、自分だけの力じゃなく

自然の力をともに祈って

自然の中で自然に踊って

自然と一体化し、宇宙と一体化し

神と一体化して、その感覚を味わっていたのです。
 
 

それは、本当に喜びの時。

魂が、それぞれの故郷と繋がる瞬間なのです。

  
woman-591576_1920
 

山の上、森のなか、海辺のほとり。

いつも人は、自然の中で、祈り、踊っていたのです。

 
 
 

 

なので、日本の神社は

今の時代にも、それを伝えてくれていて

とても素敵なんですね(*^^*)

最初に、神社で心地よく祈るつもりになって・・って

お話したのも、ここなんです。

 
 
 
 
祈ることは

特別なことではなく

とても、自然なことだったんです。
 
 
 
 
 
そう、
 
人にとって、祈りは自然な営み。
 

 
 
 
そして、
 
まわりの、自然との調和と

自分の内側の、自然な自分との調和が

祈りの、真髄なのかもしれませんね。

 
 
 
  
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね(*^^*)

心から・・出会いに感謝!!

またね。。。

 
 
 
(あと少し続きます)

 

 

 
 

 

 

 

今年はいろんなワークショップ、好評開催中ですよ(笑)

 

初開催! 脳幹を活性化させるワーク「動」編 2月28日(日) いよいよ明後日!
 
なんか、動編は不思議とまだ少ないんで、祈りの話聞きたい方も来ていただければ、質問にたくさん答えますよ(笑)
 
・・と思ったら、あと少しとなりました!ありがとうございます(*^^*)
 
 

 
ワンドさんのフェザー・オブ・エンジェル アチューメント【平日開催・無期限フォロー】 3月18日(金)

まもなく募集開始します。
 
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ 

Filed under: 祈り — 楽 9:23 AM

祈りについて(その5)受け取る器

癒師です。

いつも本当にありがとうございます。

まあ、一息ついていってくださいね・・

 
 
 
 
西洋的、といっても

本当は、まったく一概には言えないのです。
 

もともと、西洋も多神教でした。

アポロンの神々、ギリシャ神話とか

日本の八百万の神のように、たくさんの性格・男女の神がいて

いろんな人間的・・というか、はちゃめちゃもある・・な伝説もあります。

十字架も、ケルト十字のほうが、じつははるかに古いのです。

 
 
 
 
で、まずは今回は

キリスト教的なイメージでの

近代の西洋的な祈り、についてが

テーマです。

 
 
キリスト教の祈りのイメージって

ステンドグラスの、美しい光の教会の中で

かしずいて、頭を垂れて

敬遠に、静かに祈りを捧げる・・

そんな感じは、ありませんか?

 
 
キリスト教にも、沢山の宗派があって

ステンドグラスの建物とか、パイプオルガンの荘厳な音楽で

伝統的とされるカトリックと

もっと牧歌的な、そして黒人霊歌(ゴスペル)の近代的な音楽に代表される

プロテスタント。

 
そして、この教えに 

共通しているのは、

主従が、はっきりしていること。

 
人間側が、神様にお願いをして

助けを、受け取る。

 
 
語弊を恐れずに言えば
 
自分からは悟らない、ということ。

 
 
これはね

祈る時の、手の形に

はっきりと現れています。

  

キリストに祈るときは

手を、組みます。

指先は、結果として下を向く。

 
 
これは、受け取るだけのサイン。

 
 
 
一方、仏教、そしてヨガのポーズなどでは

手を、合わせます。そして指先は上へ向ける。
 
(合掌、ですね)
 
 
これは、自分から積極的に

上へと繋がる意志のあるサイン。

 
 
 
キリストへの祈りは

助かるための、祝福を受けるための

準備だとされています。

 
 
人は、器であり

神によって、精霊の注ぎがあって

はじめて満たされる。 

 
祈ることによって、

人間側の準備ができる。

 
器は、中身がつまっていると

注がれないから、綺麗にしなきゃいけない。

 
実は、祈ることが

浄化につながってもいるのです。

 
 
そして、ある程度洗われてきたら

とっても、受け取りやすくなるんです。
 

祈った時に、エネルギーや波動も、

とても感じやすく、受け取りやすくなります。

そして、幸せも、引き寄せまでもが。
 
  
 
 
また、引っ込み思案な東洋人より

前へ出ることが得意な西洋人には

暴走しないように、頭を垂れる方の教えが

広まったのも、ある意味では道理で。

 
 
そのあたりのことにも、目を向けて

表面の教えではなく、奥底のところ

一番大切なところで感じられれば

とても、素敵なエネルギーと繋がることが出来ます。
 
 
 
 
キリストや天使たちに祈るときは

結構、感情が大切だと想います。

目を閉じて、静かに呼吸や想いを感じながら

天使たちがいる世界に思いを馳せて

心で繋がる感じだと、とても答えてくれます。
 
 
 
繋がる感じ、または降りてきてくれる感じ、でしょうか

一体化かもしれないし、光が降り注ぐ感じかもしれない。

それは、もちろん人によって違いますし、最初はイメージだけでも良いのです。

 
繰り返し静かに祈ることによって

だんだん、心が落ち着いてきて

聖書で言えば、器が洗われて

体の感覚で、味わうことができるようになってきます。

 
 

 
 
また本来、天使たちは言葉も豊か。

天使の語源は、古代ギリシャ語で「伝令、使い」

チャネリングで天使が出てくることが多いのも、このためかもしれませんね。

 
 
そして、エネルギーもとっても豊かです。

わたくしの体感覚では

キリストやマリアへ祈ると

暖かく満たされるエネルギーでいっぱいになります。

 

天使たちも、それぞれカラーがあって

わたくしたちの持つ翼を、しっかり強くしてくれます。

 
 
  
キリストやマリア・天使たちに祈るときは

心を大切にしながら、祈ってみてください。

暖かいエネルギーを、あなたも受け取ることが

必ず、できるようになりますからね・・・!

 

 
 
kyoukai03
 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとう・・!

心から、出会いに感謝ですよ\(^o^)/

またね・・・

(このテーマ、もうちょっと続けます)

 
 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

今年はいろんなワークショップ、好評開催中ですよ(笑)

いよいよ明後日

ワンドさんのフェザー・オブ・エンジェル アチューメント【平日開催・無期限フォロー】 2月25日(木)

※ リクエストが有りまして、3月18日(金)にも行います。また募集いたします。

 

初開催! 脳幹を活性化させるワーク「動」編 2月28日(日) まだ空いてますよ!
 
なんか、動編は不思議とまだ少ないんで、祈りの話聞きたい方も来ていただければ、質問にたくさん答えますよ(笑)
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: 祈り — 楽 9:44 PM

祈りについて(その4-2)悟りには丹田が必要らしい

癒師です。

いつも本当にありがとうございます。

まあ、一息ついていってくださいね・・

 

 
 
 
その4の追記っぽい感じで

書き足したいことがあります。

 
 
前回、コメントいただいたんですが

頭頂部(クラウンチャクラ)が開放されたり

特定のところが活性化されたり、これまでにない感覚になった時

どうすれば、慌てずにいられるか・・

 
祈りについて学ぶと、多くの人が

感覚変わったり、能力開いたり、

究極、悟りの境地に届くかもしれません。

 
 
で、大切なのは

振り回されないことと、

安全に、安定して感覚を広げていくこと

です。

 
 
 
で、とくに仏教系の祈りや悟りで

大切なのは、丹田と言われています。

ここ、もうすこしお話します。

 
 
~ ~ ~

 
 
以前、とあるお寺に座禅をくみに行った時。

そのお寺は、禅宗のお坊さんがおられるのですが(まあ座禅ですから)

とっても小さいお寺でして、しかも

この葬式仏教の世の中で、なんと檀家がいない!

 
どうやって食べてるのかというと

総本山みたいなでっかいお寺に、座禅を教えに行っているという・・

とにかく、悟りが深い人、といわれるお坊さん。

 
 
一番最初、座禅のレクチャーを受けたのですが

その時の呼吸法の説明がすごくて。

 
 
単に書いてしまえば

呼吸をするたびに

1、2、3、・・と、数えていくのですが

  
その息の吐き方、数える時の声が半端無くて。

 

めちゃ深い呼吸と、低く太い声でね。

(おもいっきり吸って)

「いいいいーーーーーーちいいいぃぃぃぃーーーーーーーーーーーーー」

(またおもいっきり吸って)

「にいいいいいいいーーーーーーいいいいぃぃぃぃぃーーーーーーー」

(またまためいいっぱい吸って)

「さあああああああーーーーーーんんんんんんーーーーーーーーーーーーーーーーー」

それだけで圧倒されるような低音でね。文章じゃ伝えきれないかも。。。

叫んでるのとは全然違くて、めちゃめちゃエアーが出ている太い声(というか音)

 
 
すごく男性的だし、その呼吸だけで

なんか出てきそうな感じでね。

 
 
で、そのお坊さんが言ってたんです。

丹田鍛えないと、悟れないって。

 
禅宗の坊主でも、100人に一人もいない。

丹田しっかりしてないと、瞑想中にふらふらしたり

いろんなのに振り回されて、本当に深いところ行き着くには

すごい丹田が必要なんだ、と。

 
 
その方の禅問答も、また面白かったのですが、それはまた別の話で(笑)

 
 
 

さてさて。
 

 

また一方、丹田については

亡くなった師匠(密教系のお坊さんで気功の先生で霊能者)からも

丹田、大切に育てろといわれました。

 
 
前回も書いたけれど

本気で、邪気祓うには、

丹田を鍛えて、マントラにエネルギーを込めて

気で祓うんだと。

念仏を唱える時も、印を切るときも同じだと。

 
 
非力な状態で、中途半端に首を突っ込むと

危ないからねって、何回も言われてました。

だから本気で唱えなさいと。

 
 
 
生徒さんには何回もレクチャーしてお見せしてますが(あと実際のセッションでも)

丹田から唱えるマントラって、エネルギー強いじゃないですか。

これなんですよ。理屈じゃなくって。

 
 
 
また、気功の方でも、

丹田といえば、普通はおへその下の、お腹にある丹田。

でも実は、丹田は3箇所あるんです。

お腹の丹田は、下丹田。

胸のあたりに、中丹田。

そして、頭より上、第8チャクラにあるのが、上丹田。

そう、上丹田は、もはや体の外にある。

 
 
そして、上丹田は危ないから、普通は鍛えない。

鍛え方も教えてくれない。

生前に、一回だけ、一つの方法だけ習ったことがありますが

ぜったいにやり過ぎないこと、へたに教えないこと、と念を押されました。

 
 
その時は合宿だったのですが、繊細なある人は

その場で倒れちゃったくらい、危なかった。

わたくしも、それ以来殆どやってません。

 
そして、能力を開くことだけに集中して

なんか、おかしくなっちゃった人を、師匠は何人も見たそうで

自分も能力開いた時、すごく怖かったと話していました。

なので、振り回されないほうが大事だと。

 

 
丹田は、あくまで安定させるために強くするものなので

下丹田を、強くする。

能力を開くためじゃなく、振り回されなくするために気を練る。

 
 
そして、これはわたくし何回も話していますが

安定させる方向とか、心を癒やして楽になる方を

先に行うほうが、結果として

後から安定しながら、能力開いていくんです。

 
 

能力後付けのわたくしが、わりと安全に能力開いていったのは

気功とかエンパスオフの方法を、さきに実践できたから。

 

 
準備ができてから、上とつながったり直感を開く。

その準備は、エネルギーの安定なんです。

 

 
 
 
丹田が分かってるると、グラウンディングの力が強くなります。

また、天使系・妖精系の方は、グラウンディングすること自体が苦しくなる人もいますので

センタリングであったり、背中や足の翼を思いっきり活性化させることで(これ最近気づきました)

安定して地球で存在できるようになります。

 
 
すると、安心してチャネリングできる。

 
 
 
~ ~ ~ 
 
 
 

 
祈りとは一見、ずれているように思うかもしれませんが

この話も、必要な人きっといると想います。

 
まず、普通に祈ってみて

心地よかったり、心が楽になれば

もちろん、それでOK!

 
そして、感覚が変わってきたら

今度は、安定させることもすこし気にかけてください。

 
 

祈ることで、本当に天と繋がることができるので

せっかくですから、自分自身の心や体が楽になるように、

そして、安定して繋がることができるように

丹田やグラウンディング、センタリングにも

意識を向けてみてください。

 
 
特に、祈りを通じて

感覚が変わったり、開いた時には。

 
otera 
 
 
 
 
直接お話しできれば、もっとお伝えすることができるのですが・・

文章では、とりとめのない感じになってしまったかもしれませんが

真意が伝われば幸いです。
 
 
 
 
 
次回は、西洋系の祈りについて書きますね。

 
 
 

今日も、お話に付き合ってくれて本当にありがとう(*´ω`*)

心から、出会いに感謝・・!!

またね。

 
 

 

 

 

今年はいろんなワークショップ、好評開催中ですよ(笑)

ワンドさんのフェザー・オブ・エンジェル アチューメント【平日開催・無期限フォロー】 2月25日(木)

※ リクエストが有りまして、3月18日(金)にも行います。また募集いたします。

 

初開催! 脳幹を活性化させるワーク「動」編 2月28日(日) まだ空いてますよ!
 
なんか、動編は不思議とまだ少ないんで、祈りの話聞きたい方も来ていただければ、質問にたくさん答えますよ(笑)
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: 祈り — 楽 11:19 PM

祈りについて(その4)お経の響き

癒師です。

いつも本当にありがとうございます!

まあ、ゆっくり見ていってくださいね・・

 
 
 
 
今回は、仏さまに関する祈りについてです。

 
 
仏に祈るときは

普通(といえばいいのか?)

念仏を唱えます。

いわゆる、お経、というものですね。

 

お経が、これがまたたくさんあって

わたくし、お坊さんでもないので

正直、全ては知らないです。
 
 

また、
 
仏教は、日本だけでも

すごくたくさんの宗派があって

それぞれに、重視する念仏やマントラがあります。

 
それに、禅宗(座禅を組み瞑想することによって、仏に近づくことを第一とする宗派)では

お経はそれほどは重視しないのかもしれません。

 
 
 
  
さて、仏にいのる方法は

個人的には、男性的な感じがしています。

観音菩薩とか、母性的な仏様ももちろんおられますが

多くは男性的な存在として、いろんな仏が描かれています。

 
 
そして、仏に祈るときには

お経の「響き」にこそ、ヒントが隠されていると

感じています。
 

 
なぜ、それが分かったかというと・・

 
 
わたくしが

仏に祈るようになった・・というか、

祈り方を本気で覚えざるを得なかったから。

 
 
 
わたくしが下北沢で開業してまもなく、

邪気にやられて、うげえーーってなってしまったことがあって(^_^;)

その時、もう天国にいるお師匠さん(気功の師でもあり、霊能者でもあり、お坊さんでもありました)に

邪気祓いの方法と、仏への祈り方を教わったんです。

 
そのとき、師匠にクギをさされましてね。

「いいかい、お経を唱えるときは、本気で唱えるんだ。

 下手に中途半端に祈ると、かえって邪気が寄ってきてしまうから

 祈るなら祈る、祓うなら祓う、丹田を鍛えて、本気でやんなさい」と。

 
で、それからはもう真剣に

(まだ、感覚分かってなかったですけど)

見よう見まねから、とにかく声に出して唱えるようにしたら

そのうちに、仏に祈るときに、すうっとしたりして

なんとなくコツが分かるようになりました。

 
 
当然、こっちは真剣です。

口調も響きも、真似をしていたら、

その後、実際に感覚が開いていったのです。

 
 

今思えば、そのおかげで、

真剣に唱える、というきっかけをもらえて

部屋を浄化したり、上とつながりやすくなる感覚を

つかめるようになったんですね。

 
その後の神秘体験も、

チャネリングやチャクラクリーニングができるようになったのも

元を正せば、ここがきっかけ。
 
 

 

 
他の神様より、特に仏に対して祈るときは

好きなお経やフレーズでいいので

声に出すと、とても繋がるように感じます。

おそらく、どんなに真剣に祈ったとしても

声に出して練習しなければ、実際に祓えなかったと想いますし。
 
  
 
これは理屈ではないんです。

実体験して、分かったこと。

 
 
 

 
もちろん、祓うだけでなく、

仏様には、いろいろお話したり

お願いごとしたりしていいんですよ。
 

 

 
大きな声を必ずしも出す必要はないですが

お経の、その言葉の響きが

体の中で、震えて、感じられることが重要だと想います。

ですので、声でも、たっぷりの息とともに唱えてください。

 
 
 
 

 
何かしらの願いや、アファメーション(また書いていきます)も

口に出して、まるで仏様が目の前にいるように

想いながら、真剣な気持ちで

肚(ハラ)から響かせる気持ちで、唱えてください。

 
 
お経をはじめとするマントラは、

実際に、声を出した時の、その響きこそに

エネルギーの核が、あるのですから。

 
 
 
神社の、神主さんが唱える祝詞は

まるで、笙(しょう)のような高い響きですが

お寺の、お坊さんが唱えるお経は

肚から出ているように感じますし、その倍音は

お寺の鐘のような響きに感じます。

実際、鐘を鳴らして、その音が鳴っている間に

お橋唱えると、ピッタリ響きがあうんです。

 
 
そして、その響き、波長こそが

仏に通じる波動なんだと想います。

 
 
 

 
なので、
 
仏様に祈るときには

お経を、言葉に出して

ぜひぜひ、その響きを感じてください。

 
 

 
すると、その響きを通じて

あなたの体も、心も

波動が整い、波長がシンクロして

仏様にも、よりよいエネルギーにも

つながりやすくなりますから・・!

 
 
 
hotoke

 
 
 
 
 
今日も、お話を聞いてくれてありがとうね(*^^*)

心から、出会いに感謝・・!

またね。。。

 
 
  
 
 
 
 

 

今年はいろんなワークショップ、好評開催中ですよ(笑)

ワンドさんのフェザー・オブ・エンジェル アチューメント【平日開催・無期限フォロー】 2月25日(木)

初開催! 脳幹を活性化させるワーク「動」編 2月28日(日) 

▷ 1年間を予想するオラクルカードセッションはこちら ◁ ← click!
 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: 祈り — 楽 6:01 PM

祈りについて(その3)一霊四魂の祈り

癒師です。

いつも本当にありがとうございます。

まあ、一息ついていってくださいね・・

 
 
 
祈りについて、続けていきますね。

これからは、実際に

いろんな祈り方について、書いていきます。

 
 
 

※ 料理と同じで、たくさんの味と

  個人の好みがありますから

  あなたの祈りやすい、親しみやすい方法を

  シリーズの中から、探してくださいね。

 
 
 
さて、最初は

わたくしたち日本人が、馴染みの最も深い

神社・神道系のお祈りについて。

 
 
 
日本は、本当にたくさんの神社があります。

そして、それ自体が特に地鎮のパワースポットにもなっています。

 
 
神社では、毎日、神主さんや巫女さんが

祈祷を、行ってくださってます。

 
 
まさに、祈る聖地となっているのです。

だからこそ、前回、まずは神社でお祈りするような気持ちで・・って

お伝えしたのです(*^^*)

だって、実際気持ちいいですもんね。

 

  
また。
 
日本書紀や古事記にまつわるお話では

天界から、おりてきてた神様が日本を造ること、

そして造られた後の、日本全国の

山や地方にも、またそれぞれの神様がいたりして

いろんなドラマが生まれています。

 
 
日本の神様は、とっても個性的で、人間的(笑)

 

 
それもそのはず、

八百万の神の、遥か子孫が

わたくしたち日本人なのですから(!)

 
 
だから、

わたくしたち=八百万の神、

といっても過言ではないのです。

 
 
 
そして、ここで最近教えてもらった

とっておきの、祈り方をお伝えします。

 
 
それは・・・

「一霊四魂」の祈り。

(いちれいしこん、と読みます)

 
 
一霊四魂とは

人の体には、

一つの霊(これがメイン)と

四つの魂(それぞれに性格があります)が

あるんだよ、という教え。

 
 
いわばね、

日本版チャクラ、とでもいうとわかりやすいのかもしれません。

 

ichireisikon
 
 
図にすると、こんな感じ。

 
いちばん体の中心には

直霊・いわば神様がいて

その周りに、4つの魂(の力)がある。

丹田には 和魂(親しみ・調和)

胸には  幸魂(愛)

背中には 荒魂(勇気)

頭には  奇魂(知恵)
 
 
これらが、輝くことによって

人が、より良く生きられる、ということなんですね。

 
 
 
 
ちなみに、チャクラと違って

胸(前)と背中(後ろ)にパワーがあるので

すごく、霊的防御にも聴きますよ。

背中守ってくれます。

 
 
で、これを活性化させる

いちばんよい祈り方が、あるんです。

名のある現役の神主さんから

特別に教わったという、祈りの台詞を

人づてに、教えてもらいました。

 
 
それはね・・

「神様の、一霊四魂が、ご開運されますように」

 
 
 
 
 
これは、とても素晴らしい祈りなんです。

 
 
 
わたくしたち日本人は、けっこうシャイだったりするもので

なかなか、自分のために祈ることができなかったりします。

 
 
また逆に、

望みを祈っているつもりでも、それがエゴだったりすると

届きにくいし、そんな時に限って自覚なかったりするもの。

 
  
 
ですが、

この祈りは、すべてをブレイク・スルーするのです。

 
 
神様の、一霊四魂を祈るのです。

そうすると、もちろんその祈りは神様に届く。

そして、神様が活性化されると、

地球も、もちろん活性化される。

 
神様も喜ぶし、巡り巡って祈る人にもエネルギーが届く。

 
そして、わたくしたちは日本人。八百万の神々の子孫。

 
神様の一霊四魂が開運=活性化させると

すなわち、即じぶん自身も、開運されるのです。

 
 
ですから、この祈り方が

いついかなるときも、一番良いのだそうです。

 
 

 
わたくしも、この祈り方試したら

とっても、エネルギー感じて、ハートも暖かくなって

もう、何かあったら、この祈りだよねって感じです(笑)

 

どこにいてもいいのです。
 
気持ちはとても大切なので、

気持ちを込めて祈ってください。

 
静かに、神社で祈るようなつもりで

手を、胸の前辺りで合わせて

目を閉じて、

心の底からの気持ちを込めて

 
神様の、一霊四魂が、ご開運されますように。

 
 
 
ぜひ、この感覚を、味わってくださいね。

目に見えない、様々な力が助けてくれます。

そして、エネルギーももちろん高まって

前へ進む力に、つながりますからね・・!

 
 
 
 
 
今日も、お話を聞いてくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・!(*^^*)

またね。。

 
 

 

 

▷ 1年間を予想するオラクルカードセッションはこちら ◁ ← click!
 
 

 脳幹の活性化ワークも忘れてませんよ!(笑)こちらは2月末。

 まもなく募集開始します。

 あと、もう一つ、ワンドさんのワークも開催決定です!

 メルマガ会員様から、先行受け付けいたします。もう少しお待ち下さいね。

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: 祈り — 楽 11:30 PM

祈りについて(その2)心地よく祈ろう

癒師です。

いつも本当にありがとうございます。

まあ、ほっと一息ついていってくださいね・・

 
 
  
さて、実は日本人なら

祈り、得意なんですよ。

 
だってね。

毎年、お正月になったら

あなたも初詣、するでしょう?

 
神社にお参りに行くわけです。

柏手をパンパン!って打って

今年一年の無事とか、願いとかを

叶えてください!って、お祈りするんです。

 
神社仏閣が好きな方は

しょっちゅう、お参りに行っていると思いますし

そうでない人でも、年に何回かは

神社に行っている方、多いのではないですか?

 
 
そして、、ここが大切。

 
 
皆さん、神社でお祈りしたら

なんか、心がすっきりしたり、晴れやかになりませんか?

 
 
神社に行くだけで、なんか

心地よくなりませんか?

 

 
これ、なんですよ!

 
 
実は

お祈りするだけで

神様や宇宙と、繋がるのです。

 
 
だから、リラックスできる。

 
 
特に、あなたの好みの神社なら、

なおさら心地よいはず。

 
もっとたくさん、つながっているのです。
 
 
 
 
もっといえば

神社は、毎日色んな意味で、綺麗に清められていますし

それこそ、神主さんとかが毎日祝詞をあげて、祈っているわけです。

神社は、祈りの聖地なんですね(笑)

そして、一番大切なのは

祈る時の気持ちや感覚。

祈って、気持よく感じたり

心が楽になるのが、いちばん。

 
どこで祈っていてもいいのです。

お家でも、外でも、もちろん神社でも。

 

そして、お家で祈るときは、想像してください。

まるで初詣に来ていて

天気がとっても良くて

しかも、なぜか誰もいない(笑)

自分だけ、一人の貸切状態で

お気に入りの神社で、ゆったり、しずかに

初詣のお祈りをしているように・・・

zinzya

とっても気持ちよく祈っていると、イメージしてください。

(もちろん、祈る相手は、神様でも天使でも、何でもOKですよ!)

 

それだけで、とても心地よくなりますし

なにより、宇宙に届きやすくなる(笑)

 
 
 
ぜひ、心地よい感覚を味わいながら

祈ってみてくださいね・・

 
 
(つづきます)

 
 

 

引き寄エンパス  2月15日(月)【平日開催】のお申し込みはこちら   あと1名

 

▷ 1年間を予想するオラクルカードセッションはこちら ◁ ← click!
 
 

(脳幹の活性化ワークも忘れてませんよ!(笑)こちらは2月末。)

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: 祈り — 楽 7:38 PM

祈りについて(その1)

癒師です。

いつも本当にありがとうございます。

まあ、ほっこりしていってくださいね・・

 
 
 

 
最近の気付きとか、探究心の中に
 

祈り
 

についてのことが、とっても大きく感じています。

 
  

なんでかっていいますとね。

 
 
年末年始、色んな本や情報をもう一度読みなおしたり

見ていく中で

共通点を、見出そうとしていた時。

 
 
 
共通点というのは、

 
 
幸せになるには、これが大切だよ~

こうすれば、うまく引き寄せられるよ~

悩みは、こう解決すればいいんだよ~

こうやって、どん底から這い上がったよ~

 
 
これらの、共通点。

それも、深いところの。

 
 
表向きは、どれも同じなのです。

良い波動で、いい気分で

あきらめないで、前向きに、開き直って、とか。

 
 
 
それらも、もちろんとても素晴らしいことで

確かに必要なことなんですよ。それはわかる。

 
 
でも、

なにか、もう少し深いところの、

言葉に出来ない、何かを感じていて。

 
 
 
そして、ある瞬間

はたと、気がついたのです。

 
 
ああ、祈ることについて

ほとんど、触れられてないよなって。

 
 
 
 

祈るだけでは、動かないとか

行動しなきゃとか

宗教なの?とか

そう思われるのが嫌で、書かれてないのかな、とも勘ぐったのですが

 
 
それにしても、全然触れられていないか

書いていても、とても「さらっと」しているだけ。

 
 
幸せになる100の方法!みたいな本でも

ひとつも、出てきてません。

 
 
なんでかな?

 

神社の神様の祈り方、とかは

たくさん本が出てますし

みんなね、幸せになりたいから

祈っているはずなんだけど

何故かそこだけ、別枠なんですね。

 
 
ココらへんで気づいたこと、

もうちょっと、これから

詳しく書いていきたいと思います。

 

 
enosima
 
 
 
とりあえず、これは確実。

祈るときは

神社でも、お家でもいいので

なんか、心地良く感じたら、それでOK!(笑)

 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・・(^O^)

またね。。。

 
 

 
 
  
 

引き寄エンパス  2月15日(月)【平日開催】のお申し込みはこちら   まもなく満席

 

▷ 1年間を予想するオラクルカードセッションはこちら ◁ ← click!
 
 

(脳幹の活性化ワークも忘れてませんよ!(笑)こちらは2月末。)

 

あなたの希望の扉を開く 癒師のメールマガジンの購読申し込みはこちら (無料です) 

iyasimerumaga-1 
 
 

  ブログランキング・にほんブログ村へ

Filed under: スピリチュアル,祈り — 楽 10:21 AM

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31