誇り高い狼の男神(6)狼とワンコの集団

女神力・男神力ナビゲーターの楽です。

いつも、応援してくださって本当に感謝です(*^^*)

まあ、一休みしていってくださいね・・

 
 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 

新HPです!

女神力ナビゲーター 楽 真一 (らくちゃん) 公式HP

でもちょっと、文章修正中・・・(女神と男神が、大前提で書き換えます)
 

 
 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
  

次回の放送は5月31日(水)20:00~の予定です!

楽presents 月の女神と狼の男神 (仮)

新しい番組として、生まれ変わります。

今後は、youtube生配信となります!

ログイン不要で、どなたでもお気軽にご覧いただけます(*^^*)

詳細は、今しばらくお待ち下さいね。
 

゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。   
     
    
 
 
さて、続きです。

しばらくは、男性向けの熱いお話を続けます。

 
 
 
組織、集団については

いろんな価値観、色んな形があって

一概には、言えないところもありますが

狼・男神の視点で、書きたいと想います。

 
 
 
つい最近、車検の見積もりに行きまして。

国産車なんですが、いつもディーラーさんに頼んでいます。

わたくし、車は疎くて(^^ゞ 正規ディーラーさんなら安心だろうと。

 
 
でね、これまで何回か、担当さんが変わってきたのですが

多くの担当さんは、すごくいい人であったり、しっかりしていることろがあって。

 
 
まあもちろんね、車検ごとに新車どうですか、というのはご愛嬌ですが(笑)

しっかりね、整備について、詳しく丁寧なんですね。

 

  
そして、担当者さんの多くが、整備畑の方なんです。

ご本人(社員さん)としては、まあいろいろ想うところもあるかもしれませんが

それでも、ちゃんと対応してくださる。

営業担当を経験して

しばらくしたら、整備畑へ帰っていくような形に、なるみたいで。

  

 
そのディラーさんの内部の、実際のことを、少し見ただけで

全てがわかるとは、言いません。(もちろん)

いろいろ、それはあるのだと想います。

 
 
ですが、そんなに辛気臭くは無さそうで。

男性がとても多い世界ですが、

わりと、からっとしているところが、ありそうでした。

 
  
 
 
なんでかな?と想いを巡らせたのですが・・
 

  
ああ、整備畑の方は、

純粋に、車もきっと好きだろう、というところもあるでしょうが

何より、整備士という、国家資格としての手に職があるので

おそらく、万が一、会社をやめることになっても

どこか大丈夫、という気持ちを、

みんなが持っているから、なのかな・・

って、想ったのです。

 

  
 
これは、実は

狼の集団と、似ているのです・・!

 
 

  
野生の狼も、集団で過ごすことが多いです。

集団と言っても、2匹から多くても10数匹。

そして、明確な上下とか役割がある。

  
ただし、あくまでもそれぞれが独立していて。

本当に必要なときには、2匹ずつくらいの単位に分かれていったり

一匹狼として、他のつがいを探しに行ったりと

それぞれの狼が、主体性を持って、生きているのです。
 


 
 
 
なんというかね。

男性的な仕事の話に例えると

全員が、個人事業主の、集団なのです。

たまたま、縁や必要があって、集団で生きている。

 
  
先程の、ディーラーさんの、整備畑の人たちと同じです。

気持ちの中では、個人での生きる力を持っている。
 
  
 
 

 
他方・・ワンコの集団は・・

 
ワンコは、人間に慣れています。

そして、人と一緒に生きるのが、大前提になっています。

自分では、狩りをせず

役目を果たすことで(番犬とか、愛玩とか)

餌をもらって、生きていきます。

 
  
狼は、狩りをするのが役目で、それで食料を得、

犬は、飼い主の役に立つことで、食料を得る。

大した、違いは無いようにも見えますが・・

 
 
  
狼と違って

ワンコは、一匹では、生きていけません。

必ず、だれか飼い主が、必要なのです。

 
  
 
男性的な仕事に例えれば・・

他にスキルがなく、あるいは自信がなくて

会社の外で、生きていけない状態にある。
  
 


 
 

だから、会社をやめるわけにも行かないし、

リストラされる訳にはいかない。

ワンコには、ワンコの苦しみがあるわけです。

 
  
 
ですが、もっと実は大変なのは

ワンコの集団の中にいる、狼。

 
  
周りと違うわけですよ。

で、自分のことを自分でわかっていないと

ただ単に、ワンコもどき、としか自分を思えない。

また、自分で自分をワンコもどきだと勘違いしていると

思い込みは引き寄せとなって、周りからの圧迫にも繋がる。

いわば、狼とワンコ版の、

みにくいアヒルの子状態に、なってしまうのです。

 
 
 
わたくし、かつてこの状態にありました。

自分は組織に、あわない人間だったのだろうとは、思っていたのですが

そう、まわりが、自分にとって普通に感じる人達の間では、大丈夫だった。

そうじゃない人たちもたくさんいたから、しんどかった。

また、狼でありながら、それぞれの事情で、狼であることを止めた人たちも

たくさんいた。今はわかる。

狼の、マリオネットになるのです。
 

これは、本人も苦しかろうし

見てる方も、正直つらかった。
 
 

  
そしてかつては、私自身も。

外で、自力で、生きていける力があるとは思っていなかったし

ましてや、今の仕事を行うなどと、露ほども思っていなかった。

 

 
  
自分のことがわかっていない狼は

ワンコ以上に

どこにも居場所がないのです。

 

 
 
実は、この状態になっている

狼の魂を持った、男神候補生

きっと、たくさんいると想います。

わたくしも、ようやくここに気付いて

本当に、ほっとしているのです。

男性の集団の中で、うまく生きられないと

(それは、もともとの自信のなさも含めてでしたが)

自分は男性として、劣っているんだと、どうしても思ってしまう。

耐える力、というのも男性性の一つの発揮だから。

 
 
でも、違った。

そうではなかった。
 

自分は、単に、狼だっただけ。

まわりと、異種だっただけ。

 
 
 
だって、狼だったから

いろいろありながらも

こうして、この仕事を続けている。

 
  
昔から、奥底ではわかっていたから

男神たちを見抜き、慕って、教えを請うてきた。

 
  
 
わたくしは、狼の魂を持っていました。

そして、自分を見つめて、成長して

男神になりに、生まれてきたのでした。
 

 
 

 
わたくしは、初めて

心の底から

100%

今回、男性として生まれて、良かったんだと

思えるように、なりました。

 
 
 
だから今、こうして

ものすごく、体が熱い!(笑)
 
 
 

 

  
女性で言えば、アースエンジェルを始めとする、

生まれつき繊細な女神

あるいは、(過去記事消したので、機会を見て再掲しますが)

後から目覚める、能力を背負って生まれた外付け女神(仮)

↑ もっといい名前がないか考え中です(笑)

に匹敵する存在と言える

誇り高い、狼の魂を持って生まれた男たち。

 
  
 
もう、新しい時代が来ているのです。

 
 
 
 
 

本当の自分の力に目覚め

ちゃんと、覚醒していく方法を

わたくしは、知っています。

 
  
そのプロセスが、時には大変なことも知っていますが

同時に、乗り越え方も知っています。

少なくとも、わたくし自身が体験したことや、習って実践したことを。
 
 

これからは、お伝えしていきます。

男神として、成長していく、わかりやすい道筋を。
 
 
 
 
 
大丈夫です。

これを読んでいる、男性のあなたは、気高い狼です。

ワンコは、集団でわんわんほえますが、気にしなくていい。

実際に目覚めたあなたの目の前で、ほえてくることはないし

ほえてきても、平気になるか、ちゃんと対応できるようになります。

その力も、ちゃんと備わります。

 

 
 
ワンコは、吠える。

自分の縄張りを守るために。

そして同族を呼び集めて、さも

自分たちが多勢であるように、見せかけます。
 
 
 
 

狼は、咆える。吼える。咆哮する。

それは、自分の人生を切り開くための雄叫びです。

 
 

 
 
あなたが吼えるのは

ただ、自分のためだけでいい。

あなたが、決意する雄叫びで良い。
 
 
 

 
どうか、自分に力があると信じて

これから変わっていくと、勇気を持って、決断してください。
 
 
 
 
大丈夫です。

あなたを真に、サポートしてくれる人は

この世界に、いっぱい居ます。
 
 
 
もしかしたら、今は目に見えないかもしれない。

遠くで見守っているだけかもしれない。

気付いていないだけかもしれない。

 
 
 

でも、

ちゃんと、出会えます。

そして将来、もっと素晴らしい人達と

必ず出会えます。
 
 
狼も、一人だけで生きるわけではありません。

本物の、認め合える人たちと、

エネルギーを分かち合いながら、

幸せに、豊かに、生きていけるのです。

 
 

それは、誇り高い狼であることを

思い出したあなたへの、祝福。
 
 
 
 

 
 
 

自暴自棄だけはいけない。

準備ができたら、ちゃんと次に進めますから

決意を秘めて、成長すべきところや

気づくべきところ、癒やすべきところに

フォーカスを、してください。

そして、必要があれば

適切な誰かに、頼ってください。

誰に頼るかは、あなたが、決めて良いのです。
 
 

 

あなたが成長していくと、
 
ほんとうの意味で良い人同士で

繋がり合うことが出来てきます。

 
 
 
そして、ちゃんとわかってもらえます。

誇り高い男性たちは、すべからく

大なり小なり、いろいろ体験して、男神として成長してきたわけですから。

 
  
 
いまの立場を続けるにせよ

これから、世に出て行くにせよ

あなたが、誇り高い魂を持つ、男神であることを

前提に、人生を選べるようになって欲しい。

 
あなたが秘めているその力を、いまこそ

発揮してほしいと、心から想います。。。!

  
あなたなら、絶対に、やれるよ。本当だよ。

少なくとも、自分はそう信じるよ。

 

 
 
 
 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・・!(*^^*)

またね。

 
 
 

  
 
P.S.
 
 
 

 

オオカミ来たーーーー!!!

なかなかいい感じの、狼の人形が無くて探しまくりましたが

これで説明がしやすくなります(*^^*)

 
 
 
 
  

 

あなたの男神力&女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神,男神力 — 楽 8:10 PM  Comments (0)

箱根神社の女神・男神開き

女神力・男神力ナビゲーターの楽ちゃんです。

いつも、応援してくださって本当に感謝しています。(^^)

まあ、ひといきついていってくださいね・・

 

 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 

   
 
 
さて、男神力について、

まだまだ書きたいことが山ほどあるのですが

(今は、1日50時間くらいほしいくらいに)

このままだと、後回しにして忘れそうなので

(3月に、一人で鞍馬山行ってきたのもまだ書いてない(^^ゞ

 夜行バス明けから、鞍馬~山越えで貴船神社~京都にもどって

 えびす神社~龍安寺~新幹線で帰宅と、1日弾丸ツアーして帰ってきたのです。)

昨日、行ってきた箱根について、今日は書いていきますね。

 

  
 
さて、今回は初めての遠方へのお出かけ、

箱根神社へのツアーです。

朝7時に、新宿駅に集合して

特急に乗って、まずは箱根湯本駅に向かいます。


 

ぶれた(笑) 
 
 
今日の女神は

遠方から、わざわざ

夜行バスで駆けつけてくださったり

朝、4時44分(!)の始発でお越しくださったりの

女神たち。
 
 

車内では、結構盛り上がったり

あるいは、一休みしながら、

朝食もたべたべ、向かいます。

 
  
9時過ぎに、予定通り箱根湯本駅へ。

ここで、現地集合の女神たちと合流し、

8人(わたくし入れて9名)で、いよいよ出発。
 

 
 

トロッコ列車に乗って

バスにも乗り継いで、箱根神社へ向かいます。
 
 

  
いろいろ考えてみたのですが

前回、一人で下見したときと

同じコースが無難だよな、と思い、

下回りで、進みました。

 
 
道中では、最近気づいた

わたくしの、男神力の話でも盛り上がって。

けっこう・・・皆さん、同じことを

何処かで感じてくださっていたようで、

そこがブレイク・スルーした狼の話に

とっても、喜んでいただけました。良かった!(^^)

 
 
 

 
そうそう、今日は本当にいい天気!

暖かくて、奇跡的な一日の予感ですね。

 
  


 
 
 
 
そうして、箱根神社に着きました(^^)

 
 
 
いやあ、相変わらず、いい雰囲気です。

そして、やっぱり

女性には優しく

男性には厳しい。

今はもう分かるので、入り口から肚にちょっと力が入ります。

 
 
 
社の下の、木々がまた、すごく良い雰囲気で

触ったり抱きついたりしながら(笑)進んでいってきます。

  

 
 
三峯神社と同じく、

遠吠えしたくなるような(笑)

 
  
そして・・
 
いよいよ、箱根神社の社ですよ!!
 
 

 
 
うん、やはりいい雰囲気です。ピリッとしてる。

そうそう、ここに登ったらね。

前回、気が付かなかった、

左右に、いい感じに、苔むす大きな狛犬ちゃんが居て。

 
 
 

おおー狼っぽい!写真写真って

自分のスマホをポケットから出したら・・・

 
 
  
・・・・!!!

 
 
ブラックアウト!!!

 
 
いきなり、スマホ壊れました/(^O^)\ナンテコッタ

いや、ほんとです。

いま、この瞬間まで写真撮ってたのに。

(上の写真が、まさにそう)
 
 

 
 

まあ、パワースポットで

たしかにこういうこと有るのはわかるし

(最近、バッグが完全に壊れて、あわてて買い直しなのです)

他の人のは見たこと有るけど

まさか、自分がそうなるとは・・

 
 
女神たちは、大受けです(笑)
 
 

ああ、楽ちゃん来たよねー

買い換えろってことだよねー

まあ、神社出たらきっと治るよー

 
 
はい、そう信じます(^^ゞ
 
 
 
ということで、
  
以降、しばらく文章です(笑)

 
 
やっぱり、女性たちにとっては

優し目の雰囲気を、感じるほうが多いようです。

中には、前々から来たかった、やっと来られたって

ジーンとしてくださる女神も・・
 

弁天様のような感じではないですが

やはり九頭龍もいる修験道の社

女性には優しく、男性には厳しい。

ピンポイントで、わたくしには来たし。
 
 

 
  
箱根神社の社にお参りして

お隣の、九頭龍分社にもお参りします。

こないだは工事中の名残があったのが

今回は、完全に新築、完成していました(^^)

  
 
・・今回はね、前回ほどは「怒られ」なかったです。

わりとね、対等な感じで話していて。

やはり、今回の「男神力」の気づきも、九頭龍神の後押しも合ったのか。

自分の答えそのもの、というよりは

自分と向き合ったという、そのこと自体を、「まあまあ」褒めてくれたみたいです。

(まあまあ、でしたね。厳しいね・笑)

ですが、今回はすごく体が熱くなり、後押しを受けました。

共に歩もう、くらいの勢いで。

やはり、男性も、誇り高い狼の魂を持つ、男神です。間違いありません。

 
  
 
さて、ここから真下へと降りて、湖の鳥居を見学してから

(これは前回の写真)

今回は、船を使いますので

一度、近くの港へ戻る形で向かいます。

 
 
  
ちょっとゆっくりめで11時過ぎくらい。

食事のタイミングは、迷っていたのですが

やっぱり、地元的な食事処が良い!ということで

(これから向かう箱根園港は、遊園地っぽい趣で、地元のお店はほぼ無い)

いい感じのお店に、入っていきます。
 
 
 
 

 

※ 写真追加

  ほかの女神がとって下さった写真です(*^^*)ありがとうございます。

  
 
うーん、うまい!(笑)

やはり、箱根に来たらお蕎麦と、わかさぎですね。

めちゃくちゃうまかったです。
 
 
 
  
さて、さっきのスマホ。

やっぱり、うんともすんとも言わなくて。

女神たちに、時間聞いたり地図見せてもらいながら

進んできたのですが・・

 
  
なんと、お食事中に復活!!

 
  
 
まじかよ。

まわりも、大受けしてました(笑)予想通りだと。

 
 
まあ、もう3年以上になるのかな?

そろそろ確かに、買い替えてもよいのかもしれません。

次は何色にしようか?

(これ、後のフラグです)

 

  
 
さて、堪能したあとは

いよいよ、港に向かいます。

 
 
 
この、山上の、ぽちっとなって建っているるのが、ロープウエーの駅。

ここへ行くために、ロープウエーの麓の駅へ

これから船で向かうのです。
 
  

 
船を待つ最中もいろんな話で盛り上がってて。

そうそう、狼つながりで、動物占いの話にもなって。

わたくし、「黒豹」でした。なかなかかっこいいですね!
  
 

そうして船に乗り込みます。

屋上、気持ち良いんです!

なんかね、優雅なクルージング気分で。

天気も景色もいいし、緑も豊かだし、

今日は富士山も見える。本当に最高です。

 
 
 

  
さて、10分くらいで、箱根園港・ケーブルカーの駅に着きました。

これから、ケーブルカーに乗って山頂にある

箱根神社の、元社を目指します。

 
  
 
今日は、前回みたいに雪も無く(笑)

いい天気のなか、スムーズに社へ向かいます。

本当に、すごくすがすがしく、気持ちいい!

ここも、素敵なパワースポットです。
 
 
なかなか、ここまで訪れたことの有る女神は少なくて。

今回は、いろいろと詳しく知っていただき、巡ることが出来たと

皆さんに、喜んでくださってました。

わたくしも、お連れできて本当に良かったです(*^^*)

下見した甲斐がありました。

 
  

 
そうそう、土日は空いているんです!

ちゃんと今日は、社の中でお参りができました。

 
  
そして、、、またまた「大受け」することに。

なんと、お参りが一段落して

みんなで、階段を降り始めたら・・

 
 
社が、閉まるじゃないですか!\(^o^)/

女神たちの参拝が終わったから、今日は店じまいなんですね(笑)

ちょうどのタイミングだったので、本当に大笑いしてました。

 
 
 
そうそう、ケーブルカーの山頂の駅は

ツバメが、いっぱい巣を作っていて、これまた縁起が良くて。

今日は、全てが都合よく行ってます。

  
ただ、ちょっとペースはゆっくりかな?

 
 

同じケーブルカーで、一度麓までもどります。

 

 
さて、ここからは、徒歩です。

九頭龍神社の、本社へ向かいます。

ここへは、毎月13日の、特別な日だけは船が出ているのですが

それ以外では、歩くよりほかはありません。

もちろん、それ前提で、みなさんにもお伝えしているのですが・・

  
ふと見ると

「九頭龍神社 ボート往復・片道」

っていう、看板があるではありませんか。

 
  
なんじゃらほい。

あ、でも片道だけでも、船で行ければ

楽ちんだし、なによりもしかしたら

九頭龍神社の、本来の湖側の鳥居から、お参りできるかも・・?

 
 
目に止まったのも、何かの縁。

みんなで話し合って、もし乗れるなら

チャレンジしてみることにしました。
 
 
 
そしたら・・

ちょっと待てば、2隻チャーターしたら、乗れるとな!

おお、せっかくだから、船チャーターしてみましょうか。
 
 
  
待っている間も楽しくて。

なんか、にゃーん、にゃおーんと聞こえてきたら


 
 
自販機の間から、黒猫ちゃんが(笑)

さすが、すこしの間も飽きさせてくれません。

可愛かったですよ。

 
 
なんて言っていたら、すぐにご案内のアナウンスが。

   

どんな船かと思ったら・・

 

おお、かっこいいモーターボートじゃん!

わたくし、西部警察かと思ったよ(古っ!)

大門軍団がのりこみそうな感じの。

(興奮して、写真撮り忘れた・・)

ほら、石原裕次郎とかが乗りそうな、あんなモーターボートですよ。
 
 

 
 
一隻(お客は)5名のりなので、

ちょうど2隻で9名。ぴったりです。

 
  
 
 
なんと!
 
これが、今日のいちばんの目玉になろうとは!!

 
 
もうね、めっちゃ爽快なんですよ!

結構スピードが出るし、音もちょうど爽快な感じで。

わくわくするクルージングなのですよ。
 
(写真が少ないのは、ずっとビデオにしてたから。)

今日いちばん、気分が盛り上がったのがここでした。
 
 
 

あーもうじれったい!

すごいスピードで水面をかっ飛ばすの、本当に爽快なんですよ。

映像で伝えたい!

 

貸し切りボートで、セレブ・エグゼクティブ気分なの!

もう一隻の方も、かっ飛ばしで追い抜いていくし、

みんなで手を振り合ったりしながら、もうね、バカンス状態。

海賊船や遊覧船からも、手を振られたりして。

スピード出てるから、風もすごく吹いて爽快で

(帽子は抑えていないと飛んでっちゃうくらい)

すっごく、気持ちよかったんです。
 
 

  

そしてそして・・

貸し切りで、九頭龍さまのとこへ

正式参拝=湖から、できちゃいましたよ!!

これは奇蹟だ!!

 
  
まさに、女神たちが

海から、降り立つのです!

 
  

 
これ、ほんとうにおすすめです!
 
 
 
 
 
そして無事、上陸です。
 


 
ちいさな、弁財天の祠にもお参りしつつ、

本殿へ向かいます。
 
 
 

 
九頭龍神社 本社。

 
しずかなこの神社も

今日は、たくさんの女神たちに参拝されて

どこか嬉しそうな気もします(笑)

あとやはり、ここは静かなのに奥に力強さというか

地力ともいうべきエネルギーを感じます。
 
 
 
 
そう、そしてここでね。

クロアゲハを見かけたんです。

  
わたくし、メッセージは羽根とかじゃなくて

いつも、チョウチョが運んでくれるのです。

開業した日は、見事なアゲハチョウが家で蛹から出てきてくれたり

要所要所で、飛んできます。

  
クロアゲハは、相当に霊的な蝶。神社とかでよく見ます。

今日は、霊的な日だしね・・って思ったら。

  

女神が

「せんせー、もしかしたら、黒、っていうの、キーワードなんじゃないですか?」

 

 
おお・・おお・・!

黒!

 
 
そう言えば。

さっき書いた、急遽買ったバッグは

黒革のカバンでした。

久しぶりに、ビジネスっぽいのも良いのかなと思って。男神だし。

 
そして、龍神の男神は、けっこう黒龍としても出てきますし

さっきの動物占いは黒豹。

しかもさっき、黒猫出てきたし。

そして、これでもかってクロアゲハ。

 
 
ああそうか、スマホが一瞬ブラックアウトしたのは

いま、ゴールドのスマホ使ってるから。

さっき、何色にしようかな、なんて悩んでいたけど

次はグレイかブラックのスマホにする必要がある。悩んでる場合じゃなかった(笑)

(あ!ブラックアウトか!黒だよね)

 
 
わたくし、服に関しては

これからも、明るめの服着ると想うんです。自分には黒は重いかも。

でも、だからこそ、アクセントで

カバンとか小物に、黒が必要になる。これからは。

だって、男神力のことも話していくんだもの。

なめられてはいけない 防御のために

(黒は、防御の色)シールドとして、必要なんだ。

  

はい、近いうちに(ほんとに壊れる前に)

黒いスマホに、買い替えます。はい。
 
  
 

さてさて、そんなこんなで 
  
公園内を、楽しみながら

最後に、近くの白龍神社へ参拝して・・

(こっちは女性のエネルギーです。

 まさに、黒の反対ですよね)

 
 
 

おお、今日のお参りは、すべて完了です!

おめでとうございます(*^^*)

 
  
ちょっとのんびり目でしたが

女神は金斗雲が助けてくれるのですね(笑)

いい感じの時間で、終了です。

 
 
 
ここからは歩きます。

湖をそのまま北上して、

小田急のロープウエーを目指します。

途中、お土産とかを買いながら、楽しく進みます。

 
  
すると。

ロープウエイ、終わってんじゃん!

 
 
5時までだったのですね・・

あ、でも大丈夫。バスはあります。

  
すぐのバスは、とっても混んでいたので

15分後に来るという、次のバスを待っていたら・・

 
 
ほぼ貸し切り。

もちろん、全員が座れます。

さっきの満員バスは、なんだったのか。

  
そして、このバスはそのまま、箱根湯本駅(特急始発)まで

みんなを運んでくれます。

これ、むしろ女神たちに、お疲れ様でしたっていう

ロールスロイス代わりの、粋なはからいだったのです。

最後の最後まで、なんというはからい・・

毎回感じるのですが

女神がたくさん集まると、本当にすべてが奇蹟に彩られるのですね。。

 
 
 

そして、そのまま今回はあまりここにとどまらず

スムーズに、帰りの特急に乗って帰りました。

 
  
 
 
 
 
本当に、最初から最後まで

とても楽しく、またとても気づきの多い旅でした。

なんかいも大受けして、笑いの多い旅でもありましたが

そしてやっぱり、奇蹟が起きた(笑)

むしろお約束になってますね。

 
 
  
 
今回も、本当に良い旅となりました。

お越しくださったか方、応援してくださった方、

本当に、ありがとうございました(*^^*)

 
  
またやりますね!

今度は、都内スピリチュアルツアーの予定です。

 
  
 
今日も。お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・・!

またね。
 

 
 

あなたの男神力&女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神,男神力,催し物など — 楽 11:07 PM  Comments (0)

誇り高い狼の男神(5)月の女神と狼の男神

女神力&男神力ナビゲーターの楽ちゃんです(^^)

いつも応援してくださって、本当にありがとう!

まあ、一息ついていってくださいね・・

 
 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 

 
 

 
神話 月の女神と狼の男神             (作 楽 真一)
 
 
 
 
 
宇宙の外からやってきた。

たったひとつの、かけがえのない存在。
 
 
 

それは、あなた。

本来の、一つのあなた。

あなたは、この宇宙の、外側からやってきました。

でも、この宇宙は3次元。そして、陰陽のコントラストの世界。

すべてが、2元性で、できています。

宇宙の外の次元とは、全く違います。
 
 
 

まるで水が、蒸気から液体、そして個体へと変化するように

そのままでは、存在できない・・

それでも、あなたは宇宙にはいります。

よっぽど、探究心があったのでしょうか。
 
 
 

そして、2元性である、この宇宙へ突入した瞬間。。。

あなたは、2つの魂に、別れました。

そう、ツインソウルの誕生です。
 
 
 

最初は、星々の間を駆け巡りながら、楽しんでいた2人は、

そのうち、もっといろいろ、知りたくなりました。

そこで、もっと波動を下げた「物質」というものに、チャレンジします。
 
 
 
 
 

最初は、星になりました。
 

チャレンジャーの「男」側が、太陽に

愛や受容性の「女」側が、惑星になりました。

自分で光ってみたい、チャレンジャーの彼は太陽となって光を放ち

その光を受け取ってあげる、反射して太陽に魅せてあげるのが、彼女でした。
 
 

そして、いつしかこんどは

ある、惑星の中にいる、生き物たちの中に、入りたくなりました。

言い出しっぺは、もちろんチャレンジャーの彼。
 
 

彼女は、ええーっ、大丈夫?なんて言いながら、それでも送り出しました。

そして、彼をちゃんと見守るために、エネルギーを送り、帰る場所を作るために

彼女は、月となりました。
 
 

 

さて、彼は地上に降り立ち、動き回る動物の中に入りました。

そして、どんどん体験を積み重ねます。

特に気に入ったのは、誇り高い狼やライオンなどの、高等動物。

彼は、地球というアトラクションに、ぞっこんになりました。

月の彼女は、エネルギーをどんどん送ってあげて

動物の彼を守るために、森にも彼女のエネルギーを注いでいきました。

だから、森は女神のエネルギーで満ち溢れ

狼である彼は、時々、月に向かって咆えるのです。

 
 

  
ですが、そんな関係が長く続いた頃・・

そのうち彼は、とっても地上に馴染みすぎて

あんまり、帰ってこなくなりました。
 
 
 

これはいけない。なんとかしなければ。

そう思った彼女は、その時、一番進化していて

なんとかなりそうな高等生物である、「ヒト」の中に入りました。

こうして、月から降り立った

女性のヒトは、女神となりました。
 
 

 
 

そして、地上でも、動物の彼を見守ることになりました。
 
 

しばらくは、それぞれの体験を重ねながら、

彼女は彼を見守る、という時期がつづきましたが

さすがに、彼女は寂しくなって、彼に「そばに来て」と、おねだりしました。
 
 

彼も、「そうだね」と答えて、いちばんヒトと馴染みやすそうな

でも、誇りも高い動物である、狼の中に入って、

ヒトの中にいる彼女に、近づきました。
 
 
 

そして、彼の魂は、狼から抜け出て、男性のヒトの中に入りました。

ようやく、しばらくぶりに、おなじ存在の対になって、

彼と彼女は時を過ごすことになりました。
 
 

ここでようやく、ヒトとして、女神と男神が、対になったのです。
 
 

ちなみに、魂の抜け出た狼は、その後犬となって、彼・彼女たちを守ります。
 
 
 
 

さてさて、しばらくは再会を喜んでいた彼ら。

ですが、ちょっとエネルギーに、差が出てしまっていました。

彼女は、ヒトとしての体験が長くて、上とつながりやすく、言葉も達者でした。

彼は、動物としての体験が長く、誇りは高くエネルギーもありましたが、

言葉とかはまだ苦手て、ヒト型の男神としては、まだまだでした。

 
 

そこで、彼はまたチャレンジを申し出ます。

男神として、力をつけてみたいんだ。

数千年後の、アセンションに向けて、飛び立っていみたいんだ、って。

今から、ほんの数千年前の、出来事です。
 
 

彼女は、ちょっと迷いましたが

何と言っても、彼の願い。聞き入れてあげました。
 
 

さあて、ここからです。ちょっと歯車がかみあわなくなっちゃいます。
 
 

彼は、まあ頑張ったのですが

残念ながら、男神になろうとしながら、なりきれませんでした。

人間のままで、主導権を握ることが、多くなってしまいました。

男性が、女性より優れている、という思い込みの時代が始まったのです。

そして、男の立場を守るために、女性を卑下してしまいました。
 
 

彼女も、彼に主導権を渡したとに

いつしか、自分が先にヒトに入って、

女神として過ごしていた日々を、忘れてしまいました。

女権制から、男権制へと移り変わり、男性が女性を縛るようになると

女性もまた、幸せのためや、生活のために、男性を縛るようになりました。

そのために、少しでも、男性をおとなしくさせないといけません。

だから、男はみんな狼よ。=男はワンコちゃんになっておとなしくしててね。

と、願う日々が続きました。
 
 
 
 

お互いに、お互いが神であったことを忘れてしまったがゆえに

お互いを、コントロールしてしまっていたのです。
 
 
 

そんな時代が、何千年か続いたころ・・
 
 
 

ようやく

アセンションの時が、やってきました。

アセンションは、気付きが一気に深まる時。

そして、本来の自分自身に、目覚める時。
 
  

彼と彼女が、チャレンジした数千年前から、

リセットタイマーとして、アセンションは設定されていたのです。
 
 
 
だからこそ、今、いろいろ起きているのです。

だからこそ、今、本当の相手と出会っているのです。
 

今こそ、男性は誇り高い狼の魂を持つ男神として

今こそ、女性は愛と光の溢れる美しい女神として
 
 
  

目覚めましょう!目覚まし時計は、鳴ったのです!

 
 

この後、彼も彼女も、本来の自分を思い出し

手と手を取り合って、遥か上へと、登っていきます。
 
 

そろそろ、地球は卒業かもね。

そろそろ、この宇宙も、いいかもね。

 

 

2人は、また次の旅へ、出発していきました。。。

(おしまい)
 
 
 

あなたも、目覚め、開かれていきましょうね。。!

あなたの女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神,男神力,物語 — 楽 9:22 PM  Comments (0)

誇り高い狼の男神(4)男神とプライド

女神力ナビゲーターの楽です。

いまは男神力ナビゲーターですね(^^)

いつも、応援してくださって、本当に感謝しています。

まあ、ひといきついていってくださいね・・

 
 
 

 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 

 
 
 
さて。それでは

男性が、男神になっていくには

どうすればよいのでしょうか?
 
 
 
 
 
そもそも、男性は

足りない状態で、生まれてきます。

 
 
女性は、生まれながらにして女神ですが

男性は、生まれたまんまでは

基本、男神にはなれません。

 
 
 
なぜか。
 
 
 
まず、肉体の遺伝子から、そうです。

女性は、全てがX遺伝子でできていて

男性は、一つだけY遺伝子(染色体)があります。

一本、足りないのです。だからY字型になる。

 
 
男性は、足りない状態で生まれてきます。

でもそれは、劣っているという意味ではなく。

わざと、足りない状態で生まれてきている、ということなんです。

 
 
足りないから、成長して埋めていくことができる。

足りないから、これまでの自分では無い、なにかになることができる。

 
 
女性は、生まれながらにして女神です。

そのままで良いのです。

男性は、そのままでは男神になれない代わりに

どんな男神になっていくか、自分で選ぶことが出来る。

 
 
 
これが、霊的に見た

男性の、チャレンジの真の目的です。

 
 
 
はるか昔・・

まだ女性だけに霊が宿っていた時は

venus(ヴィーナス)だけだったのですが

その後、近年の発音では

GOD(ゴッド)は男神で

GODDESS(ゴッデス)が、女神になった。
 
  
 

これは、男性が上位、というわけではなく、

本来、GODDESSという状態が、足りている状態で

男性は、足りない状態から、新しく作り上げていく存在である

という意味だったのです。
 
 
 
  
 

 
たとえるとね・・・

魔法的に言えば。
 
 


 
 

自分らしく生きる詠唱魔法を、

女性の場合は、最初から知っている。巻物に全部書いてある。

忘れていたり、封印していたら、封印を解いて思い出す、というのが

女神的な答え。
 
 

男性は、うまれつき与えられた

詠唱魔法が、途中までしか書かれてない。

巻物の後半は、空白。

ある程度の、自分の魂の型や計画は

前半の詠唱魔法に書かれていて、

そこがヒントにもなるし、全く無視することも出来ないのだけれど

後半の詠唱魔法を、自分で書かなきゃいけないのです。

どんな魔法にしたいのか、どんな存在に自分はなりたいのか。

そこを、自己責任で完成させていくのです。

 

 

だから、男性は、自分で悟らなきゃいけないのです。

 

 
 
なので、

男性は、意識的に成長をしていく、

あるいは霊的に強くなってく必要があります。

そして、どんな男神になりたいのかを

見つめ、決めていく必要もあります。

 
 
 
ここが、女神との決定的な違い。

女神は、ありのままの魅力を受け入れるだけでいい。

男は、男神になるために、

女神とは別の、必要なプロセスが挟まれるのです。

 
 
 
 
どんな男神になりたいのかは、本当に人それぞれで

それこそが、男性の生き様に繋がります。

 
 
今回のシリーズは、男性的にちょっと硬い雰囲気で書いていますが

超超自由人、遊びまくるぜ、というのも、立派な男神です。

自分で、今回はそうなりたい、と決めることが大切で

またこれも、人それぞれなのですが

生まれる前に、どんな男神になるか、計画をしているのであれば

それを思い出していく必要があります。

ここは、女神は思い出すだけでも、女神として目覚められますが

男は、その後、思い出した男神になっていくプロセスが続きます。

計画が、あまりなかったり、あるいは自由という計画が含まれていたら

自分で、どんな男神になるか、決めていくところからチャレンジです。

どんな男神になれる資質が自分にあるのか、そこを見つめていく必要もあるからです。

もちろん、中にはそのままの自分を受け入れることが

男神への道になっている、という人もいるでしょう。

それらも全て含めた、男神へ成長していくプロセスなのです。
 
 
 

 
 
 
  
 
 
男性の方が、結果にこだわる。

その本能の、真の意味はここでした。

 
 
そりゃそうだ。

男神に、「なる」ことが目的なんだもの。

結果にこだわらないのであれば、男性に生まれる必要も無いわけです。
 
 
 
これまで魂が持っていなかったり

経験が少なかった部分を、足していく・強化していく

成長していくには、男性として生まれたほうが

より適しているとも、言えると想います。

 
 
そしてまた、不完全に生まれてくるということは

不安定でもあり、また上昇する保証もないので

もしかしたら、失敗したり、逆に波動が落ちちゃうかもしれない。

波動が落ちちゃうと、生まれる前に居た場所へ

極端な話、帰れないかもしれないのです。

男性として生まれてくるということは

成長する可能性も、無限に豊かでありながら

実は、とてもリスキーなことでもありました。

 
 
 
だから、上昇してやる、という

プライドが、あるんですね。

男性にとってのプライドは

霊的に、それこそ生き死にや存続に関わる

とても大切なエネルギーだったのです。 
 

 

 
だから、男性には特に最初

上と繋がる力が弱く

実体験によって、理解を深めて行く必要がある。
 

 
 
だから、男性には子宮がなく

(女神にとって、大切なエネルギースポット)

無いから、丹田を鍛えていく必要がある。

 
 
 
よくね、

女性は

生まれた時から、女として生まれて

男性は、

生まれた時は男の子だって

それから成長して、男になるんだって聞きますが

まさに、このことを言っていたのです。

 
  
 
男の子育ては、責任重大だ。

ワンコのままにとどめておいてはいけなかった。

ああだから、親の言うこと聞いていればいい、と育てられたら

特に男性が、潰れるのです。

男性も、人間のままいてはいけないし、いさせてもいけない。

男性にとって、独立心、というものは魂の生命線なのです。

ああだから、わたくしはいつも、子供たちに独立しなさい

ちゃんと一人で、生きていって好きに幸せになっていいと、

言い続けていたのです。

親としては当たり前の台詞ですが、深い所でわかりました。
 
 
 
 
 
男は度胸、女は愛嬌、なんて古い言葉がありますが

愛嬌は、女神力の中に含まれていて

度胸は、男神力の一部。度胸がないとチャレンジできないから。

 
 
 
男性のプライドが、

霊的に、意味があったということに気がついて

わたくし自身も、どこかほっとしているのです。

 
 

これまで、わたくしは勘違いをしていました。

これまで、生きてきた世界で

人によってプライドはちがう、ということは見てきましたが

どうにも、人によっては、

プライドが邪魔をして大変に見えていたことが合った。

  

それは、プライドが悪いのではなかった。

その人が、目指しているものや場所に問題が合った。

人間のまま、ワンコのままの価値観で、

目標や守るもののためにプライドを使っていたら

それは、本人もしんどいし、まわりも傷つく。

 
一方、先に書いてきた、わたくしがお世話になった人々は

真の意味で、プライドがあった、男神ばかり。

まさに、天と地の差があったのです。

(神とワンコなのだから、本当に天と地・笑)

 
 

  
魂が、本当に望むものを知って、あるいは気付いて

ちゃんと、自分でその方向を見て、決断して

そこに、プライドを持って進んでいく。

いろんなプロセスも、プライドをもって受け止める。

 
 
プライドは誇りです。

真に誇り高い男神になるために

堂々と、自分自身にプライドを持っていて良いのです!
 
 
 
そして、あなたという、男神になっていく。

そのために、あなたは生まれてきたのです・・!

 
 
 
やはり。
 
男性は、誇り高い狼の魂を持つ、男神です。

  
 
 
  
つづきます。

 
 

あなたの女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神,男神力 — 楽 12:24 PM  Comments (0)

誇り高き狼の男神(3)何を持って男神力なのか

女神力&男神力ナビゲーターの楽です(^^)

いつも、応援してくださって本当に感謝です。

まあ、一休みしていってくださいね・・

 
 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 

 
男性は、誇り高い狼、そして男神。

これはわかりました。

 
 
では、実際に

なにをもって、どういう部分をもって

男神、あるいは男神力があると、いうふうに

定義できるのでしょうか?

 
 
 
 
 
これは、実際に

わたくしが体験したこと。

人生で、出会った男たちを

振り返りながら、説明していくのが、一番早い。

 
 
 
 
まず、小さい頃では

ちょっと、家族では居ませんね(^^ゞ残念なことですが。

 
 
もしかしたら、ほかの何処かにも、居たのかもしれないけど

気付いていませんでしたね。

 
 
 
 
 

今のわたくしが、覚えている範囲で

一番最初に、尊敬できると思ったのは

中学の時の、吹奏楽部の顧問の先生です。

  
 
 
 

もう相当ベテランだった、女性の教師です。

 
おい、女性じゃん!(笑)

いえ、今日の記事の中で唯一の女性ですが、男神系です。

読んでくだされば、わかると想います。

 

 
 
中学の時。

私の中学、田舎の公立マンモス校で

クラスが、1学年10クラスくらいあったんですが・・

 
 
もうね、信じられないくらい

学校、荒れてたんですよ。

リアル・スクールウォーズ。

 
 
普通にタバコとか吸ってるの多かったし

授業中花火が上がるし、

廊下はまじで自転車やら通るし

いじめ暴力、日常茶飯事でした。

ケンカとか弱かったわたくしは、びくびくしながら過ごしてた。

事実、何回か警察来ていましたしね。
 

 
 
でもね、

その吹奏楽部が、楽しくて

それだけのために、学校に行けていました。

 
 
その先生が、いい人で。

いい人と言っても、単に女性らしい優しい人、というのではなく。

すっごく、ある意味男性的な

厳しさと優しさを、持った人でした。

 
 
 

音楽室に、こんなライトは無かったけど(笑)
 

 
コンクールとかの時期になると

毎日、合奏の練習が有るのですが

時にはしっかりと厳しく指導しながら

でも、ちゃんと音楽が好きでいられるような配慮もして

そのバランスが、絶妙でした。

 
 

 

 
たとえば、こういう部活って

ともすれば、すっごく体育会的にも、できるんです。

もしかしたら、そのほうが一時的には上達するかもしれない。

でも、たとえば3年間頑張ったとして。

もう、高校では吹奏楽いっか、大変だったし・・とかってなるのでは

いくら金賞取ったからって、意味はない、と考えていた。

音楽も、楽器も、せっかくだから好きになって欲しいと。

 
 

 
教育とは、本来そういうものであると。

コンクールの結果も、もちろん目指すべきものの一つでは有るけれど

いちばん大切なのは、教育者として、

生徒たち、部員たちに、部活を通して

音楽や演奏の、面白さや素晴らしさを、伝えていくこと

一人ひとりの人生にとって、良い影響を与えることなのだと。
 
(これは、あとから本人から聞いた話。。。)

 
 
 
 

かといって、なあなあでもなく。

その辺が、とても上手だった。

 
そして、ちゃんと生徒のこと、一人ひとりと

向き合ってるのが、すごくよく分かる人で。

なんというか、女傑タイプ。

ぴしっとしながら、根は優しかった。

だから、合奏も個人練習とかも、

すごく楽しく、出来てました。
 

 
 
この先生のお陰で、音楽も楽器の演奏もとっても好きになって

その後、わたくしは音大へと進むことにも繋がるほど

人生を、変えてくれた人でした。
 
 
 
その証拠に。

卒業してからも、家に遊びに行ったりしてました。

それも、わたくしだけでなく

いろんな期の、いろんな生徒が。

 
 
そういう、なぜか慕ってしまう、

信頼してしまう、そんな雰囲気を持つ

そういう、立派な指導者でした。

 
  
 
 
 

次に高校に上がった時の、音楽の先生もそう。

(これから先は、全て男性です)

もちろん、個性は違いましたが

この先生は、しっかりした指導と、ユーモアのセンスも良くて

やっぱり、生徒一人ひとりを、ちゃんと尊重する人でした。
 
 
予選を通過したときには

やったあーーって、みんな以上にもりあがって

結果が出なかったときには

すまんかったなあ、って、みんなの前で涙を流す人でした。

だれもわるくない、わしのせいだよって。

 

 
 
中高とも、先生の質って、正直人により激しいじゃないですか。

生徒から見たら、バレてしまう。

 
 
でも、いちばん大切な=当時は音楽の先生が

中高とも、とても良い人に恵まれたのは

本当に、今思えば奇蹟でした。

 
 
 

 
そして、高校の時。

はじめて、プロの人に習い始めたのですが。

 
 

その先生が、これまた本当に度量のある素晴らしい人で。

 
 
当時はまだ橋がなく、大きな楽器を担いで

船と電車を乗り継いて、大阪まで通っていたのですが

本当に、その価値が、いえその100倍の価値がある先生でした。

 
 
 
 
 
ど田舎の吹奏楽しか知らなかったわたくしの

演奏の悪い癖を、初めてのレッスンの時に、瞬時に見抜いてくれましてね。

 
その時のこと、今も覚えているんですよ。

とりあえず、音階をまんべんなく演奏した後

楽器は床において、マウスピースだけ、1時間の指導をしてくれて。
  
 
 

 
この、口にあたっている、おちょこ・小さいハンドベルみたいな

部分だけ外れるのです。そこだけを手で摘んで、レッスンしてもらって。
 
 

このやり方を、覚えて、帰ってからも練習するようにと。

 
 

 
  
すると、どうでしょう。
 
 
 

高音域、とっても出すの苦手だったのに

あれよあれよと、きれいに出せるようになって

一ヶ月の間で、これまでより

1オクターブ半、美しい高い音域が、出せるようになったのです!

たったの、1回の指導だけで、です。

ありえないことです。

 
  
このお陰で、その後幾年月、

わたくしが演奏をやめるまで

特に、高音域において

プロになっても、困ったことは一回もなかった。

まさに、神業の指導でしたよ。

 

  

そしてね、ここもなんです。 
 
とにかく、この方も

ちゃんと生徒のことを、人として扱ってくれて

ちゃんと、個性も大切にしてくれる人でした。

 
 
わからないこと、何でも親身に答えてくれて

なんというか、その人柄だけで

大切なことがわかちゃう、伝わってきちゃうような

そういう、不思議な魅力に溢れる人でした。
 
 
 

それに、とても正直で。

内容によっては、

いや、それわしも悩むんだよね、なんて

正直に質問に答えてくれて。

もちろん、その一言では終わらない。

しっかり、深いところ、いつも教えてくれました。

テクニックだけでは、決して無かった。

だからこそ本当に尊敬できた。
 
  
 

そうだ。

はじめて、演奏者「同志」として

あんなへたっぴな自分を、対等に扱ってくれたのが、先生だった。泣いた。
 
 
 

 
あとから、いろんな演奏家と接する機会がたくさん増えたのですが

腕が圧倒的でも、人柄は、とかっていう人も、決して少なくない。

でも、この人は

演奏も、人柄も、本当に豊かだった。

本当に、すごくいい音、響かす人だったのですよ。
 
1音、長く伸ばすだけでも、ジーンとくる豊かな響きなのです。
 

 
 
 
その後わたくしは、東京の方へ進学したので

その先生のもとからは、離れていってしまったのですが

時々顔を出しては、また同じようにお話したり、指導してくれたりして

(他大学ということは、他の先生の門下生に鞍替えするということです

 でも、そんなことまったく気にするようなひとでは、もちろんありませんでした)

ずっと、暖かく見守ってくれるような人でした。
 
  

 
 

 
そして、こちらの世界に来てからは。

前々回に、お話した

気功の先生で、霊能者で、お坊さんでもあった師匠。
  
 

 

 
ほんとに、エネルギー的にはこうだったです。
 
シビアだけど、静かに、そして優しさもあった。

 
こちらの世界に来てからの

すべての基準は、亡き師から教わりました。

 
 
 
 

 
・・・今日の人たち、

最近再会した人を除いて、全員、天国だよ。。。泣ける。。

 
  

さて。

彼らはすべて、まずは良い人です。

そして、単に良い人、というだけでなく

ちゃんと、力強さも持っています。

 
また、それぞれ

その人なりの、揺るがないポリシーというものも、

しっかり持っていました。

 
 
そして、余力もあって

ちゃんと、人と向き合えていました。

もちろん、自分とも、です。

 
 
当然に、それぞれの立場で

社会的に活躍する機会を掴み

現実として、実際に、働いたり、活動をしていました。
 
 
 
 
 
あと、単に歯車でもなく

自分の意志で、自分の人生の選択をして

その生き様、生き方を、自分の責任で

歩んでいました。
 
 
 
 
端的に言って、本物でした。

 

 
  

男神が、本来の男性の力であるなら

彼らこそ、男神です。

本物の男神たちです。

 
 
  

彼ら・・誇り高いですよね。

別にそれを、誇示するわけでもなく

生き様で、あるいは背中で、見せていた。

そして、ちゃんと相手の、生徒の独立心も、尊重していてくれた。

 
それぞれに、苦労もたくさん、あったと思う。

でも、そんなことはおくびにも出さず、

相手のために、出来ることをしていました。

 

もちろん、もっと自由な男神も、たくさんいますよ。

締めるべきところだけは、しっかり帯を締めて

あとは、自由に旅をしているような。。

まあ、一年中飲んでいたとしても。

お酒の神・バッカスやデュオニソスも男神。
 
 

共通していてるのは、

自分で、自分の生き様を選んでいるということ。

自分の意思で、そうしているのです。
  
 
 
 

 
これらは、全てそのまま、

男神の要件=男神力、なんだと想うのです。

 
 
 
誇り、プライド、自分の想い、独立心、尊重、適切な境界

厳しさと優しさ、見抜く力、大切なことを守る想い

自らの実行力、実現力、エネルギー、指導力、度量。

そして何より大切な、自分自身の自由意志と、責任。

 
 
  
これらは皆、男神力といってよいでしょう。

ようは、本物の男、ってことですよね!\(^o^)/

 

 
※ おお、ひとつ抜けてる。男性のセクシュアリティー。

  今回の男神たちは、いわばお仕事・公的に接する方たちばかりですので

  = 要は、彼氏では無い(笑)ので

  その視点が、まだ今は抜けてます。抜けてることだけがわかっています。

  これは、今後掘り下げて、研究します。 
 

 
 
  
 
 
 
今のところ、わたくしは

ワンコ ~ 男神候補生 ~ 男神

という、3つのクラスに分けていますが

(これはまた改めて書きます)

 
 
 
 
男神にとって、いちばん大切なのは

自分のことを、自分で決断する

深い意味での、自己責任を引き受けることだと想うのです。

 
 
そのプロセスを踏んで、理解して、実践して初めて

男性は、成長して、男神として目覚めていくのだと想います。

  
 
 
そして書いていてびっくりしたのが

わたくし、普段の今の活動では(特に今は圧倒的に)女性が多いのに

ここで出てくる人たちは、ほぼ男性であること。

要所要所で、本当にお世話になった人たちは、

みんな男神の、エネルギーを持っていたこと。

 
  
 
 

なんてこった。

 

 
わたくし、これから本当は

男神力を、伝えていくのかね。
 
 
 

 
うん。男たちも、助けたいですよ。

 

  
 
昔、男性性が自分には欠けているとおもってコンプレックスがあって

それは、いまもどこかでくすぶっていたように想うのですが

狼の男神力に気付いてからは、すべての謎が溶けたんです。

これもまた、おいおい書きたいところなのですが。
 
女子力が、女神力の一部にすぎないことと同じで

一般的な男性力も、実は男神力の一部にすぎないことだと気付いたということです。

書いちゃったよ(笑)もちろんもっと掘り下げて改めてね。

  
 
 
 
ということでね。

一般的なイメージの、本物の男が

そのまま、男神力で、あっているでしょう。

 
 
でもね、ハリボテではなく。

一対一だと、必ずバレる。
 
 

ちゃんと相手のの本質を見抜く力もあり

相手のことを尊重する余裕もありつつ

自分の誇りある信念とともに人生を歩む。

そして、その責任も選択も、自分で持っている。 
 
 
  
それは、今日書き記した、すべての先生が

持っていたものであり

そして、お坊さんであった師匠には

男神力を、じつは直接、教わっていた。
  
 

 
 
 
まさに、ポセイドン(大いなる海の男神)のような

エネルギーを、魂に持っている男性こそが

真の男神だと、想うのです・・・!

 
 
 
 

※ 追記

決めた。男神向けは、まず音声として配信します。

通勤しながらでも聞けるもの。

男神力開放プログラム。

ワンコの中で、なぜ狼は苦しかったのか。

狼としての誇りを取りもすためには、どうすれば良いのか。

自分への問いかけかた。

通勤途中でも出来る、禅宗和尚に聞いた丹田を鍛える呼吸法。

人生の責任を引き受ける覚悟をつける。

男神だけについてまわる金銭的ブロックについて。

使命の見つけ方。

生き方、心根について。

狼のエネルギーと引き寄せについて。

ユーモアや笑いの話。

決断の話。

など、10回くらいか。

自力での配信は初めてですが、

できるだけ早く、システムを作り上げて、

確認書とかもしっかりつくったら、

出来次第はじめます。

 
 
お聞き頂いてわかるように、

音声は、エネルギーが乗ります。

文章とは、全く違う力強さがあります。

繰り返し聞くことによって、信じることが出来る。

それに、男性は耳が良いんです、本当は。

言葉によって、繰り返し説得していきます。
 
 

このブログの読者は、女性の方が多いですが

どうか、まわりの彼氏含む、男神候補生たちに

紹介してあげてください。もう、ワンコでいることはやめよう。

本来の、誇り高い感覚を取り戻そうと。

 
 
 

 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・!

またね(*^^*)

 
  
 

 
 
 

あなたの女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神,男神力 — 楽 4:43 PM  Comments (0)

誇り高き狼の男神(2)狼の男神力開き

女神力ナビゲーターの楽です(*^^*)

このシリーズ中は、男神力ナビゲーターですね(笑)

いつも、応援してくださって本当にありがとうございます。

まあ、一休みしていってくださいね・・

 
 
 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 

  
  
 
 
半年前。

ヒーラーのみちよさんの紹介で

山梨の昇仙峡にある

姫の宮神社へ行ったことが

記事の、大本の始まり。

今思えば、

女神力の理解への、第一歩となりました。

 
 
なぜか、その時

ここの対となる、同じ昇仙峡の

男神側の神社にも行ったのですが

相性なのでしょうか、いまいちピンと来ませんでした。
 
 

 
 
ですが、いまは

その理由がわかります。

 
  
男性にとって

少なくとも、私にとって

「同一」のように感じる、神性は

誇り高い、狼だったからです!

 
 
 
  
ということで。

思い立ったが吉日。

今日、行ってきました!

 
 
 
 
秩父霊山・三峰神社です!\(^o^)/

 
 
 

 
ここは、狛犬が、オオカミとして祀らていまして

また霊山の森の中にも、狼が聖なる使いとして居ると

信仰されています。  
 
 
 
男性は、誇り高き狼で、男神だとわかったのですから!

もう、行くしかないでしょう(笑)
 
 
 

池袋からだと特急で90分弱、秩父駅からバスに乗り継いで75分。

けっこうあります。

今日は、霧とも雨ともつかないような天気でしたが

三峰は霧が濃いと、歓迎されているのだそうです。やったね!(*^^*)
 
 
 
 
 

 
 
そうそう!

この、誇り高い狼に、会いに来たのです。
 
かっこいい!(笑)

 
 


 

 
実は、ここは初めてでしてね。

実際の温度とはまた違う

霊山そのものの、ひんやりした空気感

すごく、素敵です。

 
 
 
 
そして、狛犬・・じゃない

狼が、かっこいい!

 
 
すごく、凛々しいです。

そしてね、わたくしが見る限り

こっちのほうが、不思議とね

遥かに自然に、しっくりくるように感じるのです。

 
   

 

なんか、上を向いて

おうぅぅぅぅぅぅうーーーーー!!

って、遠吠えしたくなるような。(実際にしたくなった!)

 
 
 
 
ここでは、「大神」は、そのまま神様で

御眷属様(ごけんぞくさま=神のお使いさま)が、狼であり

狼の、神様名が、

大口真神「おおくちのまがみ」さま。
 
(祝詞のあと、神主さんに聞いてきました(*^^*))
 
 

 
 
なんかね、この三峯神社

どこも、凛とした雰囲気があるのです。

霊山ですから、修験道の厳しさもあるのですが

やはり、

ちょっと、この天気では流石に

片道、1時間半かかる、奥の宮へのチャレンジはやめたのですが

今日は、そのかわり

男神力・解放記念!

お祓いを、受けてまいりました。

 

 
 
  
境内の祭壇には、ちゃんと

誇り高き大口真神(オオカミ)が、一対。

しっかりとこちらを見つめています。

 
 

凛とした雰囲気が漂うなか、

静かに、儀式が始まり

祝詞が、あげられていきました。

 
 

 
 
するとね・・・
 

境内で、祝詞が上がり始めると同時に

なぜか、体が熱く、エネルギーが増して行って

じーん・・・って、涙が滲んできたのです。

  
びっくりしました。

お祓いで、こんな体験するの、初めてです。

 
 
すっごく、エネルギーを感じます。
 
 
しかも最中、

ずーっとオオカミたちに見つめられ

たのむよ、しっかりやんなさいよ。

くらいの勢いで、メッセージが続いていて。

 
  

 
今でも、思い出すと

体の中、熱くなります。

なんか、口から

炎でも出そうな勢いで(笑)

 
 
あとね。

ここの神主さん達、

すごく良いエネルギーを感じました。

 
 
もちろん、どの神社の神主さんも

日々、研鑽に励んでおられ、それぞれの神社のエネルギーがあります。

三峰神社の神主さんたちは、不思議と、なんというか・・

エネルギーが有るんだけど、自然というか

無理がないんです。

 
  
もしかしたら、その真髄には

誇り高い、狼のエネルギーが

実は、流れているのかもしれません。

 
 
(神主さんの写真はとらなかった・笑)
 
 
 

 
 
 

というわけで・・

今日、改めて

誇り高い狼の、エネルギーを頂いてきました\(^o^)/

 
  
やっぱり、体めちゃ熱いです!

ここまで「勝手に」エネルギーがガンガン湧いてくるのは

8年前、初めて神秘体験(精霊のバプテスマっぽいの)をした時以来ですので

すっごく、嬉しいです\(^o^)/
 
 

 
 
これからは、男神も

必ず、増えていきますからね・・・!!
 
 

三峯神社の御食事処で。
 
 

 
  
 
モロの子たちじゃん!(^^) 
 
 

 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝\(^o^)/ほんとに!!!

またね。

 
 
 
 
 
 

あなたの女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神,男神力 — 楽 11:04 PM  Comments (0)

男性は、狼であり、大神・王神であり、男神・雄神です!! (男神・1)

女神力ナビゲーターの楽ちゃんです(*^^*)

もしかしたら、女神力&男神力ナビゲーターになるかもしれません(笑)

いつも、応援してくださって、本当にありがとうございます。心に染みます。

まあ、一息ついていってくださいね。。。

 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 

 
 
 
さてさて、突然開いてしまった

わたくしの感覚。

 
 
 
しっかりと、ここで宣言します。

 
 
 
男性も、男神です!

 
 
 
男性の、一番奥底の本質は
 

誇り高い、狼であり、
 

オオカミ=大神・王神であり
 
 

男神です!!!
 
 
  
 
 
男神は

おがみ。

もしくは、おとこがみ。

雄神でもありますね!

 
 

 
  
 
女性も、その本質は

もちろん、女神です。

 
 
そして、男性の

一番奥の、本質も

男神です。

 
 

両方、神でした!!
 
 
 
真の意味で、対等でした!!!

 
 
  

 
 
これからの時代、この新しい時代においては

男性が、人間のままでいてはいけません。
 
ましてや、ワンコのままでは、

絶対に、いけないのです。

本物の男・男神へと、成長していく必要があるのです。

 
 
 
なので、これからは(とくにしばらくは)

男性が、男神であることを大前提とし、

男神として、ブレイクスルーしていく情報を

最優先で、お伝えしていきます。

 
もちろん、女神が目覚めて

女神力を発揮できるようなお話も

これまで以上に、続けていきますが

男性も男神であることが、前提のお話になります。
 
 
 
 
男性も本来、男神であること、

女性より目覚めにくい存在では有るけど、

対等な神であることを

大前提として、

もっと高いバランスにおいて

女性も幸せになれるよう、

精一杯、情報を紡いでいきます。

 
 

 
この視点は

これからの活動の、主軸です。

 
 

 
 
 
男性も、狼としての本質・力強さ、誇り高さを

今こそ、取り戻す時が来たのです。

  
 
 

 
タイプによっては、

狼だけでなく、熊、ライオン、鷹、など

他の、誇り高き魂たちも居るでしょう。

中には、まだワンコのままの集団の中で

とても、苦しんでいる、誇り高いオオカミたちも、きっといるでしょう。

(わたくしが、昔集団で苦しかった理由もここでした。

 やっとわかったよ。泣いたよ。)

 
 
男性も、もう良いのです。

しがらみから、外れて自由になって。

本来の自分の力を、これから発揮してよいのです。

あなたも、男神なのです。
 

 
 
そして

もちろん、目覚めた女性たち・女神たちと調和し

時にしっかり守り、時に協力し手を取り合って

 
 
 
女性も、男性も

女神として、男神として

目覚めていきましょう!!!

 
 
 
  
※ なお、男神にも、いろいろな本質の個性がありますが

  タイプを解説する場合を除き、

  男性の誇り高い本質を、

  「狼」として、統一して表現していきます。

  
 
 
 

~ ~ ~

 
 
 

今回から暫くの間、

男神に関する、私が感じ信じる話を

紡いでいきます。

 
 
男神前提の、女神力のお話も

もちろん、これからしっかりと再構築して展開していきますが

ここは、わたくしの魂のおもむく・・いえ!咆哮するままに

書き綴っていきたいと想います。

 
 
男性の方は勿論

女性のみなさんにとっても、

良い情報であると信じます。

ぜひ、お付き合いください。

 
 
 
~ ~ ~

 
 
 

 
 
 
 

 
まず、なぜ男性が

狼であり、大神であり、男神であるか。

歴史については、まずはざっくり

その後、エネルギー的にはしっかりと

書いていきます。

 
 
 
 

 
 
太古の昔

・・まだ発掘すらできないくらいも含めた頃

人間は、女神の導きによって、生きていました。

 
 
太古、ほとんどの伝説は

女神が、大地や海を作り

そして、そのまま

「人型=人間」として、

地上や海を、育てていきました。

 
 
何かの理由で

女性と、男性とに、わかれました。

それは、地球や、この今いる宇宙が

2元性でできているからかも、しれません。
 
 
 
肉体的には、明らかに

女性の方が優勢で

男性の方が劣勢です。

(遺伝子見ればわかります。

 男性のY染色体は、遺伝子情報が「足りない」のです)

 
 
 
本当の本当の太古

人間の男性は

人間の女性に導かれる「だけ」の存在でしたが

いつしか、女性と対等のエネルギーを持つ

男性も、現れるようになりました。

 
 
それが、狼の魂を持った男性。

 
 
 
だから、近年では(といっても数千年前)

ピラミッドの時代、動物の頭を持つ神がいて

遥か太古・旧石器時代に発掘された

最古の、女神以外の、人型の像が

この、「ライオン男」なのです。
 
 

 
 
かっこいいよね!

 
 
男性が、人間の頭をしている発掘物は

相当に、最近にならないと出てきません。

 
 
なにかしらの、動物の頭をしています。

なぜでしょうか?

 
 
答えは簡単。

その、誇り高い動物の魂を、持っているから。

 

 
  
 

太古のヴィーナス像は

頭から、全身女性の形ですが

ライオン像と、見比べてみてください。

肉体の「正確さ」が

全然、違うと想いませんか?

 
そう、ヴィーナス像は

女性の愛、美、官能性、豊かさ、母性と出産という

エネルギーそのものを、

とってもわかりやすく、いわばオーバーに

表現しているのです。

 
 
 
 

 
さて、もういっかい。

 

  
 

一方、このライオン像は、

ひと目見て、明らかに男性です。
 
 
まず、

頭以外の肉体の部分は、とても正確。

これは、男性の生まれた目的が

遺伝子レベルからも分かる成長・挑戦であるためと同時に

本質が、後述する誇り高き動物たちであるので

そのように、肉体が形作られていることを

表しているため。

男性にとって、筋肉質であることは

それ自体が、本質の一部なので

体の部分は、そのままの形なのです。

 

 
そして、頭部。

なぜ、動物なのか。

しかも、誇り高い動物なのか。

 
 
そう、それこそ

男性の、魂の本質を

表しているのです。

 
 
女性のエネルギーの源は

命を育む場所と

心を感じる場所ですが

男性は、主に頭をつかいます。

なので、頭部が

動物というのも、その側面からも真実です。
 

 
 
ようは、

誇り高い男性の魂は

霊的に

顔が、そう見えた。のです。

 
 
 
 
 
さて、特に

狼は、動物としても

実際に人間に近づき

犬となって、人間と仲良くなりました。

 
 
狼と、犬は、わかれました。

 
 
ここでね。 

なぜ、誇り高いオオカミが

わざわざ、人に近づいていったのか。

 

 

 
狼は、単に犬になったのではなく

人間に近づいた、狼の

魂は、男性の中に入り

その抜け殻が、犬として残った。

 

 
わたくしは、

これが真実ではないかと、想うのです・・!!

 
 
 
 
その証拠に。

 
 
古代の生活では

男性も狩りに出かけていたようですが

女性中心の時代でありました。

 
 
けっこうな文献で

男性は、「役立たずだった」という説すら有るほどです。

極端な、とある記述によれば

男性の名称が、ありえないくらいの蔑称だったりするのです。

 
 
ですが、だんだん

役に立つ存在になった。

 
 
なぜか。

それは、男性にも

魂が宿ったから。

 
 
 

誇り高い、狼の

魂が、宿ったのです。

 
 
 

肉体としての狼は

その後、犬として

人間を、補佐しました。

 
 
基本的に、犬は人間の言うことを聞きますが

どっちかというと、男性的。

それは、むしろ狼の魂を男性が宿しているから

逆に、犬が男性(の抜け殻)と似ているのです。
 
 
 

 
もう少し言えば

魂の宿る前の男性は、

人間でありながら、犬と同じだったのです。

女性の言うことを、素直に聞いて実行するだけの存在。

 
 

それが、誇り高き狼の魂を宿すことによって

人間の男性が、はじめて真の力を宿し

かわりに、魂が抜け出た狼は

それまでの、魂が無かった男性の代わりに

人間の、言うことを聞く存在になったのです。

 
 
人間の男性と

狼が

入れ替わったのです。

  
 
※ ワンコの名誉のために。

  わたくし、犬とっても好きですよ。

  近所に、いつもお腹撫でさせてくれるワンちゃん居るし、

  人にとってとても大切な存在です。

  それは大前提ですよ(*^^*)
 
 
  
 
さて、昔の男性と、犬が入れ替わった

その証拠に。

 
 
 
犬、っていう言葉は

時に、蔑称となります。

 
 

たとえば、時代劇でね(笑)

 
 
「やいやい、神妙にしやがれ!御用だ御用だ!」

「畜生、てめえ、奉行所の犬だったか!」

 
 
こんな感じで。

 
 
犬のようにしっぽをふる、というのも

女性から見たら、とてもかわいく映るでしょうが

男性から見たら

権力者にしっぽをふりやがって、となる。

 
 

 
 
一方で・・

  
 
時代劇
 

 
「子連れ狼」
 
 
 

遺された息子とともに、さすらいの旅を続ける

剣豪素浪人 拝一刀。

 
幾度となく集団で追いかけてくる敵・柳生一族を

たった一人で、ばさりばさりとなぎ倒し

何事もなかったかのように

またひとりで、去っていく。

 
  
 

死して、屍、拾う、者無し。 

死して、屍、拾う、者無し。

(まちがった!これは大江戸捜査網だった)

 
 
 

 
くうぅぅぅぅぅぅうううーーー!

すげえぜ!

かあっこいいぜ!

そこにしびれる!あこがれるぅううう!

 
 
 
 
男性は、わかってくれますよね(笑)
 

 
女性は、殆どの場合

ぽかん、ってなるか

へえー、くらいだと想います(笑)
 

  

 
これなんです。

狼は、男性にとって

格別に、誇り高い生き物。

 
 
一匹狼、という言葉は

調和を旨とする、女性の世界では

ありえないくらいの話ですが

男性の世界では

孤高の、誇り高き存在として

かっこよく、感じるのです。

 
 
 
 
 
ここなんです。

  
 
 
かつての、蔑称までつけられていた男性は、

犬が身代わりとなって受け継いでくれて

誇り高い狼が

新たな男性として、入れ替わって登場した。

 
 

 
ここではじめて

これまでの、女神であった女性と

対等な、男神である男性が、誕生したのです。
 
 

 
 

男性はね、

(もちろん個性が合って、絶対とまではいいませんが)

本能的な、嗅覚というものが

直感力として、あります。
 
 

 
これは、わたくしの

ヒーラーとしての現場で

事業主や、リーダータイプの男性が

女性的な感受性とは別の

直感力を持つことが多いことに気付いた時

それを、「嗅覚」と無意識に表現していたのですが

やっと、その理由がわかりました。

 

これは、上と繋がる

女性の、女神力とは異なる力

男性の持つ、誇り高い

動物たちの、力なのです。

 
 
 

「もののけ姫」を、思い出してみてください。

 
  

誇り高い、猪族の長である

乙事主(おっことぬし)は

高齢のあまり、目が見えなくなっていても

洞察力と、そして嗅覚によって

人間どもの動向を見抜いていました。

 
 
 
そして、そう。

ヒロイン、サンの

育ての親である

誇り高き、白き犬神

モロの君。

 
 
 
物語の後半で、

知恵をつけたる人間は

動物たちの、嗅覚を麻痺させる匂いを

撒き散らしていくシーンがあります。

これには、さすがのモロの君も、顔をひきつらせている。

 
 
 
 
そう。

男性の直感力は

嗅覚や、洞察力などで、現れるのです。

嗅覚と言っても、実際の匂いとは違う。

洞察力と言っても、単なる頭の回転とは違う。

女性のリーディング力が

単に目で見える、単に聞こえる、ではないことと同じです。

 
 
 

そして、 
 
犬神であるモロの君は、姿形は

どう見ても誇り高き白い狼。
 

 
  
 
誇り高き男神たちの

一つの、理想ではないかと想うのです。

 
 
 
 
 
 
 
 
この話に、痺れた男性のあなたは

もう既に、男神であるか

男神に目覚める、準備ができている人です。

 
 
できれば、女性にも、もちろん目覚めた女神にも

理解してほしい。

 
 
  
 

ここまできて、ようやく

男性も男神となって

初めて、男性も堂々と星のために動けるし

女性・女神にとっても負担とならず

ほんとうの意味で、男女が対等になるのです。

女神と、男神の、誕生なのです。

 
 
 
 
最後に。

 
 

  
書いていて、驚きました。

 
  
 

先に出てきた、子連れ狼の主人公

剣豪素浪人・拝一刀。
 
 

 

拝一刀。

 
 
 
おがみ いっとう。

 
 
  
 
男神じゃん!!

 

まじか!!うおおおおおおーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

 
 

夜中に、叫んじゃいました。

息子が、おやじ大丈夫かよって、見に来るレベルで。

 
 

 
 

 
痺れた。震えた。叫んだ。泣いた。

 
やはり、男性は

誇り高き、狼であり

男神です!

 
 

 
  
(つづきます)

  
 
 
 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・・!

またね。
 
 
  

 

あなたの女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神,男神力 — 楽 11:59 PM  Comments (4)

女神と男神宣言によせて・・最初の体験は、深く刻まれる

女神力ナビゲータの楽ちゃんです(*^^*)

いつも、応援してくださって本当にありがとうございます。

まあ、ゆっくりしていってくださいね。。

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。   
 
 
ちょっと、読んでくださった方

びっくりしちゃったかもしれません。

急に、何があったの!?って。

 
 
 
ええ、自分でもびっくりしてます(笑)

 
 
どかんと開いちゃったのです。

隠されていたもっと深いところの物語が。

 
  
女神と、男神。

これからは、このテーマです。

そして、やはりわたくしは

わたくしの持つ、真実に従って生きる。
 
 
 
これは皆さん、女神たちひとりひとりもそうです。

男神たちだってそう。

当たり前です。だって一人ひとり違うんだもの。

それを縛るのは良くないし、わたくしは決して縛らないのです。
 
 
 

 
 
  
その理由は、「原体験」にありました。
 
 
 

 

まだ、過去記事がひっくり返ったままですが

一回、自分のなかで・・

しっかり区切りつけて、ふうーーって

整頓つけたくて、今日の話を書きますね。

 
 
  
 
~ ~ ~
 

 
 
わたくしの、最初のこの世界の師匠は

気功のお師匠さんで

かつ、霊能者でもあり、お坊さんでもありました。

(念のために、男性でしたよ)

もうすでに、役割を終えて上へ戻っていきました。
  

  

長く、カウンセラーとして活躍してきた師は

気功や瞑想を続けるうちに

突然、チャクラが開いて、いろいろ見えるようになって

(師いわく、見えるようになってしまった)

その後、お坊さんとして得度した方でした。

 
 
  
初めて会った時、

わたくし、まだまだボロボロだった頃で

あんた、気がが枯れてるよ、

気功教えるから、しばらくエネルギー蓄えていったほうが良いよ。

って、ひと目で見抜いて、気功を勧めてくれました。
 
 
 

師匠の気功は、すごくのんびりで、

そしてとても気持ちよくて。

指導も、おだやか。

細かいこととか(角度とかどうとか)言わず、

だいたいの真似でいいから

とにかく、気を感じながら

のんびり、ゆったりとっていう感じで。
 

教室では、生徒さんたちも

動きながら、うとうとしていたりして

すごく、穏やかな空間になっていました。

 
  
太極拳も習ったのですが

こっちは、わたくし全然身につかなくて(^^ゞ

でもね、やっぱり師匠と一緒に動いてると

それだけで、なんか心地よくなったり

スッキリしたり、していました。

 
 
 
 
ちょうのんびり、穏やかな気功なのに

エネルギーが、どんどん丹田や全身に

蓄えられていったわたくしは

 
 
 
師匠に出会ってから、

半年で、下北沢で開業することが出来ました。

助けを求める側だったわたくしが

半年で、まがりなりにも、ヒーラー(当時はセラピスト)として

第一歩を踏み出すことができたのです。

 
 
  
 
 
また、ヒーラー側の、心の持ちよう、

魂の持ち方、視点の捉え方なんかも

機会がある旅、とくとくと話してくれました。

 
  
いいかい、

助ける側と、助かる側は、ちがうんだよ。

もちろん、人は助かって、幸せになっていいし、それはむしろ義務なんだよ。

でもね、助ける側は、ちがうんだよ。

それだけでは足りないんだよ。

二人分、持ち上げていく余裕があって初めて、

助けていくことができるんだよ。

 

  
また、物事を深く読むことも、教えられました。
 
 

一つの可能性だけ、

今の時点からの波動だけで読むのは、よくない。

霊能者は、当てるのは当たり前。

当てなきゃ詐欺なんだよ。

大事なのは、当てた後、読み取った後なんだ。

この人が、どういうふうになったら幸せになれるのか

どうすればいいのか、方法はあるのか

他の道はあるのか、どうアドバイスすれば良いのか

その、可能性を探っていく、というのが

助ける側の、心意気なんだよ・・・

 
 
 
そしてね、こうも言われました。

 
いいかい、まずは

いい人で居ることが、大事なんだよ。

能力とかは、関係ないんだよ。

まず人として、人格なんだよ。

能力とか、そういうものは、

後からいくらでもついてくるものだし

そこを大切に続けていれば、かならず天は助けてくれる。

能力がいくらあっても、人を助けることはできないんだよ。

当てるだけじゃだめっていうのは、これなんだよ。

千人居たら、千人の人生があって、千人の幸せがあるんだよ。

そこを、できるだけ深く読み取っていって、

それぞれの幸せを探してあげること、

これは、考えや見方を偏らせずに

広く、見ていくことが大切なんだよ・・・
 

 
 

カウンセラー・気功・そして能力が開いた後は霊能者として

何十年と、現場で沢山の人と向き合って来た師の言葉は

とても穏やかで、深く、説得力がありました。

まだ、リーディングの力が開いていない

まだヒプノセラピーだけの、セッションを行っていたわたくしでしたが

その話は、聞くたび触れるたびに

魂の深いところに、刻まれていったものでした。

 
  
端的に言って、本物でした。

朝から晩まで、ひっきりなしに来る

相談者との面談や電話をこなしながら

地上での役割を終える間際まで

現場に徹しているような人でした。
 
 

 
  
わたくしが、開業して

キャリアを積み始めてからも

親身になって、いろいろ相談に乗ってくれました。

また、わたくしも個人で、気功を教えることになったときも

(旧・エンパス気功)

おお、それは本当にいいことだ、どんどんやんなさいって

そこでも、気功を教える側の極意を

惜しみなく、与えてくれました。

 
 
 
 
こういうことがありました。
 

 
ある時、機会があって

大きな気功の大会?のようなものに参加したときのこと。

 
 
ここで、大勢で気功とか太極拳をやったのですけど

なんか、協会?の指導員のような人が

わたくしの隣に来ると

ちがうよ、こうだよ、こう!

とかってね、姿勢を正してきたんです。

足の角度がなってない、手の動きがなってない、みたいな。

なんか、教えられたら

かえって、動きにくくなったり

エネルギー感じなくなっちゃって。

 
  
で、そこで気付いたんです。

師匠の気功の、素晴らしさに。

 
 
いくら、表面的に

正しい、教科書では、書物では、伝統では、とかって

言ってても、それを真似しても

ぜんぜん、気が湧かないし、伝わりもしない。

 
 
そうじゃない。

波動や雰囲気は、自分自身で掴むものだし

本当に、大切なこと、本当に大切な深いところの巻物は

魂のこもった言葉でしか、伝わらないということ。

 
 
ようは、本質がつかめていないのなら

いくら上手に読めても、棒読みだし

本質を掴めているのなら

たどたどしい言葉でも、とても人の心を打つ。

 
 
 
気功も、そしてきっと他の全ても

その内容ではなくって

「だれから学ぶか」 ということが

本当に大切だということに、気付いたんです。

 
 
 
 
だから、マニュアルには意味がないし

気にする必要もなく。

実力がないのに、いくらお経を唱えても

効果がないのと、おんなじで

力がある人が、唱えていくから

そのお経、エネルギーが出るのです。

なんだったら、お経を唱えなくても

肚のそこから、ぐうおぉおおおおぁーーーーーー!って叫んだら

それだけでも、悪霊退散に効きますから。
 
  

 
だから、その人、その人が大事。

教えでも、マニュアルでも、システムでもない。

だって、それ自体には意味が無いんだもの。

血が通って、初めて意味が出る。

  
 
 
 
またね、

わたくしの、神秘体験の

一番最初は、キリストとマリアでした。

仏も同時に、一瞬感じたけれど

しばらくは、聖書とかの勉強を深めていた時期がありました。

 

  
師匠、お坊さんですよ。仏の道の人。

でもね、その神秘体験の話をした時に

まるで、自分のことのように喜んでくれてね。
 

 
 
いやあ、それは本当にいい体験をしたね。

すごくいい機会だから、ぜひ学びを深めなさいよ。

じつはね、仏の道に入る前にも、いろいろ迷ってたことがあって

しばらく、教会に通ってたこともあったんだよ。

こことここの教会、すごく良かったから

よかったら、行っておいでよ。

結局はね、どの道もひとつなんだよ、きっと。

 
 
もうね、お誕生日おめでとうじょうたいでね。

大盤振る舞いで、いつも以上にいろんな話をしてくれて。

 
 
いやあ、この人は懐の深い人だなあ・・

どんなときでも、話の通じる人で。

多様性を、すごく大切にしてくれた。

 

他にも、仏の祈り方とか

浄化の仕方、邪気払いなど(密教の僧侶にとっては本職ですね!)

重要なこと、いろいろと教わりました。

仏への祈り方や、丹田のこと。

中途半端に、祈ってはいけないこと(かえって危ない)

しっかりと丹田に力を蓄えて、仏に祈ったり

仏と繋がったり、声に耳を傾けることが大事と

親身になって、教えてくれました。

本当の極意が、全て詰まっていましたが、

それすらも、なのです。

手段・方法というのは、それは枝葉に過ぎなくて。

 
 

こちらの世界で

ほんとうの意味での

いちばん大切な深いところを

一番最初に、師と仰いだ人に

全て、教えられたのでした。
 
 
 
 

 
これが、わたくしの

今の基準に、なっているんです。
 

 
 
 
 
人間、

最初の体験というのは、深く残ります。

だから、わたくし

この生き方、この感覚は

たぶん、一生曲げられないと想う。
 
 
 
 
 

 
今思えば

霊山に、初めて足踏み入れたわたくしを

大ベテランの山伏が

つきっきりで、手取り足取り

霊山の登り方、教えてくれていたようなものでした。
 
 
 
 
 

これをね、今回気づいた

男神に、当てはめてみるとね。

 
 
 
男性性は、たしかにね、

女性性よりは、狭いところがある。

ジャッジメント、結果、プライド。

これらは基本、男性性です。

 
 
 
最初は、男性の方が丹田無いし(子宮がないから)

人生を生きながら、鍛えなきゃいけない。

時に、いろいろ戦いや葛藤もあるかもしれない。
 
そこには、ジャッジだってある。

 
  
でもね、

何が自分にとって、一番大切な部分なのか

本当に、この世界で大切なものは何なのか

そこに気付いて、そしてそれを守るための

ジャッジメントであったり、結果を出すことにつなげていくことが

男性が、赤ん坊から、ワンコから成長して

男神になっていく、プロセスなんだと想うのです。

 
  
 
ワンコは、自分の縄張りのために戦う。

それはもちろん、必要だし、その時点ではそれでいい。

 
  
でもね、男神は

本当に大切なもの、一番深い部分

時に、目に見えない部分を大切にするために、

行動を決めていく。

いままで出会った、素晴らしいと感じた男性たちは

皆、ここに向き合ってこられた人たちばかりでした。

ようやく、ここに気が付きました。

 

 
 
 
男性も、人間のままで、居てはいけなかったのです。
 
 
だから、この数千年、乱れた。

男が、せっかく男神になれるチャンスを

みすみす、逃していたのですから。

男のまま、人間のまま、なんとかしようとしてしまっていたから。
 
 

女神の時代は、自分が女神であると

女性たちは、ちゃんと事実を受け入れていたのに

男神の時代は、自分も男神になれると

理解できない男性が多くて、人間のままでいたから

すごくバランスが、崩れていたのではなかろうか・・
 

 
女神が、沢山の個性の女神が居るように

男神も、沢山の個性の男神が居ます。

男性も、形骸化した男性像を捨て去っていい。

それで、いいんです。
 
 

 
自分は、今回

どんな男神として生まれてきたのか

どんな男神を目指しているのか

(↑ ここが、女神との決定的な違いです!また詳しく書きますね。

  やっとやっと、謎がとけて内心小躍りしているのですよ\(^o^)/)

 
 
 
そこを見ていくのが、男神としての成長でした。

 
 
 
 
だから、女神と男神なのです。

 
 
  
 
~ ~ ~
  
 
 
 
 
この間ね、

昔、とてもお世話になっていた

ある人(男性)に、機会があって会いに行ったんです。

 
 
 
もうすっかりご無沙汰していて

もう4-5年くらい、お会いしてなかったと思う。

 
 
久しぶりに、会った瞬間。

 
おおーーー、楽ちゃんーー

久しぶりーー、元気してた?
 
 

ってね、以前と変わらず

すごくオープンに、接してくれましてね。

 
  
ああ、この人らしいなーって、

なんだか、こっちも嬉しくなって。

昔からとっても、フレンドリーな良い人なんです。

自分では、いい人仮面をはずそう、なんて言っているのにね(笑)

あいや、もちろん根っこの部分から、本当に良い人なのです。
 

 
 
でね。その時なんですよ。

 
 
その人の、隣りに座っていた

わたくしとは、初対面の

とても立場有る男性が

おおー、彼のこと、知ってるの?

って、会いに行った人に聞いたんですよ。

 
 
そしたらね。その人。

 
 
そうなんだよー。

もうね、ツーカーなの。ツーカーの仲だから。

彼ね、いっつも、にこにこしててね

本当に、良いやつなんだよー!
 

 
 
って、すごく心を込めて、言ってくれたんですよ。

 
  
いやあ、内心で

心、震えましてね・・・

  
 
 
だってね、5年ぶりくらいですよ。

下手したら、顔忘れているレベルです。

あちらは、お世話になっていた

その当時以上にもう、すごく忙しくしている方ですから。

それに、男性の世界では

不義理を気にする人だって、少なくない。

 
  

でも、その人は、違いました。

いえ、変わっていなかった。

なんて懐の深い。

 
 
 
 
噂では、何回も人生の困難が合って

信じられないくらい、厳しい体験をしてきたそうなのですが

だからこその、深い優しさなのでしょうか。

同じ言葉を紡いでいても

すごくこう、言葉が染み入ってくるのですね。

心から、発しているのがわかるというか。
 
 
 
 

いまわかりました。

この人のメッセージはね。

表向きも、とっても明るいし、いい気分になる。
 
 

でもね、

根っこには、バックグラウンドで流れているエネルギーはね

こうなんです。 

 
いやあ、いろいろあるよねー

たしかにねー、人生ってそうだよね~

大変だったねー、でもね、大丈夫だよー

大丈夫だからねー、安心しなよ~

  

 
っていう、大きな流れが

有ることに、気が付きました。
 
 
 
そうだよ。だから心にしみるんです。

 
  
彼もまた、男神でした。

本当に大切な核を持っていて

しかも、すっごいきつい時にも

それをきっと見つめてきた。

それがちゃんと、溢れ出ている。

なんか会うだけで、こっちまで安心しちゃう。

 
  
 
 
女性は、ちゃんと生まれつきエネルギーを持っているから

そのままで、女神なのですが

 
 
男性は、成長していく生き物だから

男神に、なっていくもの。

 
  
 
女性も女神となり

男性も男神となって

はじめて、男女が対等になる。

だって、両方神だもの。

 
  
そりゃあ、男性の方が目覚めにくいわけです。

これから、ならなきゃいけないんだから。

赤ん坊のままでは、男神にはなれない。

 
 
 
 
ワンコから、男神候補生、そして男神へ。

ちょっと兵隊的なんですが

一兵卒から、士官候補生、そして将官へと登っていくもの。

ワンコは言う事聞いていればいい。

男神候補生になると、自分の意識が大切になってくる。

そして、男神として成長していくためには

自分の波動を意識的に上げて、そして

責任をとっていくエネルギーをつけていく必要がある。

 
 
  
 
そこに、やっと気が付きました。
 
 
 
わたくしはね。

普段は、女神様たちに、たくさんお越しいただいて

男性と接する機会のほうが、少ないのですが

 
 
人生の、本当に大切な

要所要所で

実は、本物の男神たちに、助けられていたのです。
 
 

 
 
なんか、気付いたら涙出てきた。

 
 

 
もうね、やめます。

さっき、いい人仮面を外そう、って出てきましたが

わたくしも、これからはもう

ワンコ仮面を、外します(笑)
 
わたくしの本質は、オオカミだった。
 
 

 
  
あ、もちろんね

お越しくださる方々に対しては

変わらず、しっかりお手伝いさせていただきますよ(*^^*)

女神に目覚められるように、女神力が出せるように。

これは、変わりませんからね。

男神楽ちゃんの、いちばん根っこの部分なのですから。
 
 

それに、女性はやはり、すでに女神様なので、目覚めるの早いですし

あなたが女神として目覚めると、まわりの女性たちも目覚めやすくなるし

男性たちをも、男神へと導くことだって、できるのですから、
 

  
 

なので。これからは

男性も女性も、人間のままではいけない。

塞がれた、目を閉じた状態はもうおしまい。

 
 

目を開いた、目覚めた、

女神と男神であるんだよ! という

宣言をいたします!(*^^*)

 
 
 
 
 
  
なぜ、太古の昔の、発掘された男性像が

動物の顔の形をしていたかも、わかった!

あと男性性の一番深い本質は、狼だった。誇り高いのはワンコより狼の方。

だから、月とオオカミはセットなんです。人間以前の物語。

オオカミは、大神・王神・男神なんです。おがみ。

男性も、タイプや成長の度合いによって

色々有ることを、これから発掘していきますね。
 
 

 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・!

またね。(*´ω`*)
 
 
 

 

あなたの女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神 — 楽 10:51 AM  Comments (0)

超緊急・男性は男神になるために来たのです!!(女神と男神!)

女神力ナビゲーターの楽です(*^^*)

いつも、応援してくださっていて本当にありがとうございます。\(^o^)/

まあ、一休みしていってくださいね・・

 
 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 
 

さて、緊急です。

わたくし、気付いちゃいました。

 
 

女性は、女神なんだよって

わたくしも、そしてスピリチュアル界全体でも

声たかだかに、言われています。

むしろそれは、常識になってきています。

素晴らしい!\(^o^)/

 
 
でね。

わたくし、気付いちゃったんです。

 
 
 
男性はね、

生まれつき、たしかに神じゃない。

でもね、

男の子として生まれてから

じつは、男神になるための

存在だったのではないかと・・・!!

 
 
 
そうすると

めっちゃくちゃ、とっても深い所で

一気に、沢山わかったのです。

 
 
 
なので、過去の記事を

なるだけ早く、一気に書き換えます!!

 
 
女神と男神!!!

おとこも、神だった!

ただし、ちょことと条件付きだった!

 
 

 
 
男女じゃなく、女男です。

これ大事。
 

なんでかというと、

だってわたくし、

女神力ナビゲーターですから(*^^*)

レティーファーストなのですよ(笑)
 
 
 
というのは冗談で。いや冗談ではないですが。
 
 

霊的に真実なんです。
 

まず、女神がいて

あとから、男神が生まれた。

だから、女神と男神でいいの。

(すくなくとも、「人型」については)

 

これをこれから、書いていきます。

 
 
なので、しばらくは

新記事と、過去記事の差し替えが

けっこう、ごっちゃになるかもしれませんが

ぜひぜひそこは、逆に楽しんで頂いて(笑)

なるだけ早く、切り替えていきますね。

 
 
 
これ、打ちながらね・・

 
わたくし、

めっっっちゃ、楽しいんです!

もう本当に、体中熱くて、燃えたぎってます。く(`・ω・´)
 
 
うおーーーーーーー!!!

ほんとうに、魂が吠えてる。

だから、自分もあえて今回は男だったのか。
 

  
昨日の、ピッツアのおかげでしょうかね(笑)

だってもう、女神と男神って書いていたもの。

 

今早速、昔の記事も書き換えていますが
 
 
ほとんど消しました!!

スクラップ & ビルド でございます。

 

 
ですので、落ち着く先までは

新旧のいり混じりを、ご容赦くださいね・・!

あと、いま気づいちゃった感覚と

そぐわない記事は、消しちゃいます。整合性がとれない。

だって、おとこだって、神なんだものね。

でも、これは仕方がないです。

「楽」になったとたん、脱皮が来るとは・・・!!

 
 
 

 
 

いかん、やばい。

めちゃおりてきてます。

 
そうだよ、

だから男はGODなんだ。

女がGODDESS。あってる。

GODじゃ、足りないんだ。

だって、男はY染色体。

足りないのが男性で

だから、あとから目覚めることができる。

女性はさいしょから目覚めてる。

太古はvenusで別に良かった。xだけだった。

さいしょからホケホケケとへたっぴなのと

さいしょからホーーーーホケッキョウ!って

上手なのの違い。

女性は女神は魔法使いだもの。長いほど良いとは言わないけど

呪文はちゃんと唱えなきゃ。

いいのいいの、片方の性を肯定することは

もう片方の性も肯定することなんだから。

神が神を肯定する。すばらしい!!

やばい、今度こそ、もっともっと深い所で

女性も、男性も、輝けるじゃん!

男が人間のままで居たことが問題。

女が女神であることを忘れていたことと

同じ、また違う意味の問題が合った。

男も男神まで高まれば、まわりめちゃ助かるし

お互いに、神なんだから

救われるし、幸せになれるよ。
 
女神候補生と、男神候補生は

ただし、ぜんぜんちがうもの。

逆も然り。

ワンコが好む女性と男神が好む女性でぜんぜん違う。

説明しやすいし辻褄もあうだろう。

 

 
(気づいた片端から書いてます)
 
断片でわかるひとは

もうこれでわかってください。

 
 
 
過去記事も今記事も

なんとかなんとか、していきますからね!頑張りますく(`・ω・´)
 
 
 
 
 
緊急のお知らせでした!

 
 
 

 
 
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね。

心から、出会いに感謝・・・!

またね。
 
 
 
 

あなたの女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神男神 — 楽 11:59 PM  Comments (0)

女神力の開放(3)女神力の分離・職業女性

女神力ナビゲーターの、楽ちゃんです。

いつも応援してくださっていて、本当に感謝しています(*^^*)

まあ、ゆっくりしていってくださいね。。。

 

 

 
゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。  
 
 

 
 
 
 
シリーズを最初から読みたい方はこちらへ。

女神力の開放(1) 
 
 
  
 
突然のピザですが(笑)

 
 
~ ~ ~
 

古代神ピッツア時代の伝承
 

 
 
 
 
女神マルゲリータちゃんと

男神モッツアレラくん。

なかよく、テーブルに並んでます。

 
 

もともと、女性も男性も

それぞれの素晴らしいエネルギーがあって

それぞれに、魅力も役割もありました。

ですが、ちょっとだけ、男性の方が小さかった。

 
 
でも、僕のほうが大きいやい!って

自慢したくなった男性は

女性のピザを、分けてしまいました。 
 
  

 
マルゲリータちゃん・・・
 
 
わけられたマルゲリータちゃんたちは

それぞれ、女神コーンマヨ、バジリコ姫、踊り子ハラペーニョなどの

小さい女神たちに、分離していってしまいました。 
 
 

 
するとどうでしょう。

全部合わせた大きさでは、かなわなかったのに

一片ずつの大きさなら、僕のほうがおっきいよね。

えっへん、ぼくってすごいね!強いねでっかいね!

 

だから、ぼくが食べちゃうぞ~

ぱくぱくっ!
 


 
 
 
って、食べられちゃいました。

  
 
これが、偉大なる父・モッツアレラ神の誕生秘話である。
  
 
 
 
 
~ ~ ~
 

 
これ・・・真実です。
 
 
 
 
女神力は、封印、という言い方ももちろんできますが

分離された、という言い方も、

とても現状に即しているといえるのです。

 
 
 
前回の女神たちはね

それぞれに、個性がありながら

全方位、女神力が溢れていたじゃないですか。

それは、ちゃんと女神力が、全部中に入っているから。

その上で、個性が出ているだけなのです。

 
 
  
ですが、ばらばらにされた女神力は、

その1つの力しか、出せません。

すると、どうにも弱くなってしまい

結果、男性にかしずかなきゃいけない時代が、続いたのです。
 
 
 
 
逆を見ればわかります。

その証拠に、男性性は

あまり、分離をしていません。

相当固くはなっていますが・・

(ただし、ほかの問題を抱えることになりましたが、これはまた次回)

 
 
 

 

 
女性の持つエネルギーのうちの

特に大切な部分の1つである、

自由さや、セクシャリティーが分離され

母性・純粋性・貞節・尽くす・処女性といった

女神力の、一部分だけが

女性に求められる、一番素晴らしいものとされ

女性のセクシャリティーの表現は、はしたないこととされたのです。
 
  
 
 

これはもちろん、

女性を、家の中だけ、子育ての役割、

はたまた他方では娼婦や踊り子、姫様などに

封印するため。

もっといえば、女性たちを

総奴隷化するための、ものなのです。
 
 

 
 
 
 

 
歴史編でも触れた、

女神の世界から、男神の世界への変遷は

伝説でも、残っている実歴史でも

男性性の方が偉大であり、崇高なものである。

太陽の勝利、男性性の勝利は

低俗な時代からの、精神性の勝利なのだ!

というふうに、なっています。

 
 
だから、官能性は封印され

もちろん、マグダラのマリアも、無かったことにされ

天使とか、セクシャリティーのない存在達だけが

霊的に価値があるものに、されていったのです。
 
 

 

 
ご冗談を。

もし、本当に男性性の方が崇高で、精神性が高いのなら

ここ数千年の、世界中の戦いがたくさん起きた理由はなんなのでしょうか・・

これは、新米神様が、あたふたして、

波動が乱れてしまったのもあると感じます。

もちろん、男性性にも素晴らしいところがたくさんあります。

チャレンジ・挑戦のエネルギー、境界線、リアリティー(地上の現実)への対応力

瞬発力や専門力など、ちゃんと強さがあります。

そして、男神も、ちゃんと目覚めたら、とても強く、物事を動かせますが

ちょっとね、この世的なところを、やっぱり女神よりは選択しがち。

その結果、女性という、ストッパーが機能しなくなったから

男性性が、悪い意味で暴走したといえるのです。
 
 
 
 
 

 

 
 

女性性の内、自由さや、直感力(直感力があると男性の言うこと聞かなくなるので)

セクシャリテティーを分離して、多くの女性からは奪い去って

良くないもの、として卑下することによって

(そして、それが成功したからこそ)

男性は、初めて女性から、優位性を奪うことが出来たのです。
 
 

 
 

 
そして、分離の先にもまだあって。

男性の(エゴ含む)望む女性像や、女性の役割を

女性性をバラバラにした後に

ちいさいまま、たくさん作ってしまったのです。

 
 
 
すると、理想の女性像、なるものが

沢山、出てきてしまいます。

 

 
貞節な妻

優しい母

明るい娘

気を使う彼女

言うこと聞く奴隷女

艶容な娼婦

お人形の様な姫

食べさせてくれる姉御

 

 
これらは、本来は

全て、女性性・女神力の一部として備わっていますが

それらが、ぜんぶ統合されていたら

全員が、前回にも出てきたパワフルな女神になってしまう。

当然、それでは

これを、自分の本来の個性じゃない

女性性の一部を

無理に押し付けられたり、

あるいは開き直って受け入れるしか無い生活を続けると

すごく、辛かったり我慢を強いられてしまいます。
 
 
 
 
 

 
一部だけ、しか出来ないと

女性は弱くなってしまいます。

特に、本来の自分の姿でない場合は。
 
 
 

 
幸せな主婦の女神は、それはもうお幸せに(*^^*)

玉の輿でガッツリ稼がせて、っていう女神も、頑張って\(^o^)/

ですが、自信を失っていたり、無理くり主婦を続けていたら

(特に、相性が良くない夫や、良い人だけど実はなんか違う、とかの場合)

なんか、新しいステップを、踏みにくくなってしまいます。

 

 
ガッツリ、そとでキャリアを重ねていく女神も

(これは、女神のエネルギーが豊かすぎて、見合った男性が

 少なくなってしまうという理由もあるのですが)

仕事だけに集中しすぎていて、かつ本当はいろいろ楽しみたい場合は

ちょっと、心に潤いが、足りなくなってくるかもしれません。

 

 
 
ぜんぜん、主婦だって自由にしちゃって良いのです。

もちろん、キャリア重ねながら大恋愛楽しんじゃってよいのです。

  
 

ですが、力失ってる時は

それができないから、

フラストレーションがたまって

ぷすぷす、しちゃうんですよね・・
 

 
もちろん・・気持ちはわかります。
 
  

 
  
そして、実はここから。

ここからなのです。

 
その、分離してしまった、それぞれの女性性が

フラストレーションを溜め込んでしまうと

悲しいことに、

女性同士で、喧嘩しちゃったり

嫉妬しちゃうことが、起きてしまうのです。

 
 
 
 
ほんとうに、古い昼ドラのような話で、恐縮なのですが(;・∀・)
 

  
貞節な妻、貞節な母親こそが素晴らしいと教えられ

そのとおりだと信じて、貞節な妻になった女性が

夫ときたら、夜な夜な町に飲みに行って

しかも浮気していたり、娼婦のところへ行っていたら

それはもう、怒り爆発か、嘆き悲しむか・・

もちろん、夫を責める場合もありますが

愛人のところへ、泥棒猫!って怒鳴りに行く場合もある。

その悲しみも、もちろん分かるのですが

自分だけが、我慢して官能性や自由恋愛、

封印して、頑張ったのに・・・っていう

根底のところが、本当は問題になっているのです。

(本当に、主婦があっている女神なら、

 もちろん、悲しみは有ると想いますが

 うまーく転がすか、あるいは許して躾け直すか

 はたまた、もっといい男見つけて養ってもらおっかー、

 でも、なんでもOKに、切り替えていくのもきっと早いと想います。)

 
 
 
これは逆もしかりで

好きで、この仕事しているんじゃないのに

ほんとうは、落ち着いた生活したいのに・・・ってなると

やっぱり、その理想に見える女性が、羨ましくなったり、

それが過ぎると、にくたらしくなっちゃうかもしれない。

  
 

お姫様だって同じ。

すなおにお姫様でが楽しめる、

あら、前世はメイドだったけど

今世はラッキーお姫様じゃん!って

素直に楽しめる女神なら、宮殿は楽園になりますが

すっごく自由な女神なら、宮殿は牢獄になります。

あーあ、前世はメイドで、けっこう自由に外出れたんだけどなー

しかも、ほかの召使いたちとかから、羨ましがられたりしちゃうの感じると

なおさら・・
 


 
姫なんて、やってられないわよ。ふうー

 
 
 
 

 
これらは、さっきの

ピザの一部に、切り取られてしまった

女性性の一部だけしか、出してはいけない

いわば「職業女性」に

させられているからなのです。
  
 

あんまりいい響きじゃなくてごめんなさい。。

でも、ふっと降りてきたのです。

仕事として、それぞれの女性の役割をさせられてしまって

いたのですから、

職業として、都合の良い女性をさせられていた・・

職業女性、だったのですね。。。
 
 
 

 
 
でも!もちろん、

いまは違うんですよ!

 
というか、変えていきましょう!

 

  
 
どうか、これからは

しっかり、女神に戻ってくださいね!
 
 
 
 
合 ☆ 体 !!

 
 
  
 

女神復活!

ワインでも、のみましょうか。

 
 
あるいは、もう一枚

焼き直しましょうか。

わたくし、めっちゃ手伝いますよ(^^)


 
 
おおお、ハート型のピッツアが!!(*^^*)

 
 
 

 
そして、また復活した女神力や女性性を開放して

今回の人生、楽しんじゃいましょうね\(^o^)/

 

  
 
  
 
今日も、お話に付き合ってくれてありがとうね・・

こころから、出会いに感謝!

またね。
 

 
 
 

あなたの女神力が輝く 楽のメールマガジンのご購読はこちら。 (無料です) 


  ブログランキング・にほんブログ村へ

Share Button
Filed under: 女神力の開放,女神力 — 楽 11:35 PM  Comments (0)

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031