【拡散希望】地球さんとお話しましょう!

わたくしが、拡散希望なんか書くなんて、めっずらしいです。
 

以前、地球との対話で、クライアントさんを通して、さまざまな対話を試みました。

 
その後、つい先ほど、また地球さんと、対話を行う機会がありました。

・・といいますか、地球さんが、「話のわかる人」に、想いをぶつけてきた感じでした・・(汗)

 
 
「原発さん」に対しては、今、世界中から、祈りやヒーリングが送られています。

現場では、たくさんの方々が、作業に当たっています。

 
 
しかし・・

大元には、地球の悲鳴が、あるのです。
 

温暖化をはじめとする、急激な気象の変化は、地球からのメッセージでもあります。

 
今回の地震の後も、まだ多くの方が、地球の声に気がついていない・・

以前から、すでに地球に対して、さまざまなアプローチをしておられる方々もたくさんいます。

しかし、今は、もっともっと沢山の方々の力が、必要な時です。

 

「原発さんは、みんなが相手してくれているけど、僕(地球)のことは、まだ気がついてくれない・・」

 

 
もっと、多くの人たちと、地球は話したがっています。

 
特別な力は、何も要りません。

なんとなく、地球のことを、想えばいいだけ。

一日のうち、本当に一瞬でも、感じるだけで、いいんです。

 
もし、なにか霊的な力をお持ちの方は、ぜひ地球さんとお話してください。
 

また、地球に対して、ヒーリングを送ってあげてください。

そして、話のわかる方に、このことを伝えてください・・!

 

土地や、海、そして気候の回復の方法も、伝えたがっています。

これには、専門家の方々の力も、必要です。

(実は、科学者・技術者や、教授と呼ばれる方の中にも、スピリチュアルな視点を持つ方々は、今や、決して少なくないのです)

 

 
やりかたは、まったく何でもいいのです。

アイデアが無い!という方には、ホ・オポノポノのお祈りなど、いいかもしれませんね。
(ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、あいしています)

 

わたくしも、出来るときに、想っていきます。

まったく、無理しなくていいですよ!わたくしも、まったく無理をしません。

 

 
大切なものは、無くなってから、気付いても、ダメージが大きいです。

当たり前にあるもの、それがどれほど素晴らしいか、もう皆さんの魂は、十分に知っています。

どうか、皆様のお力を、ほんの少しだけ、地球のために、お貸しください m(_ _)m

江島神社
 

(写真は、以前遊びに行った、江ノ島の江島神社です。
本当は、太陽も地球も自然も、とっても優しくて、共存できる素晴らしい存在です)

Filed under: 地球との対話,スピリチュアル — 楽 10:44 PM

さいごにかえて

(地球との対話を、最初からお読みになるときは、 
 ↓ こちらよりご覧ください。)
 地球との対話(序にかえて)

 
~ ~ ~ ~ ~

それぞれの存在は、メッセージを伝えたがっているようです。
それも、とても強い意志を持って、話したがっています。 
 

電磁波などに関しては、まず「気づく」だけで良いそうです。
(わたくしも、携帯を使いますし、このブログもパソコンで作っています・・)

気づかないことが、いちばん悲しいことだと・・・

 
かつて、マザーテレサは、話しました。
「愛の反対は憎しみではなく、無関心だ」と。

無関心は、気づかないことにも、つながっているのかもしれません。

そして、とても悲しいことに、つながってしまっているのかも、しれません。
 
 
協力してくださったクライアントさんは
「きっと、地球は、人間界と自然界が、仲良く協力しあって生きてほしいから
(悲しい出来事だけれど)地震を起こしたのかも・・
いつか、地球全体を光で包んで、人間も自然も癒してあげられたらいいのに・・・と思っています」
と、話してくれました。
 

今、わたくしに出来ることは、このことをそのままお伝えすることだけかもしれません。

しかし・・多くの方が、すでに気づいておられます。
本当に大切なものは、何なのか・・・

心の優しい方、敏感な感性の持ち主が、本当に自由に、役割を果たしながら、自分らしい人生を歩めるように・・
すべての方が、幸せな人生を歩むことができるように・・

そして、自分にとっての、ほんとうのしあわせは、何なのか、
地球で生きていくということは、どんな意味があるのか、

たくさんの方に、気づいてもらえるように・・・

こころから、願ってやみません。

 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:35 PM

火さん

今回の地震では、そんなに登場しなかったけど・・
原発とかは出たね。
 

時間的に、ご飯時じゃなかったから、よかったね。
 

火は大事だよね。
食事、ランプ・・

今回、停電のときには、ろうそくで火を使うよね。

火も、暗いことろに、少し満ちれば、明るさをくれる。

 
山火事の火とかも、そうだけど、
今回の地震で、たびたびあらわれる、火の存在は、
地球の怒りとか、そういうのを、火で表現している。
 

どれだけ、地球や自然が起こっているかを、わかってほしい。
 

山火事もそうだけど、いかっているときには、
水ではどうしようもないくらいの力を持っているんだよ。
 

風と一緒だったら広がるし、
日と一緒なら、どんどん大きくなるし、

日・風・水・土が、みんな協力して、
伝えようとしているメッセージなんだけどな・・・

 

いつも、メッセージなんだよ。

雨で火が消えると、新しい植物や、動物が生まれてくるのと同じように、
自然は、新しいものをどんどん作り出すものだから・・・

津波で消えたところも、
また新しい出発点を、あらわしているんだよ。

 

火も、生きていくうえで、水と同じくらい大切だって、
おぼえていておいてね。
 

原発のところから、
煙が出たり、火が出たり、発光しているときは、
自然が人間に対して、抵抗しているときだから、
気をつけてね。

 
多分、だれも気づかないけどね。
 

(次へ・・・→さいごにかえて
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:34 PM

日(太陽)さん

去年もね、どんどん夏が暑くなっているの、知ってるよね。

オゾン層、紫外線の問題もでているけど・・
 

人が、お日様に当たらないで、クーラーばっかりかけて、
そとで当たってくれないのよね。

 
私が出る(日の出)と、暑い暑い、というけれど、
クーラーとか、排気ガスとか、
いろんな家電などの熱のせいもあると思うんだけど・・

 
お日様の波動と、家電などの波動と、携帯の電波が混じると、
波長がひどくおかしくなるよ。
自然の波長がこわれるよ。

 

そういうのに気付いてほしくて、カンカン照りにしてみたけれど、
人間は海に入ってごみ散らかすし・・・

 
お日様の光は、今なら分かってくれるかもしれないけど、
電気なんか使わなくても、とっても明るいのよ。

不要な場所でも、電気をつけるから、
私の光に誰も気づいてくれない・・・

 

お布団をふかふかにしたり、除菌したり、
土や葉っぱに光を当てたり・・酸素出すでしょ?

どれだけ大事かわかっているはずなのに
どうして排気ガスで空気を汚すのかしらね。

 

私(お月さまも)は、本当は人を助けたり、
生きるための手伝いをするためにある。
 

昔は、太陽と月で、時計代わりにしていたよね。
 

人と動物は、私と一緒にいきてきた。
今は、私が登ると、傘をさされてしまう。

 

光のつよさは、大きくも小さくもできる。
人の心と一緒だよね。
 

プラスとマイナス、陰と陽、長所と短所、光と陰でワンセット・・

光の角度が変わると、影の大きさも変わる。

 
お日様は、元気をあげたり、疲れを取ってあげる力があるのにな。

電気が多すぎると、光の存在にさえ気がついてもらえない、

 
光やお日様を見上げて、

いい天気だな~とか、
青い空だな~とか、

気づかずに生きている人が多くて、
影の多い人がふえている。

 

でも、お日様の光を怒らせると、もっとこわいのよ。

だって私は、火をおこすことができるから、

今は普通の火事で済んでいるけど、
もし私が、今仮に、山火事を起こしたとしたら、
海の水を借りなきゃいけないのよ。

でも、海の水は、放射能で汚れているでしょ。
水のありがたみがわかるよね。

 
もっと南(赤道近く)に住んでいる人たちのほうが、水を大事にしているのよ。

水道とかがないから、水を汲みに行っている。
今のあなたに分かる?

暑い国でも、水を大事にしてくれている。

 
今は、お日様が当たっていても、暑くないでしょ。
みんな脱水状態になってしまうから、カンカン照りにしない。

いつもの春なら、もっとあったかいって思わない?
コントロールしてあげているのよ。
もうすこし落ち着くまで、我慢するわ・・

 
今年の夏は、去年ほどみたいに、暑くはしない予定よ。

水が足りないでしょ?

カンカン照りにしたら、赤ちゃんもお年寄りもかわいそうだし、
植物、動物も、かわいそうだし、
魚も、海が汚れてかわいそうだから
あんまり暑くしない。

 
これから、太陽や月の光を使って、電気を節約すれば、
夏の風も涼しくなるのにね。

土だったら、そんなに熱くならないのよ。
コンクリートは熱いよね。
人工的に、熱い空気をつくっているのよね。

 
土だったら、木もあるし、そんなに熱くならないのに、
木を切っちゃうから、涼むところがなくなる。
自分たちで、涼む場所を、消しているんじゃない。

木がたくさんあったら、木の陰とかを、風が通るから、
そしたら、涼しい風も、通るはずなのにね。

 
だから、早く気づいてね。
 

(次へ・・・→火さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:33 PM

土さん

どうして、わざわざ(土を)コンクリートで埋めるんだい?

土だって、お日様にあたったり、雨にぬれたり、
風に吹かれたりしたいのに、
どうしてコンクリートで埋めちゃうの?
 

風さんが運んでくれた種とかを受け取って
日や水とともに、花を咲かせて、緑を増やして、
空気をきれいにしたいのに、

みんな自分たちの都合で、
木を切ったり、植えかえたり、デザインとして動かしたりしてる。

その部分以外は、コンクリート・タイルで、覆っちゃうよね。

 

こっちだって、いやになるよね。

 

地震とともに、すべてこわして、顔を出したくなっちゃうんだよね・・・

 

本当はさあ・・
アリの巣とか、虫の幼虫とか、いっぱい住んでいていいはずなのに、
コンクリートでうめちゃうと、虫とかが入れないし、出れないじゃん?

 
何で、必要のないところまで、みんな、覆っちゃうの?

 
土は、穴を掘っても、すぐ埋められるから平気、と思われてるけど・・
コンクリートのほうが、大変かもね。

 

野菜・米・果物を作るのに、土は必要なんだけど、
特に都会の人は、あんまりわかってくれてないよね。

靴が汚れる、手が汚れる、とかって言って、人が触れてくれない。

 
 
昔は、よく土の上で、裸足で子供が遊んでくれたんだけどな・・・
直接、裸足の人は、グランディングが出来ているんだよね。

 
人や動物が、その人らしく生きていくためには、
土に触れることが必要なんだよ。

 

日本の動物園は、コンクリートの上にいる動物が多くて・・
本来備わっている、動物の本能を維持したり、目覚めさせるのには
コンクリートでは難しい。

土と、日と、池などの水と、触れられる場所を作らなければいけない。

人は、自分たちが楽しむために、動物を捕まえて、連れてきているんだよね。
それは、魚も同じだよね。

波も水草もない、水槽にいる魚たちも同じだよね。
魚の本能をつぶしているよね。

 
我慢にも限界があるよね。

 

 
そんなに、恐がらなくてもいいよ。

土も風も水も日も、本当はこんなに怖いものじゃないよ。

だから、早く気づいてね。
 

(次へ・・・→日(太陽)さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:32 PM

水(海)さん

今回の地震では、僕もみんな(地球や風)といっしょに、協力したんだよ。

地球がとっても怒っていたから、津波も大きくなっちゃった。
 

あんなに、お舟を、壊す予定じゃなかったんだよ。
 
 
温暖化で、海の温度が温かくなったり、
今までいなかった生き物、魚が生まれてきて、
流れもおかしくなって、今までも魚も住みにくくなって、
本来いるべき魚が流される・・・
 
北・南極の氷がとけて流れて、みんな困っている。

 
海の中のお魚さんのバランスが崩れていって、
混乱してきているんだよ。
 

 
津波で、家が(流されて大変)って言うけれど
海の中も、大変なことになっていることに、早く気付いてほしいな・・・
 
今回のことで、海に人間が近づかなくなると、きっとよくなる。

昔みたいなきれいな海にもどしてほしいな。
気長に待つよ。
 
 
地球が、大きなのびをおこさない限り
僕はもう大津波をおこさないよ。
 

日本は、まわりが全部海で、いっぱいお魚を食べる国だから(気づいてほしい)
 

(次へ・・・→土さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:31 PM

風さん

地球の気持ちもわかるし、私も本当におこっているんだ。

いつも、穏やかに吹いているのに
本当は、大事なものをたくさん運んでいるのに

穏やかかにすると、人を癒したり、
人のいらないものを吹き飛ばしたりするのに

 
だれも感謝してくれない。
気づいてくれない。
 

だから、今回は、津波と一緒に荒れている。
今も、気づいてほしくて、強く吹いている。
 
 

放射能の、風の影響なんかは言われるけと、
地球や空と、相談して、吹いている風なんだけどな・・・
 

放射能自体は、好きで生まれたわけじゃない、
たまたま出来ちゃっただけで、悪意はないのにね。
 

もともとは(放射性物質を)作ったのは、人間でしょう?

人間は、「見えないものとの戦い」というけれど、
戦うつもりは、全然ないんだけどな・・
 

現場の人に「ありがとう」と思わないで
責任だけ押し付けているけど
 

大切なことに気付いてほしいから、こういう状況になっているんだよ。
 

いつか必ず気づくことを願って。
 
 
被災地の人は気づいている。

もっと多くの人に気づいてくれたら、役割は終わり・・・
 

(次へ・・・→水(海)さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:28 PM

地球さん

地球・・・イコール、地救・・・・

(どうして、こんな大きな地震を引き起こしてしまったの?)

自分を浄化しようと思っていたら、だんだん「怒り」に変わっちゃったんだ。

資本主義や、先進国が、自分たちに便利なものを作りすぎ、頼りすぎて、
大事なものを見失っている。
それを見るのが、地球自身のストレスなんだ。

電波、電磁波が、人の波動の働きを、阻害している。
人の波動が乱れると、自然とのつながりが、壊されていってしまう。

それが我慢できなくなって、のびをしたら、揺れてしまった。

もうちょっとのびをしたいから、余震はつづくかな・・

 
リモコンのスイッチ、テレビやラジオの電波が、増えてくると、
本来持っている、人、動物、植物の波動が崩れてしまう。
あたらしく生まれてくる子供の波動も、くるってしまう。

波動がくるってくると、亡くなった人も、お空に帰りづらくなる。
 
 
今回は、風、水、海の水にも、協力してもらったから、津波が大きくなってしまったんだ。

まだ、揺れているのは・・地球の怒りが入っているから。

 
人間の生活に穏やかさが戻ってこないと、
小鳥やちょうちょは、戻ってこないよ。

 
(どうして日本なの?)
 
日本の人なら、自分のメッセージを、わかってくれると思った。
偶然、日本にひびいてしまったのもあるんだ。

自分が、とんでもないことをした、とも思った・・・
 

日本は、海、川、山が多いから、みんなのことをわかってくれると思う。

聞いてくれてありがとう。
みんな、気づかないことだから、仕方ないよね。
 

(次へ・・・→風さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 2:28 PM

地球との対話(序にかえて)

みなさん、こんにちは。
 

先日、とあるセッション中に、様々な存在との対話を行いました。

もともとは、自然や地震に対する恐怖感などの、問題の解放のセッションを行っていたのですが・・

「自然と対話しなさい」というメッセージに従って、進めていくうちに、たくさんの大きな存在との対話に発展していきました。

そして、この話を、ひろくみんなに話してほしい、と・・・
 

この対話が、正しいのか、あっているのかどうか、私にはわかりません。

そして、いまだ多くの被災者がおられる中・・
この話を、このタイミングで、こうして広くシェアするかどうか、正直迷いました。

 

しかし、わたくし自身も、内なる声に従って、勇気を持って公開いたします。
(クライアントさんからの了解も得ております)

 

できるだけ修正などはしないで、可能な限り、
言葉づかいも含めて、そのまま書きだしました。

順番は・・・対話した順に、

序にかえて(このページです)
地球さん
風さん
水(海)さん
土さん
日(太陽)さん
火さん
さいごにかえて

です。

文の最後の(次へ・・→ )をたどっていくと、順番にお読みいただけます。

 
※ セッション日は、3月下旬です
 

これから、書き進めていきます。
長くなりますが、お付き合いくださいね。
 

(次へ・・・→地球さん
 

Filed under: 地球との対話 — 楽 12:34 PM

2018年12月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31